ソマリアの音楽

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

ソマリアの音楽(ソマリアのおんがく、ソマリ語: Muusiga Soomaalida)では、ソマリ族の音楽について解説する。

概要[編集]

伝統的なソマリ音楽[編集]

ウード奏者・Nuruddin Ali Amaan

ソマリアの人々は、伝統的なソマリアの伝承を中心とした豊かな音楽遺産を持つ。

ソマリアの歌は五音音階を基にしている。つまり、長音階を始めとした七音音階とは異なり1オクターブあたり5つの音階しか使用しない。一見すると、エチオピアスーダンアラビア半島等々の地域のものと誤認されることもあるが、詳しく聞くと独自のものであると解釈できる。ソマリアの歌は通常、作詞家lahamiste )、作曲家abwaan )、およびボーカルodka )で構成されている[1]。また、ソマリアでダンスはciyaarと言われる[2]

ソマリアの音楽において、主な伝統的な楽器としてはウードリュートkaban )などが挙げられる。多くの場合、小規模のドラムリードフルートなどがサポートしている。逆に重い打楽器・金管楽器は少ない[1]。ソマリアの河川流域及び沿岸地域では、次のようなさまざまな伝統楽器が使用されている[3][4][5]

  • 膜鳴楽器: nasaromokhoddonmasoondhe(音の高く重いドラム)、reemejabbuyoome(小さなドラム)
  • 気鳴楽器: malkadsiinbaar(フルート)、sumaari(ダブルクラリネット)、fuugwo (トランペット) buunmuufegees-goodir(ホーン)
  • 体鳴楽器: shagal(金属製の鳴子)、shanbaal(木の鳴子)、shunuuf(足首につける野菜のラトル)、tenegyoシロフォン
  • 弦鳴楽器: shareeroリラ)、kinaandha(リュート)、madhuube(親指ピアノ)、seese(一弦バイオリン

歴史[編集]

ゴールドレコード、特別功労賞生涯業績賞を受賞したソマリアの歌手・サード・アリ・ワルサメ
ソマリア音楽の父・アブダラヒ・カーシェ英語版

ソマリアのポピュラー音楽は、1940年代にアブディ・シニモ英語版によるbalwoというスタイルに始まる。[6][7]この新しいジャンルから、後にヒーロスタイル(Heelo)が確立されていく[8]。アブディによる改革と彼の音楽への情熱により、ソマリアの音楽には革命が起こった[9]

近代のソマリアの歌に最初にメロディーがついたのはアブダラヒ・カーシェ(Abdullahi Qarshe)により伴奏としてkaban(ウード)が使われたときである[10]。彼はソマリア人から「ソマリ音楽の父」として尊敬されている[11]

この時代のカラーミ音楽(ソマリ語: qaraami songs)は現在も人気があるものも多い。主にウードで演奏されており、1950年代の有名な奏者としてはAli Feiruz英語版やモハメッド・ナハリ(Mohamed Nahari)などが挙げられる。

ファシズム下におかれたソマリアでは、一部の公認された音楽を除いて音楽活動は抑圧されていた。この時期には、ソマリランド独立戦争を行って、全体主義的な当時のソマリア政府とは別の安定かつ平和な政府を作ろうと試みていた人々によって、多くのプロテストソングが生み出された。

Waaberi(英語)Horseed(英語)などのバンドは、国外に於いても小さながら人気を得ている。また、Ahmed Ali Egalやマリアム・マーサル英語版Waayaha Cusub(英語)らは伝統的なソマリ音楽にポップ・ミュージックロックンロールボサノヴァジャズなどを織り交ぜた現代風の音楽を演奏している。

1970年代に録音された音楽はハルゲイサに保存されて地下に埋められ、現在はハルゲイザ文化センターのRed Sea Foundationとラジオ・ハルゲイザで聞くことができる。バーレ独裁政権下では音楽シーンが事実上国有化され、バンドや音楽制作は国の管理下に置かれた。バンドは主に警察や軍隊、国立の刑務所が運営し、女性歌手が東アフリカの殆どの国よりも推奨された。現在ではHiddo Dhawrが唯一の営業中のライブハウスである[12]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b Abdullahi, pp.170-171
  2. ^ Congress, International Musicological Society (1990) (英語). "Theory" (English) and Lehre (German) versus Téori (Indonesian). EDT srl. ISBN 978-88-7063-084-8. https://books.google.com/books?id=n4HGVGEEVRcC&pg=PA223 
  3. ^ Somali Culture and Folklore (1974) pp.63-64
  4. ^ Historical Dictionary of Somalia (2003) p. 166
  5. ^ The Concise Garland Encyclopedia of World Music. p.57-58
  6. ^ (英語) African Language Review, Volume 6. The University of Michigan: F. Cass. (1967). p. 5. https://books.google.com/books?id=epxkAAAAMAAJ 
  7. ^ Andrzejewski, B. W.; Pilaszewicz, S.; Tyloch, W. (1985-11-21) (英語). Literatures in African Languages: Theoretical Issues and Sample Surveys. ケンブリッジ大学出版局. ISBN 9780521256469. https://books.google.com/books?id=gfH2A6AhZ7wC&pg=PA359&dq=balwo#q=balwo. "Cabdi Deeqsi, who created a genre of love poetry called Balwo" 
  8. ^ Johnson, John William (1996) (英語). Heelloy: Modern Poetry and Songs of the Somali. Indiana University Press. ISBN 1874209812. https://books.google.com/books?id=NEbASn8qayUC&pg=PR12&dq=balwo#q=balwo 
  9. ^ Mukhtar, Mohamed Haji (2003-02-25) (英語). Historical Dictionary of Somalia. Scarecrow Press. pp. 12. ISBN 9780810866041. https://books.google.com/books?id=DPwOsOcNy5YC&pg=PA12&dq=born+in+borama#q=born%20in%20borama 
  10. ^ Brinkhurst, Emma (2012). Music, Memory and Belonging: Oral Tradition and Archival Engagement Among the Somali Community of London's King's Cross. University of London. pp. 61 
  11. ^ Farah, Gamute (2018-10-28) (英語). Coming of Age: An Introduction to Somali Metrics. Ponte Invisible (Redsea Cultural Foundation). ISBN 9788888934471. https://books.google.com/books?id=i6x7DwAAQBAJ&pg=PA35 
  12. ^ “Uncovering Somalia's forgotten music of the 1970s”. Al Jazeera. (2017年8月18日). http://www.aljazeera.com/indepth/features/2017/07/uncovering-somalia-forgotten-music-1970s-170704123301195.html 2017年8月22日閲覧。 

参考文献[編集]