揚心古流

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
揚心流柔術
ようしんりゅうじゅうじゅつ
別名 戸塚派揚心流、揚心古流、戸塚流
発生国 日本の旗 日本
発生年 江戸時代
創始者 三浦楊心
源流 楊心流
派生種目 神道六合流神道揚心流
主要技術

当身関節技投技絞技

固技接骨、活法、乱捕
  

揚心流(ようしんりゅう)は、柔術流派である。戸塚派揚心流(とつかはようしんりゅう)、正式には揚心流または楊心流と言ったが、秋山四郎兵衛の楊心流(揚心流と言う場合があった)と区別するため、揚心古流(楊心古流)と呼ばれた。楊心流と同じく、文書上、楊、揚どちらの字の使用例も見られる。

乱捕を早くから取り入れ、幕末期、江戸を中心にかなりの修行者がいた。明治初期の講道館のライバル流派の一つとして、小説や記録に登場する。

最強の柔術と称され、優れた門人が多かった。

歴史[編集]

長崎漢方医であった三浦揚心を開祖とし、二代目を阿部観柳が継いだ。別名戸塚派揚心流と呼ばれるのは、江戸時代後期に沼津藩での当流の師範であった戸塚英俊が、講武所柔術師範として活躍したためである。嘉納治五郎とともに最初の柔道範士に選ばれた戸塚英美は戸塚英俊の子である。

戸塚英美は、神田お玉が池にあった天神真楊流の磯又右衛門の道場を道場破りし磯の高弟、弟子を悉く一人で倒した。 磯は急病といって試合を拒否したが、英美は立合わなければ帰宅して父に会うことはできないと言った。

その際、九州出身の磯の弟子の侍がの代わりに立合うこととなり、英美はこの侍を圧倒した。

師の爲に、身命を擲つ覚悟で戦った磯の弟子にとても感心し満足して帰ったという。[1]


また、柏崎又四郎という達人を輩出した。柏崎は不遷流の武田物外を倒したことで知られる。[2]

明治以降も多くの修行者を擁した。香取神道流杉野嘉男なども揚心古流を学んでいる。ただし他の古流と同じく、第二次大戦後は著しく修行者が減り、現在の伝承状況は不明である。雑誌『極意』(1998年)に最後の継承者の一人で金谷元朗の弟子、元日立高等学校校長保立謙三のインタビューが掲載されていた。

保立謙三の弟子に天神真楊流の柴田孝一がいる。

また、神道六合流の成立には大竹森吉門下の深井子之吉が関わっており、揚心古流の形と乱捕技が取り入れられた。[3]

神道六合流の系譜を引く一技道で揚心古流の形が一部継承されている。

楊心流との関係[編集]

柔術史の研究家達によると、揚心古流は秋山四郎兵衛の楊心流から出た流派だと言われている。 秋山四郎兵衛の楊心流二代目、大江千兵衛の弟子には三浦定右衛門と言う人物が存在し、その弟子に手嶋観柳が存在する。 つまり、楊心流の三代目三浦定右衛門三浦楊心は同一人物の可能性が濃厚である。

また、技法的にも楊心流系に見られるしんの位(真之位、心之位)や膳越袖車車劔應太刀などがある。

秋山系楊心流と技の名称や内容、体系が大同小異である。

技法[編集]

乱捕を重視し、形稽古の前にまず乱捕で体をほぐしたという。形稽古も、非打ちを入れる、と言って技の効きが不十分なら返し技をかける事がおこなわれていた。この稽古法が発展し乱捕となったと考えられている。

形は双方が立っている起合、お互いが歩いて行き違う際の攻防である行合、座った状態から行う居合、の三つに大きく分けられる。初歩の形は手首や肘関節等の逆や単純な投げ技が見られるが、

上級の形は楊心流と同じ名前の形が多い。

他流と同じく、大刀、小刀、手ぬぐい(鎖)などの武器を使用した形や、こちらから攻めて取り押さえる捕手術的技法も多く見られる。

66の技がある。技の名称、内容は楊心流と大同小異である。

起合
指捕、手車、合捕、袖車、腕捕、帯引、衣紋崩、甲廻、臑押、帯車、
小裾返、引廻、大殺、松葉殺、小廻、伏鹿、巖石、壁副、當曲尺、心車
行合
小當、小返、紅葉亂、紋所、外掛、内掛、突附、大當、虎走、瀧落、脇山影、向山蔭、後山影、
劔位、浦風、龍飛前、關留、電光、引廻、小膝廻、後廻、磯ノ浪、小車、突身、下リ藤
居合
心之位、無當別、袖車、膳越、車劔、殺身ノ目附、應太刀、釣固、甲廻、打込、
猿猴、大堅、貫、玉霞、突留、樊會、樊會搦、突子、刀縛、小車、龍虎[4]
見分形
高上手形
殺法 当身口傳廿本
活法 口傳八本

系図[編集]

  • 三浦楊心 楊心流の三浦定右衛門と同一人物の可能性が高い。

関連項目[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 天源淘宮術講義
  2. ^ 武道極意
  3. ^ 深井子之吉が戸塚派を基に作り上げた技術を取り入れている。
  4. ^ 日本武道流祖伝


参考文献[編集]


  • 類聚伝記大日本史, 第 16 巻
  • 東洋文化 東洋文化學會, 1967
  • 続北米百年桜
  • 佐倉市史, 第 1 巻
  • 武道 (日本史小百科) 加藤寬 東京堂出版 p178
  • 史談会速記録 1916 第281~300号
  • 明治人名辞典第2巻
  • 史料明治武道史 新人物往来社, 1971 p725
  • 岡山市史 学術体育編 1964年 p226

外部リンク[編集]