含針術

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

含針術(ふくみばりじゅつ)とは、口の中にを含ませて、敵の目潰し等に使われる技術。

現実の武術としては総合武術であれば目潰しの中の1技法として口伝である場合もあるが、現在、実技としては秘伝の技として伝承されているか、失伝していると思われる。

  • 実際には直接針を口に含むのでは無理があるので針を入れた道具を口に含むようである。