初見良昭

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

初見 良昭(はつみ まさあき、1931年12月2日 - )は、武神館(ぶじんかん)を創設した武術家。戸隠流忍術34代目継承者。

概説[編集]

忍術戸隠流の他に、

その他古武術は

と、合わせて九流派の宗家である。現在は「武神館九流派八法秘剣宗家」であり、日本伝統武道における最後の達人と謳われる。現在は武道家として国際的に活動している。アメリカのFBI(連邦捜査局)から招かれ、護身術を指導した事もある[1]

略歴・人物[編集]

千葉県出身。幼少の頃より空手、柔道(講道館柔道5段)、ボクシング古武道銃剣道など様々な格闘技・武道を修行。初め、天心古流上野貴に師事し、上野貴の師の一人であった高松寿嗣に27歳の頃に入門し、その後15年間古武道の修行に励む。1958年昭和33年)、高松から九流派を継承する。この九流派を統合したものを「武神館武道」と名づけ、道場を創設。増田専(柔道8段)に接骨技術を学ぶ。

エピソード[編集]

1964年昭和39年)放送のテレビアニメ『少年忍者風のフジ丸』の中の「忍術千一夜」という実写パートに出演。

1967年公開の映画『007は二度死ぬ』の忍術指導をした。

1974年(昭和49年)には映画『直撃! 地獄拳』(東映)の忍術指導をした。

また、1988年(昭和63年)から放映された特撮テレビドラマ『世界忍者戦ジライヤ』では主人公の養父である山地哲山役で出演。この山地哲山の役回りは、まさに『戸隠流第三十四代宗家』というものであった。武芸考証家・演出家として東映やスタッフと縁があった事からの出演である。また、彼の弟子も本作には端役ではあるが、出演している。なお、声については長沢大アフレコで当てている。また、初見は武芸考証も務めた。

セルフディフェンスビクス発案に影響を与えたとされる。

2016年現在においても武神館の現役師範であり、海外にも多数弟子が存在している。武神館自体は度々、バラエティ番組である「YOUは何しに日本へ?」で取り上げられていたが(密着外国人の行き先が、武神館である事が度々ある)、初見本人が初めて登場したのは2014年の11月の放送からである。この時も自ら弟子に稽古をつけている。

著書[編集]

  • いま忍者 この知的変身術
  • 武道選書 - 棒術
  • 武道選書 - 槍術
  • 武道選書 - 半棒術・十手・鉄扇
  • 武道選書 - 世界のマーシャルアーツ
  • 戦国忍法図鑑
  • 秘伝 戸隠流忍法 戸隠忍法流・生きる知恵
  • 戸隠流忍法体術
  • ナイフ・ピストルファイティング
  • 忍者チビッコ道場
  • 忍者サブミッション
  • 忍者忍法画報

参考文献[編集]

  • 板垣恵介『板垣恵介の激闘達人烈伝』徳間書店、2001年
  • 初見良昭『いま忍者 この知的変身術』潮文社、2001年
  • 『ケンカの鉄人 海外編 海を渡ったサムライ魂!!』福昌堂、1997年

脚注[編集]

  1. ^ Newsweek 日本版」 2007年10月17日号, 『世界が尊敬する日本人100人』

外部リンク[編集]

関連項目[編集]