通り魔

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

通り魔(とおりま)とは、瞬間的に通り過ぎて、それに出会った人に災害を与えるという魔物(通り悪魔)。転じて通りすがりに人に不意に危害を加える者をいう[1]。通り魔殺人事件とは、人の自由に出入りできる場所において、確たる動機がなく通りすがりに不特定の者に対し、凶器を使用するなどして、殺傷等の危害を加える事件をいう[2]

概要[編集]

一般に「通り魔的犯行」とされるものには、以下の3種類がある[3]

  1. 人の多いところに出向いて犯罪をおこなう「単発犯
  2. 複数の被害者に手当たり次第に犯行を行う「スプリー犯
  3. 時間的に一連の犯行ではなく、散発的に行う「連続犯

単発犯やスプリー犯は短時間で終息し、死亡者も出すが負傷者として助かる率も多いのに対して、連続犯は犯行後に行方をくらましつづけ犯行を繰り返すため長期化しやすい。

単発犯
薬物などの影響や幻覚妄想などの陽性症状、感情の平板化など陰性症状等の精神症状、脆弱な自我や反社会性など人格の問題などにより特徴づけられる。
スプリー犯
ストレス耐性の低さや肥大化した自己愛、未熟な人格の問題、自我を守るための社会への怒りや恨み、防衛機制、刑事司法システムを利用した社会的自殺等に特徴づけられる。
連続犯
未熟な人格や反社会性等の人格の問題、生の実感の喪失、それにともない力を確認したいという感覚に特徴づけられる。若い女性を対象とする場合には性的な動機が背景にある場合が多い。また、加害者の行動にはしばしばマスコミの報道が影響を与え、他の事件の報道から犯行の方法や動機、社会の反響などを学ぶことがある。 

都市化と通り魔[編集]

これに類する犯罪は、一般に都市など人が多い反面で人間関係が希薄な地域に限定されると考えられがちだが、過去の通り魔犯罪や連続殺傷事件などの例を見ても、都市化と必ずしも関連しない。

都市に於ける匿名性の増大は確かに現行犯逮捕以外での犯人特定に至りにくい側面を持つが、発生要因自体が都市化との関連性が無い以上、都市型犯罪ではないといえる。しかしそれを抜きにしても、自暴自棄になっている犯人が無差別かつ他人から目撃されるのも厭わずに犯行に及んでいるケース(スプリー・キラー)では、過去の事例に於いても人の集中しやすい都市部・繁華街のほか、学校ショッピングモールなどといった施設において被害が拡大しやすい傾向が見られる。

しかしその一方で、長期化しやすい散発的な連続殺人の場合、郊外型犯罪に類されるケースが散見される。これらのケースでは、都市周辺部で人口密度が高すぎず低すぎず、犯人が被害者を「調達しやすい」という傾向が見られる。こちらは殺害することが目的であり、加えて犯人が特定層にのみ執着している場合も、そうでない場合でも、たまたま犯行への欲求を感じている犯人の目にとまった人物が被害に遭っている。

通り魔と凶器[編集]

銃社会問題の深刻なアメリカなどでは拳銃を使った犯行も見られるが、その一方日本でも刃物を使った犯行があり、これらの事件の影響もあってそれら道具の所持に対する規制が強化される傾向もあるものの、不審尋問などの形で調べなければ所持が分かりにくいことや、またどこにでもある道具を使った場合には予防しきれるものではない。

過去のケースでも自動車を使って次々に人を撥ねたケースもあって、物品の規制による予防は困難である。ただし通り魔事件を発端として、所定の器物が規制対象となったケースもあり、アメリカではコロンバイン高校銃乱射事件以降に銃規制が強化されたなどの動向がみられる。日本ではダガー秋葉原通り魔事件を契機として従来のナイフ(汎用の刃物)から「小型の」(武器武具の類)へと法的な扱いが改められ、規制対象となっている。

通り魔の特徴[編集]

こういった犯行を人に知られずに起こす傾向を持つ者というのも過去の事件例より分析されており、以下のような類型化もあり、プロファイリングなどの形で利用されている。

ただし上に挙げたものはあくまでも一例であり、無関係な人を巻き込む殺傷事件の全てがこの類型に収まるわけではない。また自身が不幸であるという鬱憤のはけ口として犯行に及んだケースも少なくないが、これは「不幸である」という状態が主観的なものである以上、傍目には経済的に裕福な家庭に育ち幸福であろうと見られていた者が起こしたケースなどもある。

主な通り魔事件[編集]

日本[編集]

太字で示した被疑者は裁判の結果、死刑判決を宣告された者。

2000年以前[編集]

発生日 発生現場 被疑者(年齢は犯行当時の物) 被害詳細 備考・参照記事
1980年8月19日 東京都新宿区新宿駅西口バスターミナル 38歳男性による路線バスへの放火 乗客6人焼死/14人負傷 参照:新宿西口バス放火事件
1981年6月17日 東京都江東区森下二丁目の路上 覚醒剤常用者の29歳男性 4人死亡/2人負傷 参照:深川通り魔殺人事件
1999年9月8日 東京都豊島区東池袋 23歳男性 2人死亡/6人負傷 参照:池袋通り魔殺人事件
1999年9月29日 山口県下関市下関駅構内 35歳男性 5人死亡/10人負傷 参照:下関通り魔殺人事件

2000年代[編集]

発生日 発生現場 被疑者(年齢は犯行当時の物) 被害詳細 備考・参照記事
2001年6月8日 大阪府池田市大阪教育大学附属池田小学校校内 37歳男性 児童8人死亡/児童・教諭15人負傷 参照:附属池田小事件
2003年3月30日4月1日 愛知県名古屋市北区千種区 38歳女性 3月30日に刺された1人が死亡、4月1日に刺された1人が負傷 参照:名古屋市連続通り魔殺傷事件
2008年3月19日23日 茨城県土浦市 24歳男性による犯行、3月19日に1人を刺し、3月23日に荒川沖駅前で多人数に対し攻撃 3月19日に刺された1人と3月23日に刺された1人が死亡、3月23日に刺された7人が負傷 参照:土浦連続殺傷事件
2008年6月8日 東京都千代田区外神田秋葉原 元自動車工場派遣社員の25歳男性 7人死亡/10人負傷 参照:秋葉原通り魔事件
2008年6月22日 大阪府大阪市北区大阪駅構内 38歳女性 3人負傷 当該事件ウィキニュース記事
2008年7月22日 東京都八王子市京王八王子駅駅ビル内 33歳男性 1人死亡/1人負傷 参照:八王子通り魔事件

2010年代[編集]

発生日 発生現場 被疑者(年齢は犯行当時の物) 被害詳細 備考・参照記事
2010年6月22日 広島県広島市南区安芸郡府中町マツダ本社工場 同社の元期間従業員の42歳男性 マツダ従業員1人死亡/11人負傷 犯人はマツダへの被害妄想を抱いており「マツダの従業員であれば誰でもよかった」と供述している(マツダ本社工場連続殺傷事件を参照)。
2010年12月17日 茨城県取手市取手駅 27歳男性による犯行、駅前に停車中の路線バスに乗り込み乗客を攻撃 14人負傷 参照:取手駅通り魔事件
2011年11月18日12月1日 埼玉県三郷市千葉県松戸市 18歳の少年 両市で刺された各1人(計2人)が負傷 埼玉・千葉の連続通り魔 少年、初公判で起訴内容認める 産経新聞 2013年2月19日(2013年2月19日時点でのアーカイブ)
2012年6月10日 大阪府大阪市中央区心斎橋 36歳男性 ゲーム音楽プロデューサーの南野信吾ら2人が死亡 通り魔、2人死亡 大阪・ミナミの繁華街 中国新聞 2012年6月10日(2012年6月15日時点でのアーカイブ)
2012年10月20日 福岡県福岡市博多区博多駅構内 26歳男性 3人負傷 【博多駅通り魔事件】「切られた、逃げろ」 無言の凶行に響く怒声 共同通信 2012年10月20日
2013年3月14日 広島県江田島市のカキ加工工場 中国人研修生の30歳男性 社長と従業員1人の2人が死亡/6人負傷 参照:江田島中国人研修生8人殺傷事件
2013年3月19日 東京都江東区東陽東陽町駅 49歳男性 4人負傷 東陽町駅前で通り魔、通行人が幟で撃退!(1/3ページ) サンケイスポーツ 2013年3月20日(2013年3月23日時点でのアーカイブ)
2013年3月19日 大阪府大阪市東淀川区 29歳女性 1人負傷
2013年5月22日 大阪府大阪市生野区 韓国籍の31歳男性 2人負傷 犯人は3年前から精神疾患で入退院を繰り返しており、「透明人間が自分の中に入ってきた」「生粋の日本人なら何人も殺そうと思った」などと供述している(該事件ウィキニュース記事
2014年3月3日 千葉県柏市 死亡男性と同マンションに住む24歳男性 男性1人死亡/1人軽傷 参照:柏市連続通り魔殺傷事件
2015年7月30日 大阪府八尾市 18歳の知的障害者の少年 女子高生1人重傷 八尾市山本北町の女子高生通り魔殺人未遂事件、18歳少年逮捕
2015年9月14日16日 埼玉県熊谷市 ペルー国籍の30歳男性 6人死亡 参照:熊谷連続殺人事件
2016年6月21日 北海道釧路市イオンモール釧路昭和 33歳男性 1人死亡/3人重軽傷 釧路のイオンモールで通り魔 60代女性死亡、3人重軽傷 逮捕の男「死刑になってもいい」
2016年7月26日 神奈川県相模原市の障害者施設 26歳男性 19人死亡/26人重軽傷 参照:相模原障害者施設殺傷事件

脚注[編集]

  1. ^ 小学館・大辞泉「通り魔」[1]
  2. ^ 警察庁・平成17年の犯罪情勢P.58[2]
  3. ^ 「新たな行動計画策定に関する有識者ヒアリング」渡邉和美(科学警察研究所捜査支援研究室長)[3]
  4. ^ 連続殺人と、大量殺人、通り魔事件その犯罪心理の違い、心の傷

参考書籍[編集]

関連項目[編集]

  • スプリー・キラー - 通り魔的大量殺人者。日米で定義は異なる。
  • 快楽殺人 - 主に性的興奮目的で被害者を惨殺する(拷問なども多用)
  • 大量殺人 - 一回の行為で大量の殺戮を行う(飛行機爆破なども含む)
  • ハッピー・スラッピング - 無差別に行きずりの人を暴行する行為。致死させるケースは稀であるが、様式的には通り魔に極めて近い。
  • 辻斬 - 武士が無差別に刀で通行人を斬りつける行為。
  • 通り悪魔