快楽殺人

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

快楽殺人(かいらくさつじん)とは、殺人自体が快楽で、殺人により快楽を得る目的で行う殺人のことである。殺人だけでなく遺体の損壊も含めて快楽を得るために、殺人と遺体損壊を行う場合もある。

快楽殺人の事例[編集]

日本における快楽殺人の事例[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 筑波大学教授(社会精神医学)・小田晋が本事件を「快楽殺人」と指摘している[1]

出典[編集]

  1. ^ a b 読売新聞』1992年1月7日大阪夕刊第二社会面10頁「スナックママ連続殺人 N容疑者、母の死で人生狂う」(読売新聞大阪本社
  2. ^ 中国新聞』1997年2月11日朝刊3頁「H被告初公判の冒陳要旨」「問題にならぬ責任能力 中京大教授・空井健三」(中国新聞社

関連項目[編集]