カポエイラ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
カポエイラ
Capoeira
カポエイラ路上の試合
カポエイラ路上の試合
発生国 Flag of Brazil.svg ブラジル連邦共和国
発生年 16世紀頃?
創始者 不明
源流 アフリカ
  

カポエイラポルトガル語: Capoeira)は、ブラジルの腿法。相手に蹴りや攻撃を当ててしまうものは下手とされ、基本的に相手には触れず、プレッシャーをかけてゆく。そのため、格闘技ダンスの中間に位置するものとも考えられている。

日本では梶原一騎が自書の作品で『逆立ちしながら闘う格闘技』と紹介した為に、長年誤解されてきたが、常に逆立ちのような体勢をとるのではなく、足を地面に付けていることのほうが多い。

名称[編集]

Capoeiraという語はトゥピー・グワラニー語のcaá puéraから来ているとされる。caáは「森」を、puéraは「存在していたもの」を意味し、caá puéraで、刈られた森、消滅した森となる。

歴史[編集]

1500年4月22日ポルトガル人ペドロ・アルヴァレス・カブラルブラジルを発見し、ポルトガルはブラジルを植民地化した。ポルトガル人はパウ・ブラジルの枯渇後、サトウキビなどのプランテーションを耕作させるための労働力としてアフリカ大陸アンゴラコンゴモザンビーク西アフリカから多くの黒人を連行して人身売買を行い、黒人は奴隷として酷使された。カポエイラの源流は未だに不明な点が多い。アフリカの土着格闘技として、すでにこの頃よりも以前に存在していたと言われる他、インディオがカポエイラをしているのをポルトガル航海士マルティン・アフォンソ・デ・ソウザが目撃していると言われている。カポエイラ界では、今のところカポエイラはアフリカではなく、ブラジルで生まれたという説が多く支持されている。よって、アフリカからブラジルに伝播した文化的要素がカポエイラに影響を与えた可能性はあるにしろ、アフリカ起源というのには語弊がある。例えば、奴隷小屋(senzala)は、宗主国ポルトガルやアフリカには当然存在せず、そうした特異な環境がカポエイラを生み出していったと考えられる。

また、カポエイラの基本ステップ、ジンガが速さと足の間隔の違いがあるにせよ、サンバの基本ステップに酷似している。サンバの原型が輪になって中心にダンサーが飛び出して踊ること、もともとのサンバの原型が胸をつきだして踊るなど、サンバとの関係が深い。

1808年1月23日リスボンからリオデジャネイロにポルトガル王室が移転したため、ポルトガル・ブラジル連合王国が樹立され、ポルトガル王ジョアン6世とブラジル皇帝ペドロ1世は、1808年から1831年まで特別警察を設置、アフリカ文化の抑圧を行った。1888年5月13日黄金法英語版によって奴隷制は廃止されたものの、その後も解放されたアフリカ系ブラジル人の元奴隷への差別は依然として続き、カポエイラは権力に抵抗する手段とみなされ1892年から1932年まで禁止されていた。

こうした背景の中、カポエイラは黒人奴隷が、看守にばれないようダンスのふりをして修練した格闘技といわれる。手枷をされていた奴隷が、その拘束を解かれないまま鍛錬した格闘技の為、足技を中心に発展したとされるが、これは後世の想像と見られている。

現在は空手テコンドームエタイ(ワイクルーからずっと試合の終わりまで音楽が奏でられる)等の他国の格闘技との技法交流(特に、共に動物の動きを真似た型があるということで、アンゴーラと中国の形意拳(郭雲深は獄中で手枷を嵌められたまま虎形拳の修行をした)) に伴い拳法技術を用いた技法も導入されたため、足技だけの格闘技ではなくなっているが、手による攻撃は依然少なく、地面に手をついて蹴ったり、逆立ちをしたり、(この辺りは酔拳に似ている)アクロバティックな独特の動きを持つ。

ブレイクダンスなどにも影響を与えた。また、踊りの練習をしているように見せかけるため、音楽とともに練習したと言われており、ビリンバウパンデイロ等の楽器をつかった伴奏が付き物である。

一部ではナイフ術が併伝されている。ジンガの動きから刺しに行く技が幾つかあるほか、ナイフを指に挟んで蹴るナイフ蹴りがある。これらの技もバイーアで生まれたとされる。[1]

流派[編集]

大きく二つの流派が存在する。近年は様々な要素を混ぜたコンテンポラーニアと言う新しいスタイルも生まれている。流派と言ってもグループによっては流派の区別を作らず、カポエイラとして様々なスタイルを練習する場合もある。

ヘジォナウ(Regional)[編集]

1928年メストリ・ビンバ(Mestre Bimba、本名:Manuel dos Reis Machado)が多くの格闘技を研究し、創始した。より格闘技的なスタイル。創始した当時はさほどではなかったが、激しくアクロバティックな動きも特徴。一般的に知られているカポエイラはこちらの系統の流派。屋内でカポエイラ教室を初めて開き、1930年代にはブラジル北東部のバイーア州サルヴァドールで世界初の道場を開校した。当時の独裁者ジェトゥリオ・ドルネレス・ヴァルガス大統領によるブラジルのナショナリズム称揚と国民文化を見直す運動が強まる中、上流階級の子弟までもがカポエイラを習い、また、ヴァルガスに招かれてデモンストレーションを行ったことからも、ビンバは奴隷の文化からのカポエイラの地位を向上させた存在といえる。、空手の公相君(クーシャンクー)のように、彼の名を関する型・「セクエンシア・ジ・メストレ・ビンバ」が8個もある。

アンゴーラ(Angola)[編集]

メストリ・パスチーニャ(Mestre Pastinha、本名:Vicente Ferreira Pastinha)がまとめた流派。彼は奴隷でない身分の者にもカポエイラを教えた革命児。カポエイラの師であるアフリカ人ベネジートの出身地だったブラジルのアンゴーラ地方(この地方の名前はアフリカのアンゴラに由来する)から名前をとった。儀式的でどちらかといえばゆったりした動きが特徴。飛び跳ねるような派手な動作はあまり行わず、動物の動きをまねたアフリカ土着の格闘技に近い。パスチーニャは1941年にサルヴァドールでアンゴーラの本格的な道場を開いた。

技名[編集]

カポエイラの基本ステップ、ジンガ
  • ジンガ(ginga)……「よちよち歩き」の意味。他の格闘技の構えに近い、カポエイラの特徴的なステップ。腰を落とし、顔面を防御しつつ左右に体を移動させる。サンバのステップとも同じで、サンバのステップはジンガを速めたものになる。
  • ケイシャーダ(queixada)……あごへの蹴り。
  • アルマーダ(armada)……「艦隊・海軍」を意味する蹴り。後ろ回し蹴りに近い。
  • エリコーピテロ……「ヘリコプター」を意味する逆立ち回転蹴り。注目度NO1の魅せ技である。
  • アウー(aú)……側転。動作中は地面についた手を見ずに、相手を見続けることが特徴。
  • アウーパチドゥー……空手の「子安キック」の元になった蹴り技。
  • フォーリャ(folha)……「葉っぱ」を意味するアクロバティックな蹴り技。
  • マカーコ(macaco)……「」を意味する、しゃがんだ状態からのバク転。
  • マルテーロ(martelo)……「ハンマー」を意味する上段蹴り。
  • ハステイラ(rasteira)……足を引っ掛けて倒す技。
  • ベンサォン(benção)……前方押し蹴り。「感謝」を意味し、腹部を蹴られた相手が、お辞儀をさせているようになることから名が付いたとされる。
  • テディラ……二本指の『針打ち』による目突き
  • メイア・ルーア・ジ・フレンチ……意味は「半月」振り子蹴り。
  • シバータ……意味は「」手を床に着いて蹴る回し蹴り。
  • メイア・ルーア・ジ・コンバッソ……意味は「半月回転」床に手を着いて蹴る後ろ回し蹴り。
  • コトヴェラーダ……肘打ち。体を回転させての肘打ちなど、ムエタイによく似た動きもある。
  • ジョエリャーダ……膝蹴り。ムエタイでは、高得点を得られる技。
  • ゴデーミ……目じりを攻撃目標とした裏拳
  • カベサーダ(cabeçada)……頭突き。
  • アルパォン・ジ・カベッサ……突進する頭突き
  • パウマ……受け
  • ガロパンチ……平手打ち

用語[編集]

  • ジョーゴ……ほかの格闘技で組手にあたるもの。
  • ホーダ……円陣の中心で、楽器の演奏とともにジョーゴを行う。対戦相手は次々入れ替わる。
  • カポエイリスタ……カポエイラをする人。
  • アバダ・カポエイラ……世界最大規模のカポエイラの団体。リオデジャネイロで、コンテンポラーニア・スタイルの競技大会を開催した。

階級[編集]

階級はどのグループも共通だが、階級に対応する帯の色が違う。しかも、団体によって違う。一般的には、『白帯』が最高である。

  • メストレ(Mestre)……「師範」 日本人のメストレとして、Cordao de Contas の Mestre Samurai と、Grupo de Capoeira Angola Pelourinho(GCAP) の Mestre Kenji が居る。日本人はまだ数少ないので、ブラジルからメストレを招聘してバチザード(洗礼式または、最初の授与式。この時に、帯(コルダオン)とともにメストレから『あだ名』を授かる)を行うことが多い。
  • コントラ・メストレ(Contra Mestre)……「準師範」 contraは「接近」の意。
  • プロフェッソール(Professor)……「教師」
  • インストルトール(Instrutor)……「インストラクター、教師生」 多くの団体では、この階級から支部の代表になる。
  • モニトール(Monitor)……「教師生補、研修生」 カポエイラが日本に入って間もない頃は、この階級から支部を組織した団体が多かった。

楽器[編集]

音楽[編集]

基本的

  • ラダイーニャ(Ladainhas)……アンゴーラのホーダの開始時に行われる。コロは参加せずに、メストレがソロで歌う。奴隷制やカポエラの歴史が歌われることが多い。
  • クァドラ…ヘジォナウのホーダの導入歌
  • マクレレ…短棒や山刀を打ち合わせて踊るダンス。
  • シューラ(Chulas)
  • カント・ジ・エントラーダ…ホーダに入る直前に歌う歌。ホーダ参加者は、ここから「コロ」に入る。エントラーダとは「入場」の意。
  • コヒード(Corridos)…ホーダ中の歌。コヒードを歌い始めてから、ジョーゴを行う。
  • トーキ(Toques)
  • プシャダ・ジ・ヘッジ…ショーで、マクレレと併用して行われる劇.海の神へ大漁の感謝と恵みを祈る儀式である。

カポエイラの歌もあり、ホーダ中に歌われる。すべて掛け合い(コール&ディスポンス)から成り立っている。メストレや帯の位の高いカポエリスタがソロを歌い、ホーダに参加しているものがコロ(コーラス)部分の歌詞を歌う。

カポエイラが登場する作品[編集]

映画[編集]

音楽(PV)[編集]

漫画・アニメ[編集]

ゲーム[編集]

小説[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 初見良昭 「世界のマーシャルアーツ」

関連項目[編集]

外部リンク[編集]