出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

軍隊用語としての(へい)は、軍隊の階級区分の一。

解説[編集]

士官下士官、兵のうちの最下級であり、下士官の下に位置する。

兵長上等兵一等兵二等兵等に分かれる。

旧軍などのように徴兵制を採っている場合、兵は徴集または召集された者であるため武官ではない。

一般的な認識の旧陸軍では、部下を持たず、末端の職務に就く。例えば、歩兵の場合、分隊長や長の指揮下で、小銃等の個人兵器を携行し戦闘を行う。

陸海空の各自衛隊では、に相当し、陸・海・空の士長、陸・海・空の1士、陸・海・空の2士、陸・海・空の3士に分かれる。

語源[編集]

元々、古代中国では""という漢字は"戦争"そのものを表していた。そこから、

  • 戦争をする人 = 兵士
  • 戦争に使う道具 = 兵器
  • 戦争のやり方 = 兵法

などの言葉が生まれた。その後、"兵"だけで、"兵士"を意味する語として使われるようになり、現代に至っている。

例えば、孫子の言葉として有名な"兵は詭道なり"などは、"兵"を"戦争・戦い"の意味で使用している例と言える。

関連項目[編集]