天武無闘流柔術

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

天武無闘流柔術 (てんむむとうりゅうじゅうじゅつ)は、越中(現在の富山県)に伝わる柔術の一派。 現在行われているものは、同流の十代目・佐々木武久の流れを汲むものである。

名称と歴史[編集]

同流は「無闘流」「天武暁無闘流」「天武無斗流」など、いくつかの名称で呼ばれる。それぞれ使い分けがなされる場合もあるが、広義には同一の流派である。(ここでは「斗」は「闘」の略字ではなく、別の意味を持って用いられている)

古伝の無闘流は、平家一門の流れを汲み、越中に三百十数年以前に、流祖・佐々木家束柾奈が伝承したもので、佐々木家代々に一子相伝で伝えられてきた流派である。

流祖は幼少の頃より武術を好み、夢の中に探し求めた 妙術を開かんと、昼夜わかたず魂気を投じて修業に精進したが、ようとして 察する所あらず、ほとほと思案に暮れ、諸国に出て実践を貴重する修行中、 所作に頼むまず心を以って当たらば、身は陰陽に従い絶妙を成す也との 神伝を授かり、後に天、文、理、陰、陽に至る兵法を開眼し、一領一党 を守護する武術として相伝されてきた。


「無闘流」は後述のように、柔術のみならず幾種類もの武器術を含む総合武術であり、九代目・十代目の宗家が同流の拍打術・体挫術を母体に整理したものが、狭義の「天武無闘流柔術」とも言える。

十代目の佐々木武久亡き後、柔術としての天武無闘流を愛知県名古屋市において、愛知県本部首席範士の井上泰が継承し、天武無闘流柔術会の看板で開講している。その様子は同会のウェブサイトから知ることができる。

また、佐々木武久は存命中に「相生道」という名称で現代武道としても発展・分派させており、こちらは相生道本院の指導のもと、大学(多摩美術大学及び南山大学)の部活動のほか、愛知県下数カ所のスポーツセンターなどで開講されている。

特徴[編集]

その術技体系は剛像系(こわて)という、突き・蹴りを主とした当身技。柔像系(やわて)という 投げ・関節・絞め・抑えを主とした技及び武器術(棒術・抜刀術・ぶんぶんばり術等)が主体となるが 古柔術の流派としては、打撃技が多いのが注目される点である。 特に、体技(受け身)の動きを活用した「空転蹴り」相手の投げを利用した「忍手浴びせ蹴り」受け身 した位置から蹴る「地斜蹴り」等は他流に見られない天武無闘流柔術最大の特徴であろう。

古伝の技法[編集]

素手の技術[編集]

  • 拍打術
  • 体挫術
    ※現代無闘流や相生道の原型は上記二つだが、伝書の写しからは他の名称も見て取れる。これが同じ技法か否かは未詳。

武器術[編集]

  • 剣術
  • 抜刀術
  • 居合術(同流においては、抜刀術とは別物。)
  • 棒術
  • 寄り棒術
  • 半棒術
  • 鎖鎌術
  • ぶんぶんばり術/連鎖三角棒術
    「ぶんぶんばり(漢字表記なし)」は、無闘流で最も特徴的な武器。外見は巨大なヌンチャクの如きもので、二尺の丸棒を鎖で繋いだ形をしている。
    元々の形態は三節棍に類似した形状を持つ「連鎖三角棒」で、三節のうち真ん中の二尺の棒を鎖に替えたものを「ぶんぶんばり」と呼び、六尺の棒と戦う型が伝えられている。
  • 銑鋧術(手裏剣術)
    「銑鋧」は辞書的には「せんけん」と読み、手裏剣の意。この漢字表記で「しゅりけん」と読ませるが、分かりやすいよう「手裏剣」の表記を用いることも多い。
    基本的に棒手裏剣を用いるが、指導者によって直打法・転打法どちらを先に教えるかは異なる模様。
  • 十手
  • その他、失伝したとされるものには契木術(他の名称で呼ばれる)、夜行術(忍術)、短刀術、金砕棒術、礫術、早縄術、鉄扇術、鼻捩術(正式名称不詳)など。

外部リンク[編集]