取手駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
取手駅
西口
西口
とりで
Toride
所在地 茨城県取手市中央町
所属事業者 東日本旅客鉄道(JR東日本・駅詳細
関東鉄道駅詳細
テンプレートを表示
東口

取手駅(とりでえき)は、茨城県取手市中央町にある、東日本旅客鉄道(JR東日本)・関東鉄道である。

乗り入れ路線[編集]

JR東日本の常磐線と、関東鉄道の常総線が乗り入れ、接続駅となっている。常総線は当駅を起点としている。

JR常磐線の駅には、当駅以南(綾瀬駅上野駅方面)で快速線を走る中距離列車および常磐線快速電車[注釈 1]と、緩行線を走る常磐線各駅停車が停車する。ただし常磐線各駅停車はラッシュ時のみの運行となっている。

また、当駅以北は電化方式が異なる(詳細は後述)ため、直流電車を使用する常磐線快速電車と常磐線各駅停車は当駅を運転系統の終点としている。したがって当駅は常磐線の複々線区間の終点であり、常磐線内の電車特定区間も当駅までである。当駅以北(土浦駅方面)には交直流電車を使用する特急・中距離電車のみが乗り入れる。合わせて路線を管轄するJR東日本の支社も当駅以北では異なり、上野駅から当駅までは東京支社、藤代駅以北は水戸支社となる。東京支社管轄の駅と電車特定区間の駅は当駅が茨城県内で唯一である。そのため、駅ナンバリングは当駅まで設定され、藤代以北では割り振られていない。

歴史[編集]

1896年明治29年)に開業した。キリンビール取手工場からの貨物を扱う貨物駅としても機能していたが、現在は廃止されている。

駅構造[編集]

←下り(土浦・石岡・水戸方面/守谷・水海道・下妻・下館方面)取手駅 上り(我孫子・綾瀬・上野・東京・品川方面)→

駅舎は橋上(JR西口、関東鉄道常総線)および高架(JR東口)。JRの東口・西口の出入口は構内(改札外)では行き来できない。そのため、地下連絡通路(ギャラリーロード)が駅の東西を結び、東側から関東鉄道常総線に乗る場合はここを通る。

JR西口・関鉄駅舎は駅ビルボックスヒル」と併設されており、3階にJR、関鉄それぞれが独立した窓口と改札口を持つ。またJR線・関東鉄道常総線連絡改札口が設けられている。関東鉄道常総線には2階にも駅ビル内に直結する自動改札機のない改札口が駅ビル営業時間内のみ開設されていたが、2009年平成21年)3月13日をもって閉鎖された。

JR東日本[編集]

JR 取手駅
とりで
Toride
所在地 茨城県取手市中央町1-1
所属事業者 東日本旅客鉄道(JR東日本)
電報略号 トテ
駅構造 地上駅橋上駅、一部高架駅
ホーム 3面6線
乗車人員
-統計年度-
27,741人/日(降車客含まず)
-2017年-
開業年月日 1896年明治29年)12月25日
乗入路線 3 路線
所属路線 常磐線常磐線(快速)
駅番号 JJ 10
キロ程 37.4km(日暮里起点)
上野から39.6km
JJ 09 天王台 (3.4km)
(6.0km) 藤代*
所属路線 常磐線(各駅停車)**
(正式には常磐線)
駅番号 JL 32
キロ程 37.4km(日暮里起点)
綾瀬から29.7km
◄JL 31 天王台 (3.4km)
備考 直営駅管理駅
みどりの窓口
* この間に東京支社水戸支社境界あり(当駅から天王台寄りは東京支社管内)
** 朝夕のみ運行
テンプレートを表示

島式ホーム3面6線を有する橋上駅・高架駅になっている。駅番号は快速と各駅停車でそれぞれ「JJ 10」「JL 32」が付与される。 直営駅管理駅でもあるが、当駅は自駅のみの単駅管理となっている。 1階が東口改札コンコース階、2階がホーム、3階が西口コンコース階となっている。西口側はエスカレーターやエレベーターなどが整備されているのに対し、東口は階段しかない(エスカレーター・エレベーターを使う場合は自由通路で西口側に回る必要がある)。1・2番線ホームは電車の運転は朝夕のみであるが、東口側と西口側を構内では最短で結んでいるため、運転時間外でも通行できる。トイレは西口・東口とも改札内コンコースにある。西口側には緩行線ホームへの階段付近に車椅子対応トイレが別に設置されている。

快速線と緩行線の線路別複々線区間の終端駅であり、1・2番線が緩行線用、3 - 6番線が快速線用のホームとなっている。前者は当駅が終端、後者は当駅より先、土浦・水戸方面に直通可能となっている。

快速線ホームには、中ほどに待合室が設置されている。また、土浦方には留置線が1本あり、到着後ここに一旦引き上げて回送となるものや、折り返し上野行きとなる快速電車(E231系を使用する電車)がある。夜間滞泊は設定されておらず、当駅と我孫子駅松戸駅との間で回送列車が設定されている。

当駅折り返しとなる快速電車に限り、2014年3月15日のダイヤ改正から平日朝7時00分 - 9時00分に発車する列車を除き、折り返し時間の長い電車限定で車内保温維持を目的に一部のドア締切が実施される(ダイヤ乱れや当駅での折り返し時間が短い場合は、一部のドア締切を行わない時がある)。

6番線に停車する10両編成の普通列車E531系を使用する電車)は、15両編成と同じ位置(上野寄り)に停車する。

西口にはみどりの窓口(営業時間7時~19時)が設置されている。東口のみどりの窓口は閉鎖され、代わりに指定席券売機が設置された。以前は東口の改札口横に旅行代理店「びゅうプラザ」もあったが、閉鎖された。

番線 路線 方向 行先 備考
1・2 JL 常磐線(各駅停車) 上り 我孫子新松戸北千住代々木上原方面 朝夕のみ運転
3・4 JJ 常磐線(快速) 上り 松戸上野東京品川方面
JT 上野東京ライン)
中距離列車。4番線は一部列車。
4・5 当駅始発
5・6
常磐線 下り 土浦石岡水戸いわき方面 5番線は一部列車
  • 快速線の本線は、上りが3番線、下りが6番線である。
    • 2016年3月14日より、1・2番線の発車メロディーが変更された(1番線は品川駅15番線と同じ「ML-24」が使用されている。)(2番線は当駅限定の「子」が使われている)。常磐緩行線で駆け込み乗車を減らす有効性を確認する実験のため、2018年8月1日より発車促進メロディーを導入し、当駅1・2番線の発車メロディーの使用を停止していたが、一定の効果が得られたことから2019年3月16日のダイヤ改正に合わせて完全に使用停止となった。なお、3番線 - 6番線の発車メロディーは継続使用となっている[3][4]

関東鉄道[編集]

関東鉄道 取手駅
とりで
Toride
(1.6km) 西取手
所在地 茨城県取手市中央町2-5
所属事業者 関東鉄道
所属路線 常総線
キロ程 0.0km(取手起点)
駅構造 地上駅
ホーム 1面2線
乗降人員
-統計年度-
11,332人/日
-2017年-
開業年月日 1913年大正2年)11月1日[1]
テンプレートを表示

島式ホーム1面2線を有する地上駅である。ホームにはエスカレーターが設置されている(一部)。 ホーム上には売店もあったが閉鎖された。

のりば

番線 路線 行先
7・8 常総線 守谷水海道下妻下館方面
関東鉄道ホーム(2010年6月)

当駅における常磐線の特徴[編集]

輸送上の特徴[編集]

常磐線では当駅以南が直流電化、水戸寄りの隣駅である藤代駅以北が交流電化と電化方式が異なっている。これは茨城県石岡市柿岡にある気象庁地磁気観測所の観測への影響を防ぐためである[注釈 2]。当駅 - 藤代駅間には直流区間と交流区間の境界であるデッドセクションがあり、ここで直流交流の切り替えが行われる。かつての特急「ひたち」・「スーパーひたち」・「フレッシュひたち」651系485系および特急「みちのく」や寝台特急「ゆうづる」の583系、中距離電車の401・403・415系では、デッドセクション通過時にいったん客室内の照明が消え[注釈 3]空調も停止する。なお、臨時快速「ぶらり横浜・鎌倉号」は651系で運転されるため、デッドセクション通過時の瞬間消灯はこの列車でのみ味わうことができる。

当初は各駅停車も当駅までの終日運転とする予定だったが、後に天王台駅を正式な快速停車駅として各駅停車の運転は我孫子以南を基本としたため[注釈 4]、各駅停車の当駅着発は朝夕時間帯に限定されている。なお、当駅は北関東の3県の駅では唯一の、地下鉄直通電車が停車する駅である。2016年3月26日からはJR東日本、東京メトロ、小田急の3社直通列車には新たにJR東日本と小田急電鉄の車両も使用されるようになり、常磐緩行線を経由して千代田線代々木上原以西の直通先、小田急電鉄所属の4000形が入線する運用も設定されるようになった。2019年3月時点で現在の当駅発の最長運用は小田急小田原線伊勢原駅までである。また、当駅は茨城県の駅としては唯一、東京地下鉄以外の関東の大手私鉄の車両が乗り入れる駅となる。なお、JR所属車両の小田急線内への乗り入れが始まってからも、当該運用はE233系2000番台の限定使用で、当時運用されていた209系1000番台は小田急線に乗り入れることはなかった。

当駅以北で運行トラブルがあった場合、まれに上り普通列車が当駅止まり・下り普通列車が当駅始発となることがある。ただし、折り返しが出来ないため(4番線から一度土浦方の引込み線を使用し5番線に入線すれば理論的には可能ではある。2013年12月7日から8日にかけて実施された利根川橋梁の線路切り替え工事には、実際に当駅で土浦方面への折り返し運転を行い、4番線到着→引き上げ線へ入線→5番線入線という形式で折り返した)、一度我孫子駅まで回送する。これらの事情も絡み、我孫子駅が使用不能の場合は土浦駅から動けない状態に陥ってしまうことがしばしばある。

利用状況[編集]

  • JR東日本 - 2017年度(平成29年度)の1日平均乗車人員27,741人[JR 1]である。以前は、茨城県で最も乗車人員が多かったが、2014年度に水戸駅に抜かれ県内2位となった。
    • 沿線に常総ニュータウンなど大規模な住宅団地が点在する関東鉄道常総線の乗換駅であるため乗り換え客も多かったが、2005年に開業した首都圏新都市鉄道つくばエクスプレスに流出した。2004年(平成16年)度の43,788人から7か月分を反映しただけで5,000人近く、2006年度には更に4,000人と、約1年半で約9,000人も減少した。ただし、減少傾向そのものは、つくばエクスプレスの開業前から同等に続いている。JR東日本の乗車人員数でも常磐線では金町駅亀有駅新松戸駅南柏駅我孫子駅等に抜かれると共に全体の100位圏内からも脱落した。2004年度比の減少数・減少率でも、共に常磐線内で2番目だった(減少数は柏駅、減少率ではひたち野うしく駅がそれぞれ最大)。その後も減少傾向が続いているが、上野東京ラインが開業した2015年度は増加した。
  • 関東鉄道 - 2017年度(平成29年度)の1日平均乗降人員11,332人である[関東鉄道 1]。ただし常磐線同様、つくばエクスプレスの開業以後は減少傾向が続いている。

各年度の1日平均乗降・乗車人員数は以下のとおりである。

1日平均乗車人員・乗降人員推移
年度 JR東日本
(乗車人員)
関東鉄道
(乗降人員)
1999年(平成11年) 49,215[JR 2]  
2000年(平成12年) 48,126[JR 3]  
2001年(平成13年) 47,236[JR 4]  
2002年(平成14年) 45,708[JR 5]  
2003年(平成15年) 44,623[JR 6]  
2004年(平成16年) 43,788[JR 7]  
2005年(平成17年) 38,997[JR 8]  
2006年(平成18年) 34,056[JR 9]  
2007年(平成19年) 32,840[JR 10]  
2008年(平成20年) 31,886[JR 11]  
2009年(平成21年) 30,662[JR 12] 13,129[関東鉄道 2]
2010年(平成22年) 29,563[JR 13] 12,250[関東鉄道 3]
2011年(平成23年) 28,315[JR 14] 11,534[関東鉄道 4]
2012年(平成24年) 27,768[JR 15] 11,540[関東鉄道 5]
2013年(平成25年) 27,901[JR 16]  
2014年(平成26年) 27,410[JR 17] 10,666[関東鉄道 6]
2015年(平成27年) 28,450[JR 18] 11,081[関東鉄道 7]
2016年(平成28年) 28,068[JR 19] 11,345[関東鉄道 8]
2017年(平成29年) 27,741[JR 1] 11,332[関東鉄道 1]

駅周辺[編集]

駅ビルであるボックスヒル雑居ビル等が見られるが、少し歩けばほとんどが住宅街である。駅周辺は坂が多い。

東側はかつての取手宿であり、歴史的建造物も存在する。取手のもともとの市街地である。1973年(昭和48年)の開店当時は県下最大規模の商業施設であった「カタクラショッピングプラザ」(キーテナントはイトーヨーカドー)があったが、2001年にイトーヨーカドーが撤退。入れ替わりにマルエツダイソーなどが入居したものの衰退に歯止めがかからず、2007年(平成19年)に閉店、解体された。

西側にも、1972年(昭和47年)に開店した西友[5]1985年(昭和60年)10月6日に開店した取手とうきゅうがあったが[6]、西友は1986年(昭和61年)に[7]、取手とうきゅうは2010年(平成22年)8月31日に閉店した[8]

その結果、駅周辺ではボックスヒルが唯一のショッピングビルとなっていたが、2012年(平成24年)12月6日に取手駅西口市街地再開発ビル(旧・取手とうきゅうビル)に、再出店する西友を核テナントとする「リボンとりで」が開業した[8]

南側は利根川堤防に近い。取手競輪場は駅北西にあり徒歩圏内である。

取手市の中心市街地を成しているが、取手市役所(本庁)・取手郵便局は常総線寺原駅が最寄である。当駅周辺にあるのは「取手駅前窓口」と「取手支所」である。

毎年8月第2土曜日に行われる「とりで利根川大花火」開催時、当駅は多くの花火観覧客で賑わう[注釈 5]。開催当日は東口周辺で交通規制がかかる。

東側 取手市取手、台宿、東方面

西側 取手市新町・白山方面

バス路線[編集]

バスは東口と西口のロータリーから発車する。ラッシュ時は市内の住宅団地への路線が頻発するほか、周辺市街への長距離路線や企業の送迎バスも多数発着する。

東口

西口

隣の駅[編集]

東日本旅客鉄道(JR東日本)
JJ 常磐線(快速・中距離列車)
特別快速
柏駅 (JJ 07) - 取手駅 (JJ 10) - 藤代駅
快速・普通(当駅以南「快速」)
天王台駅 (JJ 09) - 取手駅 (JJ 10) - 藤代駅
JL 常磐線(各駅停車)
天王台駅 (JL 31) - 取手駅 (JL 32)
関東鉄道
常総線
快速・普通
取手駅 - 西取手駅

脚注[編集]

[ヘルプ]

記事本文[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 特別快速は中距離列車に含まれる。
  2. ^ 電気設備に関する技術基準を定める省令 第43条 直流の電線路、電車線路及び帰線は、地球磁気観測所又は地球電気観測所に対して観測上の障害を及ぼさないように施設しなければならない。
  3. ^ 非常用の予備灯は常時点灯しているため、「完全消灯」ではない。
  4. ^ 快速通過駅として予定されていた天王台駅は我孫子までの第1期複々線開業時と同時の開業で、当時は緩行線がなかったため快速電車のみを暫定措置として停車させていたが、我孫子-取手間複々線開業の際に快速停車駅とした。
  5. ^ 2014年は当初8月9日開催予定だったが、悪天候により8月11日(月)の開催へ延期された。

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i 曽根悟(監修)『週刊 歴史でめぐる鉄道全路線 公営鉄道・私鉄』21号 関東鉄道・真岡鐵道・首都圏新都市鉄道・流鉄、朝日新聞出版分冊百科編集部(編集)、朝日新聞出版〈週刊朝日百科〉、2011年8月7日、4・9-12頁。
  2. ^ a b 安味伸一 (2014年3月28日). “取手駅西口:「街の顔」様変わり 歩行者デッキ、立体駐輪場、医療ビル完成”. 毎日新聞 (毎日新聞社) 
  3. ^ “「発車ベル」やめます JR東、駆け込み防止で実験へ”. 共同通信. (2018年7月28日). オリジナルの2018年7月28日時点によるアーカイブ。. https://archive.fo/jX8L1 2018年7月28日閲覧。 
  4. ^ 常磐(各駅停車)線 車外スピーカーを使用して発車メロディを流す取り組みについて 2019年3月12日 東日本旅客鉄道株式会社 東京支社
  5. ^ 『セゾンの活動 年表・資料集』セゾングループ史編纂委員会 編、リブロポート、1991年11月1日、[要ページ番号]ISBN 978-4845706266
  6. ^ 『東急ストアのあゆみ』東急ストア 編、東急ストア、1989年、[要ページ番号]
  7. ^ “西友:取手に出店 駅西口前、旧東急ストアのビル 年内開店予定”. 毎日新聞 (毎日新聞社). (2012年8月1日)
  8. ^ a b c “茨城・取手駅前ビルが再オープン 6日、西友など出店”. 朝日新聞 (朝日新聞社). (2012年12月5日) 

利用状況[編集]

JR東日本[編集]

  1. ^ a b 各駅の乗車人員(2017年度)”. 東日本旅客鉄道. 2018年7月6日閲覧。
  2. ^ 各駅の乗車人員(1999年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年3月7日閲覧。
  3. ^ 各駅の乗車人員(2000年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年3月7日閲覧。
  4. ^ 各駅の乗車人員(2001年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年3月7日閲覧。
  5. ^ 各駅の乗車人員(2002年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年3月7日閲覧。
  6. ^ 各駅の乗車人員(2003年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年3月7日閲覧。
  7. ^ 各駅の乗車人員(2004年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年3月7日閲覧。
  8. ^ 各駅の乗車人員(2005年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年3月7日閲覧。
  9. ^ 各駅の乗車人員(2006年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年3月7日閲覧。
  10. ^ 各駅の乗車人員(2007年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年3月7日閲覧。
  11. ^ 各駅の乗車人員(2008年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年3月7日閲覧。
  12. ^ 各駅の乗車人員(2009年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年3月7日閲覧。
  13. ^ 各駅の乗車人員(2010年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年3月7日閲覧。
  14. ^ 各駅の乗車人員(2011年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年3月7日閲覧。
  15. ^ 各駅の乗車人員(2012年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年3月7日閲覧。
  16. ^ 各駅の乗車人員(2013年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年3月7日閲覧。
  17. ^ 各駅の乗車人員(2014年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年3月7日閲覧。
  18. ^ 各駅の乗車人員(2015年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年3月7日閲覧。
  19. ^ 各駅の乗車人員(2016年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年3月7日閲覧。

関東鉄道[編集]

  1. ^ a b 11.運輸 (PDF)”. 平成30年版「統計とりで」. 取手市. p. 94 (2018年12月). 2019年3月7日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年3月7日閲覧。
  2. ^ 12.運輸・通信”. 平成22年版「統計とりで」. 取手市. p. 95 (2010年12月). 2019年3月7日閲覧。
  3. ^ 12.運輸 (PDF)”. 平成23年版「統計とりで」. 取手市. p. 96 (2011年12月). 2019年3月7日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年3月7日閲覧。
  4. ^ 12.運輸 (PDF)”. 平成24年版「統計とりで」. 取手市. p. 98 (2012年12月). 2019年3月7日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年3月7日閲覧。
  5. ^ 12.運輸 (PDF)”. 平成25年版「統計とりで」. 取手市. p. 98 (2013年12月). 2019年3月7日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年3月7日閲覧。
  6. ^ 11.運輸 (PDF)”. 平成27年版「統計とりで」. 取手市. p. 94 (2015年12月). 2019年3月7日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年3月7日閲覧。
  7. ^ 11.運輸 (PDF)”. 平成26年版「統計とりで」. 取手市. p. 94 (2014年12月). 2019年3月7日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年3月7日閲覧。
  8. ^ 11.運輸 (PDF)”. 平成29年版「統計とりで」. 取手市. p. 94 (2017年12月). 2019年3月7日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年3月7日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]