マーティン・ギャリックス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
マーティン・ギャリックス
Martin Garrix Come Up Show cropped.jpg
2016年撮影
基本情報
出生名 マルタイン・ヘーラルト・ハリツェン(Martijn Gerard Garritsen)
生誕 (1996-05-14) 1996年5月14日(26歳)
出身地 オランダの旗 オランダ
北ホラント州アムステルフェーン
ジャンル エレクトロ・ハウストラップ、ビッグルーム、ダッチハウス
職業 音楽プロデューサー作曲家編曲家作詞家DJ
担当楽器 キーボードギター、FL Studio 10、LennarDigital Sylenth1などのシンセサイザー
活動期間 2011年 -
レーベル STMPD RCRDSSpinnin' Records、Musical Freedom、DOORN
共同作業者 アフロジャックジェイ・ハードウェイアーマンド・ヴァン・ヘルデンティエストクリスティーナ・アギレラディミトリ・ヴェガス&ライク・マイクサンダー・ヴァン・ドーン、Sidney Samson、Dillon Francis、 TV Noise、Daddy's Groove、 Victor Niglio、 Bassjackers、Roy Gates、 Julian Jordan、DVBBS
公式サイト http://www.martingarrix.com

マーティン・ギャリックス(Martin Garrix、1996年5月14日 - )は、オランダ王国北ホラント州アムステルフェーン出身の音楽プロデューサートラックメイカー作曲家編曲家の音楽アーティスト兼DJ。本名はマルタイン・ヘーラルト・ハリツェン(Martijn Gerard Garritsen)。自身が設立した、STMPD RCRDSに所属。以前は、Spinnin' Recordsに所属していた[1]

「アニマルズ"Animals"」は、10か国以上の国の音楽チャートにベスト10入りする彼の代表曲である。イギリスベルギーでは最高ランク第1位に、アイルランドでは最高ランク第3位に順位をつけた。

2014年にディミトリ・ヴェガス&ライク・マイクとともにプロデュースした「トレマー "Tremor"」もまた、数多くの国々で成功を収めている。2016年には、ビービー・レクサを起用したIn The Name Of Loveをリリースし、大ヒットした。

Martin Garrixとしての活動の他、GRX名義やAREA21名義での曲のリリース、さらにステージネームYTRAMとしての活動も知られる。

経歴[編集]

4歳の時、ギターを習い始め、音楽への関心を持つようになった。

8歳の時には、2004年のアテネオリンピックで演奏を行うティエストの姿を見て、DJになる夢を強く描くようになった。 特にティエストのシングル曲「トラフィック"Traffic"」にインスピレーションをうけた彼は、専門ソフトをダウンロードし、作曲活動を始めた。 ユトレヒトにある音楽プロデューサー養成学校であるザ・ハーマン・ブラッド・アカデミーに在学していた。

2012年[編集]

2012年に、ギャリックスは「BFAM」の曲作りに取り掛かり、ジュリアン・ジョーダンと共同リリースした[2]。その年の才能あるDJを称える賞(the SLAM! FM DJ Talent of the Year Award)を受賞した[3]。同年、彼の手掛けたリミックス曲 「ユア・ボディ"Your Body"」[4]クリスティーナ・アギレラのアルバム「ロータス"Lotus"」に収録された。 作詞はマックス・マーティンShellbackSavan Kotecha

2013年[編集]

2013年、シドニー・サイモンと共同で「トレント "Torrent"」をリリースした [2]。ギャリックスは、6月16日にオランダのレコードレーベル会社スピニンレコードからソロアルバムとして「アニマルズ"Animals"」[5]を発売した。このシングル曲は、ヨーロッパにおいて大きなヒットソングとなり、瞬く間に若者を魅了してBeatportで一位を獲得した。これにより、彼は少なからぬ名声を手に入れた[6][7]。 この曲は、ハードウェルのアルバムHardwell presents 'Revealed Volume 4にも収録されている。 2013年9月30日、 サンダー・バン・ドーンらと共同制作を行った"Project T"がリリースされ、すぐさまにBeatportのチャート一位を獲得した[8]。一方で、2013年世界人気DJランキング100にニューエントリーし第40位にランクインを果たした[9]。 2013年12月 、ジェイ・ハードウェイと共にリリースした「ウィザード "Wizard "」は、オランダで最高17位を、ベルギーで最高6位を記録した。また、ファイアービーツとコラボレーションを行った「ヘリコプター "Helicopter"」は、Beatportで二週連続第一位を記録した。最も権威のあるDJ専門誌による「DJ MAG TOP 100 DJs 」40位で、初ランクインを果たした[10]

2014年[編集]

Ultra Music Festival2014」にて、Dillon Francisハードウェル、そして、アフロジャックらとコラボレーションを行い、いくつかの新曲や未発売曲のパフォーマンスを行った。また、ファンに昨年の功績への感謝として「プロキシー"Proxy"」をSoundCloudにて無料ダウンロードで提供した。

「DJ MAG TOP 100 DJs」に4位でランクインした[11]

2015年[編集]

「DJ MAG TOP 100 DJs 」に3位でランクインした[12]。スピニンレコードを脱退するが、契約時に彼の音楽の著作権は全てレーベルが持つことになっていたため、訴訟を起こした。スピニンレコードが著作権の譲渡に合意したため、訴えは取り下げられた[13]

2016年[編集]

自身のレーベル スタンプ レコード(STMPD RCRDS)を設立した[14]。この記念として"Poison"をサイト上で無料ダウンロードで提供し、3月に、このレーベルから初となるシングル"Now That I've Found You"がリリースされた。また、 E3 2016(Electronic Entertainment Expo 2016)のために作った"Oops"をサイト上で無料ダウンロードで提供した[15]

そして「DJ MAG TOP 100 DJs」に自身最高位となる1位でランクインした[16]

そして1位記念として7日間連続のトラックリリースをした(Seven - EP)。

2017年[編集]

自身のレーベルからDua Lipaを起用した曲"Scared To Be Lonely"、さらにTroye Sivanを起用した曲"There For You"を発売し、各国々でヒットした。

そして3年ぶりに「GRX」名義で"Byte"でコラボレーションしたBrooksとコラボレーションした"Boomerang"を発売した。

また、「DJ MAG TOP 100 DJs」で昨年度に続き1位でランクインした [17]

EDC Japan出演の為来日し、1日目の大トリを務めた。

2018年[編集]

2018年2月に行われた平昌オリンピック閉会式にてDJプレイ、日本人選手団を含む多くの選手達を魅了した。

2年連続でEDC Japanに出演し、2日目のヘッドライナーを務めた。

7月に行われたTomorrowland 2018にてヘッドライナーも務め、Tomorrowland 2018で初めて披露された曲を含む未発表曲5曲が10月15日から5日間連続トラックリリースをした。

また、「DJ MAG TOP 100 DJs」で三年連続で1位に選ばれた。

ディスコグラフィ[編集]

スタジオ・アルバム[編集]

タイトル アルバム詳細 ディスコグラフィー
Sentio[18]
  • 発売: 2022年4月29日
  • レーベル: STMPD RCRDS
  • フォーマット: デジタルダウンロード
  1. Follow (with Zedd)
  2. Limitless (with Mesto)
  3. Reboot (With Vluarr)
  4. Quantum (With Brooks)
  5. Good Morning (With Matisse & Sadko)
  6. Starlight (Keep me effort) (With DubVision feat.Shaun Farrugia)
  7. Funk (With Julian Jordan)
  8. Find You (With Justin Mylo feat.Dewain Whitmore)
  9. Aurora (With Blinders)
  10. Oxygen (With DubVision feat.Jordan Grace)
  11. If We’ll Ever Be Remembered (Feat.Shaun Farrugia)

ベストアルバム[編集]

タイトル 詳細 最高順位
The Martin Garrix Collection ( Deluxe Edition)
  • 発売日: 2018年4月25日(日本)
  • レーベル: ソニー・ミュージックジャパンインターナショナル

106位(オリコン)

The Martin Garrix Experience
  • 発売日: 2019年7月10日(日本)
  • レーベル: ソニー・ミュージックジャパンインターナショナル

EP[編集]

タイトル 詳細
Gold Skies EP

シングル[編集]

タイトル 最高順位 認定 アルバム
NLD
[19]
AUT
[20]
BEL
(FL)

[21]
FRA
[22]
GER
[23]
NZ
[24]
SWE
[25]
SWI
[26]
UK
[27]
US
[28]
"ITSA"[29]
(with Sleazy Stereo)
2012 N/A
"Keygen"[30]
"BFAM"[31]
(with Julian Jordan)
"Torrent"[32]
(with Sidney Samson)
2013
"Error 404"[33]
(with Jay Hardway)
"Just Some Loops"[34]
(with TV Noise)
"Animals" 3 6 1 2 4 10 4 2 1 21 Gold Skies EP
"Wizard"
(with Jay Hardway)
16 34 6 31 30 21 29 7
"Helicopter"
(with Firebeatz)
2014 59 33 98 Non-album single
"Tremor"
(with Dimitri Vegas & Like Mike)
44 55 3 116 30 Gold Skies EP
"Gold Skies"
(with Sander van Doorn & DVBBS)
95 60 183
"Proxy" 89
"Turn Up the Speakers"
(with Afrojack)
50 57 44 - Non-album single
"Virus (How About Now)"
(with MOTi)
27 34 50 94 -
"Set Me Free"
(with Dillon Francis)
57 - Money Sucks, Friends Rule
"Forbidden Voices" 2015 29 133 - Non-album singles
"Don't Look Down"
(featuring Usher)
16 63 37 26 136 37 59 65 9 110
"The Only Way Is Up"
(with Tiësto)
74 81 - - Club Life: Volume Four New York City
"Dragon"
(vs. Matisse & Sadko)
55 Break Through the Silence
"Break Through the Silence"
(vs. Matisse & Sadko)
39
"Now That I've Found You"
(featuring John Martin & Michel Zitron)
2016 73 70 106
"Lions in the Wild"
(with Third Party)[44]
125
[45]
"In the Name of Love"
(with Bebe Rexha)[46]
4 9 13 26 14
[47]
9 10
[48]
9 9 24
"—" denotes a recording that did not chart or was not released in that territory.

シングル[編集]

2012

  • "Keygen" [Spinnin' Records]
  • "Registration Code" (with Jay Hardway) [Spinnin' Records]
  • "BFAM" (with Julian Jordan) [Spinnin' Records]

2013

  • "Animals" [Spinnin' Records]
  • "Torrent" (with Sidney Samson) [Musical Freedom Records]
  • "Error 404" (with Jay Hardway) [Spinnin' Records]
  • "Just Some Loops" (with TV Noise) [Spinnin' Records]
  • "Wizard" (with Jay Hardway) [Spinnin' Records]

2014

2015

  • "Forbidden Voices" [Spinnin' Records/Free Download]
  • "Don't Look Down" (feat. Usher)[Spinnin' Records]
  • "The Only Way is Up" (with Tiësto)[Spinnin' Records]
  • "Dragon" (with Matisse & Sadko) [Spinnin' Records]
  • "Break Through the Silence" (with Matisse & Sadko) [Spinnin' Records]

2016

  • "Poison"[STMPD RCRDS/Free Download]
  • "Now That I've Found You"(feat. John & Michel)[STMPD RCRDS]
  • "Lions in the Wild"(with Third Party)[STMPD RCRDS]
  • "Bouncybob"(with Justin Mylo & MESTO)[STMPD RCRDS/Free Download]
  • "Oops"[STMPD RCRDS/Free Download]
  • "In the Name of Love"(with Bebe Rexha)[STMPD RCRDS]
  • "WIEE"(with MESTO)[STMPD RCRDS]
  • "Sun Is Never Going Down" (feat. Dawn Golden)[STMPD RCRDS]
  • "Spotless"(with Jay Hardway)[STMPD RCRDS]
  • "Hold On & Believe" (feat. The Federal Empire)[STMPD RCRDS]
  • "Welcome"(with Julian Jordan)[STMPD RCRDS]
  • "Together"(with Matisse & Sadko)[STMPD RCRDS]
  • "Make Up Your Mind"(with Florian Picasso)[STMPD RCRDS]

2017

  • "Scared to Be Lonely"(with Dua Lipa)[STMPD RCRDS]
  • "Byte"(with Brooks)[STMPD RCRDS]
  • "There For You"(with Troye Sivan)[STMPD RCRDS]
  • "Pizza"[STMPD RCRDS]
  • "Boomerang"(with Brooks)[STMPD RCRDS](GRXとして)
  • "Forever"(with Matisse & Sadko)[STMPD RCRDS]
  • "So Far Away"(with David Guetta feat. Jamie Scott & Romy)[STMPD RCRDS]

2018

  • "Like I Do"(with Brooks & David Guetta)
  • "Ocean"(feat. Khalid)[STMPD RCRDS]
  • "Game Over"(with LOOPERS)[STMPD RCRDS]
  • "High On Life"(feat. Bonn)[STMPD RCRDS]
  • "Burn Out"(with Justin Mylo feat. Dewain Whitmore)[STMPD RCRDS]
  • "Breach(Walk Alone)"(with Blinders)[STMPD RCRDS]
  • "Yottabyte"[SYMPD RCRDS]
  • "Latency"(with Dyro)[SYMPD RCRDS]
  • "Access"[SYMPD RCRDS]
  • "Waiting For Tomorrow"(with Pirce Fulton feat. Mike Shinoda)[SYMPD RCRDS]
  • "Dreamer"(feat. Mike Yung)[STMPD RCRDS]
  • "Glitch"(Martin Garrix & Julian Jordan)[STMPD RCRDS]

2019

  • "No Sleep"(feat. Bonn)[STMPD RCRDS]
  • "Mistaken"(with Matisse & Sadko feat. Alex Aris)[STMPD RCRDS]
  • "Mistaken"(Club Mix)"(with Matisse & Sadko feat. Alex Aris)[STMPD RCRDS]
  • "These are the times"(feat. JRM)[STMPD RCRDS]
  • "Home"(feat.Bonn)[STMPD RCRDS]
  • "Used To Love"(with Dean Lewis )[STMPD RCRDS]
  • "Hold on "(with Matisse & Sadko feat. michel Zitron)[STMPD RCRDS]

2020

  • "Drown"(feat. clinton kane)[STMPD RCRDS]
  • "Higher Ground"(feat. John Martin)[STMPD RCRDS]

2021

  • "Pressure"(feat. Tove Lo)[STMPD RCRDS]
  • "We Are The People"(feat. Bono & The Edge) (UEFA EURO 2020 song) [STMPD RCRDS]
  • "Love Runs Out"(feat. G-Eazy & Sasha Alex Sloan) [STMPD RCRDS]
  • "Diamonds"(with Julian Jordan & タイニー・テンパー) [STMPD RCRDS]
  • "Won’t Let You Go"(with Matisse & Sadko feat. John Martin) [STMPD RCRDS]

2022

  • "Follow"(with Zedd feat. Emily Warren) [STMPD RCRDS]
  • "Limitless"(with Mesto) [STMPD RCRDS]
  • "Reboot"(with Vluarr) [STMPD RCRDS]
  • "Quantum"(with Brooks) [STMPD RCRDS]
  • "Good Morning"(with Matisse & Sadko) [STMPD RCRDS]
  • "Starlight(Keep Me Effort)"(with DubVision feat. Shawn Farrugia) [STMPD RCRDS]
  • "Funk"(with Julian Jordan) [STMPD RCRDS]
  • "Find You"(with Justin Mylo feat. Dewain Whitmore) [STMPD RCRDS]
  • "Aurora"(with Blinders) [STMPD RCRDS]
  • "Oxygen"(with DubVision feat. Jordan Grace) [STMPD RCRDS]
  • "If We’ll Ever Be Remembered"(feat. Shawn Farrugia) [STMPD RCRDS]
  • "Loop"(with DallasK feat. Sasha Alex Sloan) [STMPD RCRDS]
  • "Something"(with Breathe Carolina) [STMPD RCRDS]

リミックス[編集]

2012
  • Christina Aguilera - "Your Body" (Martin Garrix Remix) [Sony/RCA]
  • Roy Gates - "Midnight Sun 2.0" (Martin Garrix Remix) [Spinnin' Records]
2013
  • Daddy's Groove - "Stellar" (Martin Garrix Remix) [Spinnin' Records]
  • Dimitri Vegas & Like Mike vs. Sander Van Doorn - "Project T" (Martin Garrix Remix) [Spinnin' Records]
  • Martin Garrix - "Animals" (Martin Garrix & Victor Niglio's Festival Trap Remix) [Spinnin' Records]
2014
  • Bassjackers - "Crackin" (Martin Garrix Edit) [Spinnin' Records]
  • DubVision - Backlash (Martin Garrix Edit) [Spinnin' Records]
2015
2018
  • Martin Garrix (feat.Khalid ) - "Ocean" (Martin Garrix & Cesqeaux Remix) [STMPD RCRDS]
2020
  • Lewis Capaldi - "Someone You Loved" (Martin Garrix Remix) [ Capitol Records ]
2021
  • Martin Garrix (feat.Bono & The Edge) - "We Are The People" (Martin Garrix Remix) [STMPD RCRDS]

脚注[編集]

  1. ^ Dan Carter. “Interview - Martin Garrix, the youngest ever Beatport #1 spot-holder, speaks about the journey so far”. Beatport.com. オリジナルの2013年6月29日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20130629013224/http://news.beatport.com/blog/2013/06/25/martin-garrix-the-youngest-ever-beatport-1-spot-holder-speaks-about-the-journey-so-far/ 2013年8月12日閲覧。 
  2. ^ a b Kerri Mason (2013年5月20日). “Martin Garrix is an 'Animal': Exclusive”. Billboard. http://www.billboard.com/articles/columns/code/1562996/martin-garrix-animals-exclusive 2013年8月13日閲覧。 
  3. ^ DJGuide: Martin Garrix wint eerste award (in Dutch)
  4. ^ Zita.be: Nederlandse tiener maakt tophit Tomorrowland (in Dutch)
  5. ^ Stoney, Roads. “Martin Garrix Makes History with "Animals"”. Your EDM. 2013年6月24日閲覧。
  6. ^ 3FM: De Mega Top 50 - Nederlander Martin Garrix scoort internationaal (in Dutch)
  7. ^ DutchCharts.com Martin Garrix - Single "Animals" page
  8. ^ Project T (Martin Garrix Remix) [Spinnin Records”. Beatport. 2014年5月25日閲覧。
  9. ^ MARTIN GARRIX”. 2014年12月27日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2014年5月25日閲覧。
  10. ^ DJ MAG TOP 100 DJs 2013”. DJMag.com/. 2016年7月17日閲覧。
  11. ^ DJ MAG TOP 100 DJs 2014”. DJMag.com/. 2016年7月17日閲覧。
  12. ^ DJ MAG TOP 100 DJs 2015”. DJMag.com/. 2016年7月17日閲覧。
  13. ^ Martin Garrixが立ち上げ中の自身のレーベル『STMPD RCRDS』から新曲をリリース!”. MNN/. 2016年7月17日閲覧。
  14. ^ Martin Garrix Launches Label STMPD RCRDS With 'Now That I've Found You'”. Music Times/. 2016年7月17日閲覧。
  15. ^ Martin Garrix – Oops (Original Mix) [Free Download]”. The Bangin Beats/. 2016年6月17日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年7月17日閲覧。
  16. ^ DJ Mag TOP 100 DJs”. 2016年10月19日閲覧。
  17. ^ DJ Mag TOP 100 DJs”. 2017年12月10日閲覧。
  18. ^ https://music.apple.com/jp/album/sentio/1621522781
  19. ^ Discografie Martin Garrix” (Dutch). 'dutchcharts.nl'. Hung Medien. 2013年12月20日閲覧。
  20. ^ Discographie Martin Garrix” (German). 'austriancharts.at'. Hung Medien. 2013年12月20日閲覧。
  21. ^ Discografie Martin Garrix” (Dutch). 'ultratop.be'. Hung Medien. 2013年10月29日閲覧。
  22. ^ Discographie Martin Garrix” (French). 'lescharts.com'. Hung Medien. 2013年12月20日閲覧。
  23. ^ Martin Garrix (Single)” (German). 'charts.de'. Media Control Charts. 2013年12月20日閲覧。
  24. ^ Discography Martin Garrix”. 'charts.org.nz'. Hung Medien. 2014年3月29日閲覧。
  25. ^ Discography Martin Garrix”. 'swedishcharts.com'. Hung Medien. 2013年12月20日閲覧。
  26. ^ Discography Martin Garrix”. 'swisscharts.com'. Hung Medien. 2013年12月20日閲覧。
  27. ^ Martin Garrix (select "Singles" tab)”. Official Charts Company. 2013年12月20日閲覧。
  28. ^ Martin Garrix – Chart History: Hot 100”. Billboard. en:Prometheus Global Media. 2013年12月20日閲覧。
  29. ^ ITSA – Single by Martin Garrix & Sleazy Stereo”. iTunes Store. Apple. 2013年12月20日閲覧。
  30. ^ Keygen – Single by Martin Garrix”. iTunes Store. Apple. 2013年12月20日閲覧。
  31. ^ Bfam – Single by Julian Jordan & Martin Garrix”. iTunes Store. Apple. 2013年12月20日閲覧。
  32. ^ Torrent – Single by Sidney Samson & Martin Garrix”. iTunes Store. Apple. 2013年12月20日閲覧。
  33. ^ Error 404 – Single by Martin Garrix & Jay Hardway”. iTunes Store. Apple. 2013年12月20日閲覧。
  34. ^ Just Some Loops – Single by Martin Garrix & TV Noise”. iTunes Store. Apple. 2013年12月20日閲覧。
  35. ^ ARIA Charts – Accreditations – 2014 Singles”. en:Australian Recording Industry Association. 2014年2月19日閲覧。
  36. ^ "Ultratop − Goud en Platina – 2013". Ultratop & Hung Medien / hitparade.ch. 2013年12月20日閲覧
  37. ^ a b Certified Awards (enter "Martin Garrix" into the "Keywords" box, then select "Search")”. British Phonographic Industry. 2013年12月20日閲覧。
  38. ^ Gold-/Platin-Datenbank: Martin Garrix” (German). Bundesverband Musikindustrie. 2013年12月20日閲覧。
  39. ^ Martin Garrix – Animals” (Swedish). Grammofon Leverantörernas Förening. 2013年12月20日閲覧。
  40. ^ Gold & Platinum: Garrix, Martin”. Recording Industry Association of America. 2014年1月16日閲覧。
  41. ^ NZ Top 40 Singles Chart – 24 February 2014”. Recorded Music NZ. 2014年3月4日閲覧。
  42. ^ Martin Garrix & Jay Hardway – Wizard” (Swedish). Grammofon Leverantörernas Förening. 2014年4月13日閲覧。
  43. ^ FIMI - Certificazioni - FIMI”. Fimi.it (2001年11月23日). 2016年5月21日閲覧。
  44. ^ MARTIN GARRIX on Twitter: "New music 05/27/16"”. Twitter (2010年4月17日). 2016年5月21日閲覧。
  45. ^ Le Top de la semaine : Top Singles Téléchargés - SNEP”. Snepmusique.com. 2016年6月22日閲覧。
  46. ^ MARTIN GARRIX on Twitter: "#InTheNameOfLove. @BebeRexha. FRIDAY."”. Twitter (2016年7月25日). 2016年7月26日閲覧。
  47. ^ Le Top de la semaine : Top Singles Téléchargés - SNEP (Week 31, 2016)” (French). Syndicat National de l'Édition Phonographique. 2016年8月6日閲覧。
  48. ^ Sverigetopplistan - Sveriges Officiella Topplista”. Sverigetopplistan. 2016年8月5日閲覧。

外部リンク[編集]