無音

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Faras Saint Anne (detail).jpg

無音(むおん)は、がない、または、聞こえない状態である。

無音とは[編集]

音がない状態とは、すなわち大気がまったく振動しないということであり、このような状態は自然界には存在しない。したがって、いわゆる「完全な無音」という状態は、少なくとも地球上においては存在し得ない。ただし、無響室など、音に関する要因を可能なかぎり排除することで、無音に非常に近い状態を作り出すことは可能である。

なお、無音が物理学的に非常に特殊な状態であるということは、音の影響を受けている状態が普通といえる人間や、その他の動植物にとっても、特殊な状態であるのは間違いない。ただし、仮に人間を無音の状況下においた場合に、過度のストレスなどによって発狂するのかどうかについては、そのような記録がないため、はっきりとはしていない。

より日常的な範囲で、意識できる音が存在しない状態は、静寂と呼ばれる。

音があるが無音に感じる場合[編集]

無音という状態については前述のとおりだが、鉛筆などで文字を書くときの音や衣類が擦れたときの音、あるいは呼吸心臓の鼓動など、が処理しないことで「沈黙と同等とされる音」がある。

実際には存在している音(振動)であるし、意識すればちゃんと聞こえるのだが、普段それらが音として認識されることは少ない。どのような動きもせずに音を発しない状態であれば、生理学的には無音が存在すると考えることもできる。

無音を扱う芸術[編集]

  • 4′33″
    ジョン・ケージが無響室に入った際に、無音にもかかわらず高い音と低い音が聞こえたことから、無音は不可能であるとして作曲されるに至った。ちなみに「4′33″」という曲名は、ケージの話や初演演奏時間に由来する通称で、ケージ自身は「沈黙の奏者」と名づけている。

放送での扱い[編集]

テレビでの無音措置はかぶせ放送の一種であり、主に地上波と系列有料チャンネルでサイマル放送されるニュース番組で、権利処理が難しい短めの音楽や、音声の場合の自主規制として施される。映像も扱うため、長さは関係ない。

ラジオでは、音響のみの放送であることから、放送休止時間のみで無音状態が認められており、放送時間中の無音状態は放送事故と診なされ、あまりに長すぎると、放送局側が用意した無音事故用の音楽か、民放に限り、コマーシャルメッセージを挿入することで対応する。その事故を防ぐため、ワイド番組の音声パートにおいて、BGMが無い(主に民放AM局や、NHK-FM放送の番組など)場合、一定時間音楽が掛からない状態が続いた場合、必ず音声を挿入し直すことで対象されている。音声パートでBGMがある場合は、無音状態ではないため、音楽が掛からない状態が何秒続いてもいいようになっている。

無音の技術[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 「伊勢神宮と遷宮の「かたち」、神社本庁監修、扶桑社 p.198 ISBN 978-4-594-07887-4

関連項目[編集]