アラビア半島

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アラビア半島
Arabian Peninsula dust SeaWiFS-2.jpg
座標 北緯19度29分29秒
東経47度26分56.5秒
座標: 北緯19度29分29秒 東経47度26分56.5秒
面積 3,237,500km2
最高標高 3,666m
最高峰 ナビー・シュアイブ山
最大都市 サウジアラビアの旗 サウジアラビア リヤド
所在海域 紅海アラビア海
所属大陸・島 ユーラシア大陸
所属国・地域 アラブ首長国連邦の旗 アラブ首長国連邦
イエメンの旗 イエメン
オマーンの旗 オマーン
カタールの旗 カタール
サウジアラビアの旗 サウジアラビア
テンプレートを表示

アラビア半島(アラビアはんとう、アラビア語: شبه الجزيرة العربية‎)は、アジアアフリカを繋ぐ場所に位置する西アジア南西の巨大な半島である。半島としては世界最大である。

紅海アカバ湾アラビア海アデン湾ペルシア湾オマーン湾等に囲まれており、北の付け根はイラクヨルダンにあたる。半島の南東方面にはルブアルハリ砂漠が広がっている。

政治的には、サウジアラビアアラブ首長国連邦カタールオマーン王国イエメン共和国に分かれており、カタールとサウジアラビアの沖にバーレーンがある。

アラブ地域ではجزيرة(ジャズィーラ。「島」の意)に定冠詞を付けたالجزيرة(アル・ジャズィーラ)と言えば一般にアラビア半島のことをさし、「アラブ地域」の代名詞として慣習的に用いられる。

アラビアの語源[編集]

アラビアという名の起源は極めて古い。既にローマ帝国のときからアラビア属州という名前が存在することから、それより以前からこの地域はアラビアと呼ばれていたことになる。記録ではアッカド人が彼らのことをArabiと読んでいたことが知られている。旧約聖書創世記2章11節に出てくる「ハビラ」をアラビア半島とする説がある。

歴史[編集]

サウジアラビア紅海とホルムズ海峡過去インドへBassoraのペルシャの海、グジャラート、コモリン岬の海岸は'世界デジタル図書館からアラビアPennisulaを示す1707年からマップです

関連項目[編集]