分隊

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
NATO軍の歩兵分隊を表す兵科記号

分隊(ぶんたい、: squad, section, division)は、軍隊編成上の戦術単位のひとつで、陸上部隊においては比較的小規模、海上部隊においては中隊規模のものを指す。分隊を更にに分けることも多い。

分隊 (陸軍)[編集]

陸軍における分隊とは、アメリカ英語のsquad(イギリス陸軍ではsection)の訳語として充てられたもので、小隊の下位となり、下士官(軍曹曹長)たる分隊長によって指揮される小部隊をいうことを指す。

10名前後である場合が多いが、さらに細かく「班」「組」などを設けない場合には、5名前後でも分隊として扱う場合がある。

近代以降の歩兵分隊の場合、小銃を主力として、1丁程度の軽機関銃(又は分隊支援火器、軽迫撃砲等)を装備する場合が多い。

陸上自衛隊普通科連隊普通科中隊の分隊は規模として班よりも人員数は若干少なく小規模である(約7名ないし8名、班編制は10名)。

分隊 (憲兵)[編集]

大日本帝国陸軍憲兵では、警察署に相当する部隊として憲兵分隊を運用していた。憲兵隊の下位、憲兵分遣隊の上位となっていた。自衛隊の警務隊では分隊という編成は行われていない。

分隊 (艦艇)[編集]

自衛艦は自己完結型で長期の行動もすることから、内務面の編成に意を用いている。これが分隊編成で、護衛艦の場合、艦長・副長の下に5つの分隊がある。各分隊は下記のようにおおむね科と連動しているが、分隊長は必ずしも科長がある必要はない[1]。たとえば砲雷長が副長である場合、第1分隊では次席幹部の砲術長か水雷長が分隊長となる。同様に、例えば機関長が副長ではなくとも先任士官(副長の次の幹部)である場合、第3分隊ではやはり次席の応急長が分隊長となることが多い[2]。また分隊の先任海曹は、人事や昇任などで直接に分隊員の面倒をみる[1]

  • 第1分隊 - 砲雷科
  • 第2分隊 - 航海科・船務科
  • 第3分隊 - 機関科
  • 第4分隊 - 補給科・衛生科
  • 第5分隊 - 飛行科

なお大日本帝国海軍では、上記のような艦艇の内務管理のための分隊とは別に、海軍陸戦隊を編成する際には、陸軍と同様の分隊を編成していた。但し、分隊の指揮官は後述の分隊長と区別するために、分隊下士官と呼ばれる。

分隊 (警察)[編集]

日本の警察の場合、機動隊の規模・編成は各都道府県警によって大きく異なっているが、例えば警察庁の調整のもとで広域運用される管区機動隊の分隊は、巡査部長を分隊長、巡査3~4名を分隊員として編成される[3]。一方、警視庁機動隊の場合は、巡査部長を分隊長とするのは同様だが、分隊員の人数は6~7名とされている[4]

分隊 (消防)[編集]

日本の消防本部においては自治体により異なるが、概ね車両1台に搭乗する人員を分隊または小隊と呼ぶ。(小隊と称する方が一般的で、その長は小隊長と称する。) 分隊は分隊長(消防司令消防司令補又は消防士長)1名及び隊員(消防司令補消防士長消防副士長又は消防士)3~4名前後の合計4~5名で構成される。 救急隊では分隊長1名、隊員2名の合計3名が標準であり、はしご隊などでは分隊長1名、隊員1名の合計2名で構成される場合もある。 消防組織ではこの分隊(または小隊)が最小編成単位となる。

フィクションに登場する分隊[編集]

テレビドラマ
ゲーム

脚注[編集]

[脚注の使い方]

出典[編集]

  1. ^ a b 渡邉 2009.
  2. ^ 渡邉 2005.
  3. ^ 福島県警察本部 (2012年2月6日). “福島県警察管区機動隊運営要綱の制定について(通達)”. 2019年5月19日閲覧。
  4. ^ 講談社ビーシー 2010, p. 86.

参考文献[編集]

  • 『機動隊パーフェクトブック』講談社ビーシー、講談社別冊ベストカー〉、2010年。ISBN 978-4063666137
  • 渡邉, 直「護衛艦の365日 (特集・護衛艦のすべて)」『世界の艦船』第636号、海人社、2005年1月、 142-147頁、 NAID 40006512964
  • 渡邉, 直「海上自衛隊護衛艦の日課 (特集・艦船勤務の今昔)」『世界の艦船』第703号、海人社、2009年3月、 94-97頁、 NAID 40016438615

関連項目[編集]