ディミトリ・ヴェガス&ライク・マイク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ディミトリ・ヴェガス & ライク・マイク
Dimitri Vegas & Like Mike in TomorrowWorld 2013.jpg
2013年
基本情報
出生名 Dimitri Thivaios(ディミトリ・シバイオス)
Michael Thivaios(マイケル・シバイオス)
生誕  ベルギー
出身地  ベルギー
ジャンル ハウスミュージック
エレクトロニック・ダンス・ミュージック
エレクトロ・ハウス
プログレッシブ・ハウス
EDM
職業 DJ
音楽プロデューサー
レーベル Smash the House
avex EDM
共同作業者 W&W
アフロジャック
スティーヴ・アオキ
公式サイト www.dimitrivegasandlikemike.com/index.php/main/displaysite

ディミトリ・シバイオス(Dimitri Thivaios)とマイケル・シバイオス(Michael Thivaios)は、ディミトリ・ヴェガス・アンド・ライク・マイク(Dimitri Vegas & Like Mike)のアーティスト名で知られるベルギー出身のDJ音楽プロデューサー

DJ MAG TOP 100 DJs 」のファンの投票によるランキングで、2011年度は79位、2012年度は38位、2013年度は6位、2014年度は2位、そして2015年度には1位となった[1][2][3][4][5]。しかし、2016年度はマーティン・ギャリックスにその座を譲り2位となった[6]

経歴・人物[編集]

公式のロゴ

Dimitri Thivaios(ディミトリ・シバイオス)と Michael Thivaios(マイケル・シバイオス)の実の兄弟からなるベルギー人DJユニット、プロデューサー、作曲家。彼らは、世界的権威のあるDJマガジン“DJ MAG”の2015年度DJランキングで世界1位にランキングされている。普段はベルギーに住んでいるが、スペインギリシャロサンゼルスにも家を持っている。

インストながら一度聴いたら口ずさめるようなメロディセンスを武器に、次々に大ヒットアンセムを連発し、彼らの楽曲はフェスやクラブでかからない日はないといっても過言ではないほど世界中で大ヒットしている。EDM を代表するビッグアーティストである。世界最大のEDMフェス“Tomorrowland”のオフィシャルDJを務める。 このフェスティバルは38万枚が即日完売した。

ライク・マイクは、ギリシャ語、フランス語、オランダ語、英語、スペイン語、ドイツ語の6ヶ国語を操り、ディミトリはオランダ語、フランス語、ギリシャ語、英語の4ヶ国語を話す。

キャリア[編集]

兄のディミトリがDJへの1歩を踏み出したのが14、15歳のとき。早くから地元の小さなクラブでDJをし、「BeatFM」というラジオDJのパーソナリティを務めていた。

1999年にディミトリはヨーロッパツアーで各国を点々とし、2003年にはスペインのパーティーアイランド、イビサ島へ渡り、Privilege(プリヴィレッジ)やSpace(スペース)といった人気クラブのレジデントDJとして活躍していた。

2006年までAmnesia(アムネシア)のレジデントを務めるためにギリシャのザンテで過ごした後、再びベルギーに戻った同年の秋、弟のライク・マイクと一緒に音楽活動を開始する。兄弟で活動を開始するに至ったきっかけは、ディミトリがイビサ島でDJしていたときに、酔っぱらったライク・マイクが乱入してきてDJを一緒にしたことに起因している。その後、初のリリース作品"La Cocaina (Eivissa 2007)"そしてリミックス音源の"Work That Body"を発表。2008年にはAxwell(アックスウェル)の目に留まり、Abel Ramos(アベルラモス)のリミックス"Rotterdam City of Love" をAxtone(アックストン)のレーベルから発表する。

2010年、世界最大級の音楽フェスティバルであるトゥモローランドのホストとして初めて登場し、トゥモローランドの公式テーマソングを担当する。この楽曲はDada Life(ダダライフ)とTara McDonald(タラマクドナルド)との共同名義で彼ら自身のレーベル Smash the Houseからリリースされた。

2011年もまたAfroJack(アフロジャック)とNERVO(ナーボ)とともにシングル"The Way We See the World". "Tomorrow Changed Today"を発表。この楽曲もまた、2011年のトゥモローランドの公式テーマソングとなっている。

2013年にはシングルでTomorrowland公式テーマソング"Chattahoochee"をSmash the house,Spinnin Recordsから発表しBeatportチャートで1位を獲得。2014年はW&W(ダブリュアンドダブリュ)と共にトゥモローランド公式テーマソング"Waves"を発表。2016年にはディミトリベガスアンドライクマイクらからアナウンスされ、かねてからファンから渇望されていたRed Foo(レッドフー)との楽曲"Meet Her at Tomorrow“を発表。この楽曲は彼らの楽曲の中で最も注目された楽曲の一つでもあり、後にこの楽曲はレッドフーのソロデビューアルバムParty Rock Mansionに収録されている。

ディスコグラフィ[編集]

コンピレーション・アルバム[編集]

2016年 Tomorrowland Anthems (2016)

コンピレーション・アルバム 詳細 認定
トゥモローランドアンセムズ
Tomorrowland Anthems -The Best of Dimitri Vegas & Like Mike-
  1. Body Talk (Mammoth)
  2. The Hum
  3. Tremor
  4. Higher Place
  5. Waves (The Tomorrowland 2014 Anthem)
  6. Ocarina (The TomorrowWorld Anthem)
  7. Tales Of Tomorrow
  8. LOUDER
  9. Nova
  10. G.I.P.S.Y.
  11. Stampede
  12. Don't You Want Me (Dimitri Vegas & Like Mike Remix)

代表的なシングル[編集]

  • The Hum(2015)
  • Tremor (2014)
  • Higher Place(2015)
  • Ocarina(2014)
  • LOUDER(2014)
  • Melody(2016)
  • Arcade(2016)

脚注[編集]

  1. ^ DJ MAG TOP 100 DJs 2011”. DJMAG.com/. 2016年7月13日閲覧。
  2. ^ DJ MAG TOP 100 DJs 2012”. DJMAG.com/. 2016年7月13日閲覧。
  3. ^ DJ MAG TOP 100 DJs 2013”. DJMAG.com/. 2016年7月13日閲覧。
  4. ^ DJ MAG TOP 100 DJs 2014”. DJMAG.com/. 2016年7月13日閲覧。
  5. ^ DJ MAG TOP 100 DJs 2015”. DJMAG.com/. 2016年7月13日閲覧。
  6. ^ DJ MAG TOP 100 DJs 2016”. DJMAG.com/. 2016-10-123閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]