無影心月流

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

無影心月流(むようしんげつりゅう)は梅路見鸞を開祖とする、橘流の流れをくむ弓道の流派である。現在のようにスポーツ化した弓道ではなく、弓を引くことによって「道」を明らかにしていくということを教義としている。故に大会や試合は基本的に行っていない。

歴史[編集]

開祖梅路見鸞橘流弓術を修め、禅と弓とが一体(弓禅一如)となった弓道無影心月流を開いた。現在は三代目になり、姫路を本部道場として活動している。

関連項目[編集]