サウンドデザイナー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

サウンドデザイナーとは、映像やメディアにおいて主に効果音を製作する人のことである。

近年、欧米の映像製作現場において、音楽を総括的に扱うものとして使われ始め、主に映画制作、テレビ制作、劇場、録音、ライブパフォーマンス、サウンドアート、ポストプロダクションラジオおよびビデオゲーム開発など様々な現場で活動する。

概要[編集]

サウンドデザイナーという言葉は非常に包括的な言葉であり、基本「作曲以外の音素材を制作する人」であったが近年は作曲活動をする人もおり、またサウンドプログラミングもする人もいる。また業界によって意味合いが異なる

ゲーム業界 / 効果音制作、WWise,ADX2, FMOD等を使用しサウンドイベントを制作する人

テレビ業界 / MA、音響制作者、フォーリーを作る人

またサウンドデザイナーのすることは個々によって多岐に渡り、効果音制作、編曲、作曲、レコーディング、舞台音響制作、展示音楽制作などがある。

サウンドデザイナーが生まれるまでの歴史[編集]

サウンドデザイナーという言葉を辿ると、過去における演劇や舞台がスタートとなる。 先史時代すでに、人類は演劇に音楽を使用することで、感情高め、物語の心情を演出し表現する文化があった。当時のこれらのものは宗教的な慣習として、癒しやコミュニケーションのため、に行われた。古代の日本における、音楽と舞による「神楽」と呼ばれる演劇もその一つであった。[1]

中世になり演劇では、「音響効果」という音楽を強化するたの存在が生まれ始め、初期ではベルやホイッスル、ホーンなどの楽器を使い、効果音が舞台外で鳴り始めるようになった。また徐々に当時の楽譜にも演奏楽器以外の、効果音のための記述等は存在するようになってくる。[2]

イタリアの作曲家であり楽器発明家のルイージ・ルッソロは、1913年頃に「イントナルモーリ」と呼ばれる機械を制作し、電車や爆弾などの自然音や人工音をシミュレートさせた。これは初の「効果音演出のためだけの機械」だった。 彼の論文「The Art of Noises」は劇場での抽象的な効果音の使用に関する最も初期の文書の1つであり、彼の死後、彼の機械は現実的な効果を生み出すために、より一般的な演劇の演奏に使われるようになる。

そして近代、効果音は録音されたものを使用するようになり、またそれを操る人は「サウンドデザイナー」として、デジタルな現場が新しい舞台として、職業になった。

フォーリー[編集]

Jack Foleyという音響技術者が過去多くの米映画作品等において、自作の効果音を制作したことから由来し、

効果音全体のなかで「お手製の効果音」のことをフォーリーと言われ使われている。

マイクで録音された街の音→フォーリーではない

シンセサイザーで作られた効果音→フォーリーではない

収録した台本の声→フォーリーではない

足音や、服をすり合わせて録音した音→フォーリー

また収録に使われる小道具のことをProp(プロップ)とも言い、フォーリーサウンドを作る人のことを

フォーリーアーティストとも呼ぶ。主に映像に合わせて音の演技をすることがメインの職務である。

フィールドレコーディング[編集]

スタジオから外に出て、野外で録音することをフィールドレコーディングと呼ぶ。

動物などの音を録る場合は辛抱強くタイミングを待つ必要があり、また環境音を録る場合は

様々な音が入ってしまうため、余計な音を録らないスキルが必要になる。

著名なサウンドデザイナー[編集]

ベン・バート 『スター・ウォーズ』ではR2-D2の「声」、ライトセーバーの音、ダース・ベイダーの重呼吸音、皇帝のフォース・ライトニングの音を作成している。

テクニカルサウンドデザイナー[編集]

近年、ゲーム業界において制作ソフトの開発が進み製作側によりテクニカルな要素が求められた結果、テクニカルサウンドデザイナーという役職も生まれ始めてる。

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Brazell, Karen (1999). Traditional Japanese Theater. Columbia University Press. ISBN 0-231-10873-7 
  2. ^ Kaye, Deena; Lebrecht, James (1992). Sound and Music For The Theatre. Back Stage Books, an imprint of Watson-Guptill Publications. ISBN 0-8230-7664-4