徒士

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

徒士(かち)は、江戸幕府や諸に所属する徒歩で戦う下級武士のことである。近代軍制でいうと、馬上の資格がある馬廻組以上)が士官に相当し、徒士は下士官に相当する。徒士は士分に含まれ、士分格を持たない足軽とは峻別される。戦場では主君の前駆をなし、平時は城内の護衛(徒士組)や中間管理職的な行政職(徒目付勘定奉行の配下など)に従事した。

江戸幕府の場合[編集]

江戸幕府における徒歩組(かちぐみ)は、徳川家康慶長8年(1603年)に9組をもって成立した。以後、人員・組数を増やし、幕府安定期には20組が徒歩頭(徒頭とも。若年寄管轄)の下にあり、各組毎に2人の組頭(徒組頭とも)が、その下に各組28人の徒歩衆がいた。徒歩衆は、蔵米取り御家人で、俸禄は70俵5人扶持。礼服は熨斗目・白帷子、平服は黒縮緬の羽織・無紋の袴。家格は当初抱席(かかえぜき)だったが、文久2年(1862年)に譜代となった。

諸藩の場合[編集]

諸藩では概ね「徒士」と呼称しているが越後長岡藩では「小組」、飫肥藩では「歩行」と別の呼称をする藩もある[1]

例えば柳河藩では延宝9年(1681年)の史料に「御徒」の呼称が登場し、その後の史料では「御徒士組」や「徒士」と呼称されている。柳河藩の場合も幕府同様に蔵米知行で、知行は5人扶持から3人扶持であるが時に7人扶持や2人扶持もいた。また、飫肥藩での徒士(歩行)の石高は36石から6石までいる。

徒士を統括する役職は柳河藩や越後長岡藩では「徒士頭」と呼称しているが、長州藩では「徒士総頭」と呼称している。

通常の徒士のほかに臨時雇いの徒士格・徒士並とがあり、商工業の発達していない藩では技能職の徒士並侍を臨時雇いした[2]。それらには筆書・測量・算術のほか、塗物師・左官・小細工・大工・紙漉・白銀(彫金等)細工の棟梁が含まれており、薬師や塗物師のように材料を育てる必要のある者にはそのための所領が与えられたが、多くは給金と扶持米だけで雇われた[2]

脚注[編集]

  1. ^ 「長岡市史」では小組の統括する役職を「徒士頭」と呼称するとあり、「飫肥藩分限帳」の『文久元年辛酉国中物成高』では徒士に『歩行』の注記がある。
  2. ^ a b 菱田春草先祖の才能と堀飯田藩仕官の歴史的背景鈴川 博、飯田市美術博物館 研究紀要、2017年09月29日

参考文献[編集]

  • 柳川市史編集委員会「柳川歴史資料集第三集・柳河藩立花家分限帳」(福岡県柳川市)
  • 長岡市史」(長岡市)
  • 野田敏夫「飫肥藩分限帳」(1974年・日向文化談話会)

関連項目[編集]