京都精華大学生通り魔殺人事件

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

京都精華大学生通り魔殺人事件(きょうとせいかだいがくせいとおりまさつじんじけん)は、2007年平成19年)1月15日京都市左京区で発生した殺人事件。犯人は検挙されておらず、現在も未解決。

状況[編集]

2007年1月15日午後7時50分頃、京都精華大学マンガ学部1年生の男性(当時20歳)が、学校から自転車で帰宅している途中に京都市左京区岩倉幡枝町の歩道で鉢合わせしたところで口論になったとみられ、20~30歳位の男に小型の刃物(幅約1〜2cm)で胸や腹など全身十数か所を刺され、死亡した。

直後に第一発見者の通行人が発見した時には被害者には意識があり、刺されたことを伝えて通報を頼んでいた。

午後7時52分、事件現場に到着した京都市消防局救急隊員によって病院に搬送されたが、間もなく死亡が確認された[1]

第一発見者が事件現場を自転車で通過したとき、不審な男が畑に背を向け車道に座り込み、その後ろの畑に人が倒れているのを目撃。気になったので30秒後に現場に戻ると、男の姿は既になく、代わりに被害者が携帯電話を横に血を流し座り込んでいた[2]

現場は京都精華大学の南東およそ600メートル、叡山電鉄木野駅から南に約100メートルの閑静な住宅街で、容疑者の男は大学生に向かい大声で「アホ」「ボケ」を繰り返しながら暴言を吐き、興奮していた。

男が興奮していた理由は不明だが、当時被害者は自転車で歩道の右側を走っており、男は左側を走っていたところで鉢合わせになり、自転車の通行を巡って口論になったためとみられ、そこで激昂し殺害に至ったのではないかとみられている(現場である歩道の約1.5m下に畑があるが、畑の側にはガードレールが設置されていなかった。さらに街灯の少ない夜道のため、自転車ですれ違う際、畑に転落する危険もあった)。

被害者は明るい性格でクラスのリーダー的な存在で、知人らは「トラブルなどは聞いたこともない」と話している[1]。また、直後に到着した下鴨警察署員には「犯人は面識のない人だった」と被害者は述べていた[3]

警察は現在、犯人とみられる男の情報を求めており捜査特別報奨金制度の対象となっている。

容疑者と思われる人物[編集]

京都府警が発表した、目撃証言と遺留品から判断した容疑者の特徴は以下の通り。

  • 年齢:20~30歳位
  • 身長:170~180センチ
  • 髪:センター分け(ボサボサ)
  • 服:上下黒っぽい服装
  • その他:黒っぽい色の「ママチャリ」風の自転車軽快車)に乗っていた。
  • 態度:興奮していて顔や上半身を左右に振り、言葉尻に「アホ、ボケ」を連発し、目の焦点が合っていない。
  • 靴の大きさ:28~29センチ(遺留品ではないが、畑に残された足跡で判明)

脚注[編集]

  1. ^ a b 朝日新聞 2007年1月16日付 朝刊、社会面、P.31
  2. ^ 目撃証言を元にした映像あり[1](京都府警のウェブサイトからの引用)
  3. ^ 朝日新聞 2007年1月16日付 夕刊、社会面、P.11

関連項目[編集]

外部リンク[編集]