ブラジル音楽

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ブラジル音楽は、南米ブラジルで発展した音楽の総称である。

概要[編集]

ブラジル音楽とは、狭義ではショーロサンバボサノヴァノルデスチなどを指し、広義では北米などのロックポップスの要素を取り入れたブラジルにおける音楽も指す場合がある。

サウダージほか独特のロマンティックな世界感、高度で重層的なリズムやアンティシペーションの多用などに特徴を持っている。ブラジルは、白人、黒人、黄色人と様々な民族文化が混在する文化的背景を基に、ヨーロッパアフリカインディオなどの伝統音楽の融合がもたらした、世界に類例も稀な多元的な音世界を構築している。すなわちブラジル音楽は、伝統音楽、ポピュラー音楽、クラシック音楽が渾然一体となって相互に発展してきたものである。

国内経済が立ち遅れていた時代から、殊この分野に関しては世界的な注目を集めてきており、ワールドミュージックブームの火付け役となったフランスジャズロックを擁するアメリカ、そしてボサノヴァに傾倒する日本の3国はブラジル音楽の受容が盛んであり、なかでも、日本ではブラジル本国ではなかなか聞けない音源が多数発売されている。ブラジル人のミュージシャンが本国で買えない音源を日本で見つけて大量に買うことも多い。

ただし、ブラジル国内における若年層では、欧米のロックやポップス、ソウルやファンク、またブラジルの俗謡といわれるブレーガなどが多く好まれ、これらのブラジルの伝統に根ざした音楽はどちらかといえば敬遠される傾向にある。

なお、アメリカやイタリアスペイン、フランスなど世界的には、ブラジル音楽もラテン音楽のカテゴリー(範疇)に含まれると解される。しかし日本国内においては、ラテン音楽といえばスペイン語圏の音楽に限られ、南米で唯一ポルトガル語圏であるブラジル音楽を含めないとする見方も根強い。

主なブラジル音楽の種類[編集]

主な音楽家[編集]

関連項目[編集]