福岡町 (岡崎市)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
日本 > 愛知県 > 岡崎市 > 福岡町 (岡崎市)
福岡町
玉川橋交差点付近
玉川橋交差点付近
福岡町の位置(愛知県内)
福岡町
福岡町
福岡町の位置
北緯34度53分57.34秒 東経137度8分54.22秒 / 北緯34.8992611度 東経137.1483944度 / 34.8992611; 137.1483944
日本の旗 日本
都道府県 Flag of Aichi Prefecture.svg 愛知県
市町村 Flag of Okazaki, Aichi.svg 岡崎市
地区 岡崎地区
面積
 • 合計 3.01001534km2
人口
2019年令和元年)5月1日現在)[2]
 • 合計 8,697人
等時帯 UTC+9 (日本標準時)
郵便番号
444-0825[3]
市外局番 0564(岡崎MA[4]
ナンバープレート 岡崎

福岡町(ふくおかちょう)は愛知県岡崎市役所岡崎支所管内の町名である。丁番を持たない単独町名である。

概要[編集]

明治初期頃までは福岡町の中心部は「土呂(とろ)」と呼ばれ、現在でも土呂の名残が多く点在する。福岡町は交通の要所として昔から栄え、三河湾や岡崎市街を結ぶ道路やバスがある。また、福岡町の東部をJR東海道本線が通っている。

江戸時代中期頃までは、現在の福岡小辺りから幸田町の坂崎辺りまで「菱池」という湖があり、矢作川が大きく菱池の方に曲がり、岡崎城下と三河湾が繋がっていたため、船の行き来が多かったという。

蓮如が布教の地にしたことで知られる。

地理[編集]

河川[編集]

  • 砂川(すながわ)
  • 広田川(こうたがわ)
  • 柳川(やなぎがわ) この河川は『上地川(うえじがわ)』とも呼ばれる。
  • 上地新川(うえじしんかわ)
  • 占部川(うらべがわ)

このうち、広田川と柳川が額田郡幸田町と岡崎市(福岡町)との境界線となっている。また占部川は、隣接する岡崎市の六ッ美地区との境界線となっている。

地形[編集]

町内は高低差が大きく、最高で海抜33m、最低で7mである。海抜33mの場所は御坊山と呼ばれる丘で、南側を見れば福岡町や幸田町が見える。北側を見れば岡崎市南部が見える。よく晴れた日には岡崎城大手門近くの高層マンションや御嶽山まで見える。 反対に海抜7mと言われる場所は『幡豆山地』の『羽角山』の麓に近く、田園地帯である。『概要』の欄に書いてあるとおり、もともと湖であったため、地盤がとても緩く大地震でも起きれば、液状化に見舞われるであろう。

世帯数と人口[編集]

2019年(令和元年)5月1日現在の世帯数と人口は以下の通りである[2]

町丁 世帯数 人口
福岡町 3,461世帯 8,697人

人口の変遷[編集]

国勢調査による人口の推移

1995年(平成7年) 7,071人 [5]
2000年(平成12年) 7,440人 [6]
2005年(平成17年) 7,994人 [7]
2010年(平成22年) 8,226人 [8]
2015年(平成27年) 8,631人 [9]

小・中学校の学区[編集]

市立小・中学校に通う場合、学区は以下の通りとなる[10]

番・番地等 小学校 中学校
全域 岡崎市立福岡小学校 岡崎市立福岡中学校

歴史[編集]

額田郡福岡町を前身とする。1563年永禄6年)に勃発した三河一向一揆は、蓮如が布教をしたことで昔から浄土真宗本願寺派(一向宗)の勢力が強かったため、徳川家康に反旗を翻した。近くの針崎と共に、岡崎城へ攻めたが最終的には負けてしまい、土呂村は焼き払われた。

1998年平成10年)より町内での紫陽花の植樹活動が行われ、現在も『あじさいの里』として町内各地に紫陽花が見られる。

また数年前まで、砂川の堤防や仲町(なかまち)・西八町(にしばっちょう)・市場町(いちばちょう)地域で『土呂三八市(とろさんぱちのいち)』が開かれていた。

町名の由来[編集]

福岡町町制施行が行われた当時の記録によると、
蓮如祭りや土呂三八市(とろさんぱちのいち)が開かれていた土呂では、多くの人々が集まって賑やかであった為、
百福(さまざまな福)が集まる地として栄えていたことと、
額田郡幸田町の京ヶ峰(きょうがみね)の麓から伸びた丘(岡)が町の中心部辺りで終わっていた為、
百福の「福」の字と「岡」を合わせて、「福岡」になったと書かれている。
なお、京ヶ峰の麓から伸びた丘とは、福岡町の「御坊山」・「御堂山」・「小畠山」・「向山」のことであると推測される。

沿革[編集]

  • 1955年昭和30年)2月1日 - 岡崎市に合併して額田郡福岡町 (愛知県)を廃止。
  • 1962年(昭和42年)6月17日 - 名鉄岡崎市内線の路面電車が廃止されて翌日よりバスの運行を開始。そのため福岡町駅は廃止されたが、名鉄バスの福岡町停留場となる。バス停にはロータリーがあり、バスの終点停留場となって、1時間に3本ほどのバスが運行している。福岡町民は「福岡町のバス停」と呼んでいる。
  • 2014年平成26年) - 1月下旬より県道岡崎碧南線(福岡町では『土呂西尾道』)の、砂川に架かる『玉川橋』の撤去を開始する。町内を流れる砂川の拡張工事をするために橋を撤去して、砂川の幅を拡張したのち、玉川橋を架け替える。砂川は増水すると氾濫しやすいため、数年前から拡張工事を行っている。この工事のため、約2年間は福岡郵便局前の信号が撤去されて、一部を通行止めとしている。またこの工事を行うために、数年前に愛知県警察岡崎警察署福岡駐在所が移転した。さらには工事直前に福岡郵便局も移転し、旧福岡郵便局は取り壊された。ちなみに『玉川橋』は、橋が架かる地域が昔から『玉川』と呼ばれるため『玉川橋』となった。

施設[編集]

太田油脂株式会社
玉川橋交差点の石灯籠
福岡町道路元標

教育・福祉施設[編集]

その他[編集]

  • 岡崎市福岡学区市民ホーム
  • 岡崎市福岡学区こどもの家
  • 岡崎警察署福岡駐在所
  • 岡崎市福岡郵便局
  • 岡崎市砂川雨水ポンプ場

史跡・観光名所[編集]

神社[編集]

  • 土呂八幡宮(本殿と棟札 国指定重要文化財 岡崎観光きらり百選
  • 土呂天神 - 土呂八幡宮境内の大仏殿の左に鎮座。
  • 土呂稲荷大明神 - 土呂八幡宮境内の大仏殿の右に鎮座。社から西と南に向かって赤鳥居が立ち並ぶ。秋葉社と稲葉社が鎮座する。
  • 萱園八幡宮
  • 本郷八幡宮
  • 勝淵神社
  • 高須神明宮
  • 上地御嶽山
  • 御嶽池いぼ神様

寺院[編集]

  • 高野山弘福寺
  • 土呂山浄専寺
  • 土呂殿本宗寺
  • 円覚寺
  • 本光寺
  • 成光寺
  • 専念寺
  • 無禿寺
  • 顕宗寺
  • 越崇寺
  • 清水善光寺
  • 高田善光寺

その他[編集]

  • 土呂陣屋跡・土呂陣屋の松(松5本 岡崎市指定天然記念物 岡崎観光きらり百選)(福岡小学校北門周辺)
  • 土呂城址・土呂御坊跡・蓮如上人墓地(御堂山教会)
  • 永井城址
  • 上地城址
  • 土呂茶園跡(西尾茶の前身)
  • 土呂三八市許可碑(砂川堤防)(現在、砂川拡張工事で一時移転)
  • 福の塔(現在、砂川拡張工事で一時移転)
  • 萱園墓地観音像
  • 出世地蔵
  • 柴田勝家の墓
  • 山本勘助の墓
  • 三派説教所
  • 福岡町道路元標
  • 土呂大仏 - 土呂八幡宮境内の大仏殿に安置
  • 福岡町役場跡 - 岡崎市合併記念碑が建つ
  • 上林竹庵邸宅跡 - 土呂八幡宮境内の土呂稲荷大明神の正面
  • 御嶽池(若宮池)跡 - 現在は「上地若宮公園」として整備されている。
  • 御堂山遺跡

祭り[編集]

  • 土呂蓮如祭り
  • 福岡学区ふれあい夏祭り
  • 各神社例祭

交通[編集]

路線バス[編集]

主要道路[編集]

鉄道駅[編集]

  • 東海旅客鉄道東海道本線
    • 岡崎駅 - 福岡町北部の地域は岡崎駅が近く、名鉄バス西若松停留所や名鉄バス南若松停留所から行くことができる。
    • 相見駅 - 福岡町の最寄駅。額田郡幸田町に所在しているが、福岡町の南東部にとても近く、広田川を渡ってすぐのところにある。

福岡町に関連する著名人[編集]

その他[編集]

日本郵便[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 愛知県岡崎市の町丁・字一覧” (日本語). 人口統計ラボ. 2019年5月19日閲覧。
  2. ^ a b 支所・町別人口・世帯集計表(各月1日現在) Page white excel.png (XLS)” (日本語). 岡崎市(統計ポータルサイト) (2019年5月1日). 2019年5月19日閲覧。
  3. ^ a b 郵便番号”. 日本郵便. 2019年5月19日閲覧。
  4. ^ 市外局番の一覧”. 総務省. 2019年5月19日閲覧。
  5. ^ 総務省統計局 (2014年3月28日). “平成7年国勢調査の調査結果(e-Stat) - 男女別人口及び世帯数 -町丁・字等” (日本語). 2019年3月23日閲覧。
  6. ^ 総務省統計局 (2014年5月30日). “平成12年国勢調査の調査結果(e-Stat) - 男女別人口及び世帯数 -町丁・字等” (日本語). 2019年3月23日閲覧。
  7. ^ 総務省統計局 (2014年6月27日). “平成17年国勢調査の調査結果(e-Stat) - 男女別人口及び世帯数 -町丁・字等” (日本語). 2019年3月23日閲覧。
  8. ^ 総務省統計局 (2012年1月20日). “平成22年国勢調査の調査結果(e-Stat) - 男女別人口及び世帯数 -町丁・字等” (日本語). 2019年3月23日閲覧。
  9. ^ 総務省統計局 (2017年1月27日). “平成27年国勢調査の調査結果(e-Stat) - 男女別人口及び世帯数 -町丁・字等” (日本語). 2019年3月23日閲覧。
  10. ^ 岡崎市立小中学校通学区域”. 岡崎市 (2018年6月9日). 2019年5月19日閲覧。
  11. ^ 郵便番号簿 2018年度版 (PDF)” (日本語). 日本郵便. 2019年5月18日閲覧。

関連項目[編集]