アフロジャック

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Afrojack
アフロジャック
Afrojack close up 2011.jpg
基本情報
出生名 Nick van de Wall
出生 1987年9月9日(27歳)
出身地 オランダの旗 オランダ南ホラント州スパイケニッセ
ジャンル エレクトロ・ハウス
プログレッシブ・ハウス
ダッチ・ハウス
職業 DJ
プロデューサー
担当楽器 FL Studio
活動期間 2006年 -
レーベル スピニン・レコード
Wall Recordings
共同作業者 ピットブル
デヴィッド・ゲッタ
公式サイト Afrojack (英語)

アフロジャックAfrojack、本名:Nick van de Wall1987年9月9日[1] - )は、オランダDJ音楽プロデューサー

プロフィール[編集]

オランダの港湾都市ロッテルダムの郊外にある南ホラント州スパイケニッセで生まれ育った彼は5歳の時からピアノを弾き始め[2]、早期からさまざまな音楽に触れる。11歳の頃、Fruity Loopsに出会い、自らの才幹と情熱を音楽創作に注ぎこみ、没頭。学業を終えた彼は本格的に音楽的キャリアを追求することを決意する。はじめ生計を立てるためパートタイムでバーやレストランにて、そしてまた、16歳の頃、ロッテルダムにあるクラブ「ラス・パルマス」で働く。

2006年、ギリシャクレタ島に移り、様々なクラブで約5か月もの時を過ごす。

キャリア[編集]

2007年に自らのレーベル「Wall Recordings」を設立。

2010年、オランダのシンガー・ソングライター、エヴァ・シモンズをフィーチャーした楽曲「Take Over Control」で世に頭角を現し、多くの諸国のチャートに現出する。7月にデヴィッド・ゲッタと共作したシングル「Louder than Words」を、翌2011年8月「Lunar」をにそれぞれリリースする。同年に発売された米国ラッパー、ピットブルの全米チャート第1位のシングル「Give Me Everything」をプロデュースかつニーヨ、並びにネイヤーとともにフィーチャリングした。また、米国歌手ビヨンセのシングル「ラン・ザ・ワールド (ガールス)」をNick van de Wall名義で手がける。

2013年に発表された楽曲「As Your Friend」で、米国歌手クリス・ブラウンをフィーチャー。

英国の『DJ Magazine』による世界のトップ100DJsのリストで、2010年に19位、2011年は7位、2012年と2013年には2年連続で9位に選出された[3]

ディスコグラフィ[編集]

アルバム[編集]

  • Lost & Found (2010)
  • Lost & Found 2 (2011)
  • It's a Matter Of... (2013)
  • Forget The World (2014)

主なシングル[編集]

  • Drop Down (Do My Dance) (2008)
  • Take Over Control (2010)
  • Louder than Words (2010)
  • Selecta (2011)
  • The Way We See the World (2011)
  • No Beef (2011)
  • Lunar (2011)
  • Can't Stop Me 2012)
  • Rock the House (2012)
  • As Your Friend (2013)
  • The Spark (2013)

脚注[編集]

外部リンク[編集]