含針術

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

含針術(ふくみばりじゅつ)とは、口の中にを含ませて、敵の目潰し等に使われる技術。

現実の武術としては総合武術であれば目潰しの中の1技法として口伝である場合もあり、実際には直接針を口に含むのでは無理があるので針を入れた道具を口に含むようである。 宮城県遠田郡涌谷には昭和の中頃まで含み針術(流名不詳)を伝えていた人物が現存していた[1]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『秘伝古流武術 1991年 vol.8』