扇子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
白扇

扇子(せんす)とは、うちわと同じく自分の手で風を送るのに用いる道具。ただし古くは(おうぎ)と呼ぶのが普通であった。「おうぎ」という言葉は「あふぐ」(扇ぐ)の派生形の「あふぎ」であるが、日本語の変化により関連がわかりにくくなった。

形態[編集]

数本から数十本の細長い竹や木で出来た骨を束ねて端の一点(要=かなめ)で固定し、使わないときは折りたたみ、使用時に展開する。骨には大抵和紙が貼られており、展開すると紙を貼られた部分が雁木形の扇面となる。折り畳むことでコンパクトに納めることができる。開閉の方法は、骨を右手親指でずらすように押すことで開く。一般的には右利き用であるが、左利き用も販売されている。また、扇子そのものを振ることで開く方法もある。

扇子を開く角度は、大体90度から180度の間であり、円を三等分した中心角120度前後のものが主流である。扇子を開いた形は、「扇形(おうぎがた、せんけい)」と言い、幾何学の用語にもなっている。このような扇子の形状は、「末広がり」に通ずるので縁起のよいものとされてきた。そのため、めでたい席での引出物としても用いられている。

構成[編集]

骨の材質は、一般的には竹製または木製の物が多く、先端部ほど薄く細くなるテーパ構造になっている。大抵の扇子の骨は細長く、折り畳んだ和紙を張って開くと段になるように展開する。骨組みのうち一番外側の部分(親骨)はとくに太く、内側の骨とは逆に先端部ほど太くなっている。親骨に装飾として塗りや蒔絵などの細工が施されているものもある。また象牙鼈甲なども骨の素材とすることがあるが、これはもっぱら洋扇で使われる。

なお白檀などの香木を平たく削ったものを重ねて作られる扇子があるが、この形式の扇子はすたれ気味であり、紙を貼ったものが主流である。

扇面

あおぐ時に風を送る部位。骨が完全に開ききらないように固定する働きもある。伝統的な扇子では和紙を張るが、合成繊維を貼ったものもある。この扇面に絵を描く必要から、湾曲した形状(いわゆる扇形)の紙に描く、扇絵と呼ばれる日本画の形式が発展した。この扇絵を得意としたのが、俵屋宗達であるといわれている。

かなめ。扇を開く際に根本で止めるもの。扇子の要は、金属やプラスチック、鯨ひげなどで骨を束ねている。この部位が壊れると扇子としての用をなさなくなるため、最も重要な部分である。ここから、「肝心要」の語源となった。

なお、野球で球場を扇に喩えて要に位置し、守備陣の要所となることから捕手を指して扇の要と呼ぶことがある。

せめ。扇を止める帯状の輪。

歴史[編集]

「扇」という漢字は本来軽い扉のことを意味し、そこから転じてうちわのことを言うようになった。うちわは紀元前の中国で用いられたという記録がある。また古代エジプトの壁画にも、王の脇に巨大な羽根うちわを掲げた従者が侍っている図があり[1]日本では利田遺跡(佐賀県)において、うちわの柄が出土した例がある[2]。このようにうちわは文明発祥時から存在するが、木の薄板を重ねたり、また紙を折りたたんで製作する扇は日本で発明されたものである[3]

彩絵檜扇 平安時代、厳島神社蔵。扇を形作る檜の薄板全てに胡粉、さらに雲母を塗り、金銀の箔を散らして絵を描く。児童および婦人用の檜扇である。

最初に現れた扇は30cmほどの長さに2~3cm幅の薄いの板を重ねて作る檜扇と呼ばれるもので、これは奈良時代から平安時代の初期にかけて世に現れたといわれる。紙は貼られておらず、その起りは一説には木簡を束ね一方の端に穴を開け、そこに紐などを通して縛ったものだという。また檜扇のそもそもの用途は開いて煽ぐものではなく、メモ帳として物を書きつけるものであった。のちに檜扇は冬の季節の扇とされた(詳しくは檜扇の項参照)。

その後平安時代の中頃までに、5本または6本の細い骨に紙を貼った蝙蝠扇(かはほりあふぎ)が夏の扇として現れる。これが現在一般に見られる扇の原型であるが、このころの紙貼りの扇は扇面の裏側に骨が露出する形式であった。平安時代には扇はあおぐという役割だけでなく、儀礼や贈答、コミュニケーションの道具としても用いられた。具体的には和歌を書いて贈ったり、花を載せて贈ったりしたことが、源氏物語など、多くの文学作品や歴史書に書かれている。このように扇は涼をとったりもてあそび物にされる一方で、時代が下るにつれ儀礼の道具としても重んじられ、公家武家また一般庶民の別なく、日常や冠婚葬祭での持ち物のひとつとされた。

ほかには、宮中において2組に分かれて扇を持ち合い、その描かれた絵画や材質の優劣を競い合う扇合せという行事が円融天皇天禄4年(973年)に行われたという記録がある。また近世には毎月一日、天皇が三種の神器が安置されている内侍所へ参拝する時の持ち物として、御月扇と称して月毎に末広の扇が絵所より新調されたが、そのほかに表面に古代中国の賢聖、裏面に金銀砂子に草花を描いた賢聖御末広という末広が献上されることもあった。

日本の扇はコンパクトに折り畳めるという利点が高く評価され、中国大陸には北宋の時代に、またその中国を経てヨーロッパにも輸出された。

種類[編集]

『序の舞』昭和11年(1936年) 上村松園
鉄扇
開かないタイプのもの
  • 冬の扇 : 檜扇や中啓。主に儀礼用。中啓は能楽をはじめとする諸芸能でも使われる。古くは10本骨の沈折(しずめおり)の扇も広く用いられ、これは夏冬共用の形式であった(「沈折」については中啓の項参照)。
  • 夏の扇 : 蝙蝠扇。現在一般に市販されている両面貼りの骨の多い扇子も夏の扇である。なお公家の夏の扇は江戸時代に至るも蝙蝠扇と称し、骨が扇の裏面に露出していた。
  • 軍扇 : その昔武将が戦場に携えた扇。その形式は時代によっていくらか相違はあるが、だいたいは骨は黒の塗骨、表は赤地に金の丸で日輪をあらわし、裏は紺色の地に銀で月と星(多くは北斗七星)を描くといったものであった。
  • 鉄扇 : 親骨を鉄製にした扇。鉄の短冊を重ねたもの、また閉じた状態の扇子の形を模しただけで開かない(つまり、扇子の親骨型の鉄塊)鉄扇も存在する。携帯用の護身具、または鍛錬具として用いられる。鍛錬具として用いられるものは、手馴し鉄扇(てならし-てっせん)とも呼ばれる。
  • 舞扇 : 沈折の扇。日本舞踊歌舞伎で使われる。
  • 祝儀扇 : 冠婚葬祭に用いられる扇。一般には男性は白扇、女性には金や銀の扇子だが、用途によって格式が細かく定められており、葬儀に用いられるものは「不祝儀扇(ふしゅうぎ-せん)」とも呼ばれ黒い扇子である。
  • 唐扇(中国扇) : 中国大陸で作られた扇。またその形式を模したもの。日本から輸入された扇はやがて中国でも真似て作られるようになり、日本の扇が骨の片面にだけ紙を貼っていたのを、両面貼りとして骨の数も多くした。現在日本の夏に見られる扇子の多くはこの形式によるものである。また両面貼りの形式は日本にも逆輸入され、室町時代には中啓が現れるに至った。
  • 洋扇 : ヨーロッパで作られた扇。またその形式を模したもの。日本の扇は大航海時代に中国を経由して西洋にまで輸出されて独自の発展を遂げ、17世紀パリには扇を扱う店が150軒を数えるほど、上流階級の女性のコミュニケーションの道具として大流行した。ヨーロッパではレースを貼った洋扇に発展し、孔雀の羽根を用いた扇子も作られた。
  • 羽根扇子 : 羽で飾った洋扇。日本でこれを用いた例は宝塚歌劇に見る事ができる。主に歌劇中の女性貴族の持ち物として用いられ、劇中の華やかさを彩る物となっている。1990年代にはディスコで踊る時に使うのが流行し、ジュリアナ東京でも多く用いられたことからジュリ扇とも呼ばれた。またこの羽根扇子はストリップティーズなどの舞台でも小道具として使われることがある。
  • 飾り扇 : 部屋に飾り物として置く。たいていの場合飾り物としてそれ専用に作られたもの。上にあげたそれぞれの扇の規格に沿って製作してはいないので、たとえば能楽や日本舞踊などで飾り扇を使うことはできない。

ほかには、沖縄では扇面にヤシ科ビロウ(クバ)の葉を使ったクバ扇(くばおーじ)というものがある。

用途[編集]

Obachan with a fan.jpg
  • 風を送る
扇子の主用途。暑いときに、手元で扇子を開いて自ら風を送ることで涼しさを得る目的で扇ぐ。繊細な構造であるため、強い風を送るのには向いていない。成田山などの寺社で護摩を焚く場合には、点火後、扇子を広げて火を扇ぐ所作が見られる。
  • 口を隠す
礼儀として、笑うときに歯が見えないように口の前を覆う。
  • 贈答
古くは江戸時代の正月に、親しい相手に白扇を贈る習慣があった。またほかに儀礼用として、杉原紙1帖に白扇1本をひと組の贈答品にした。現在は能楽で節目の舞台をする時に、出演者や贔屓の方に配る(被き扇)。落語などでも行われる慣習である。かつては販売促進の物品に使われていたこともあったようだが、うちわにその座を追われた格好である。
この他、平安時代などにおける貴族階級で上位の階級の者が、親しい下位階級の者に下賜するときの贈答品としても用いられた。
厳島神社の御神能
  • 芸能・諸芸道における持ち物
能楽・狂言で、また仕舞で用いられる。演目において、またシテ方・ワキ方をはじめとして、それぞれがどのような扇を持つべきかは流派で細かく規定がある。囃子方、地謡方においても、舞台上で開くことはないがそれぞれの流派で決められた扇を持つよう定められている。
日本舞踊においても用いられる。笠や盃など、色々なものに見立てる。(舞扇の項も参照)
歌舞伎の舞台においても扇は必須のものである。特に劇中で「物語」といって以前に起きた事件や出来事を扇を使って物語る場面がある。『熊谷陣屋』の熊谷直実の「物語」が好例。
落語でのうどん蕎麦などを食べるしぐさをする場面で、畳んだ状態での扇子をに見立てて用いる。少し開けて傾け酒を注ぐ銚子を表す。他、場面に応じて、望遠鏡など様々な見立てがなされる。手拭と並んで重要な落語の小道具。噺家の隠語では扇子は(かぜ)と呼ばれる(ちなみに手拭はマンダラ)。
蹴鞠茶道香道においても、実際には開いて煽ぐような事はないが、それぞれ定められた扇を持つ。
  • 挨拶の境
座って挨拶をするときに、胸元から畳んだ状態の扇子を自らの膝前に置き、それを境にするように相手に礼を行う。これは扇子に自他のさかいをつくる結界としての役割をもたせたものである。葬儀の際に喪主に挨拶する場合なども同様に行う。
  • 投扇
投扇興(とうせんきょう)といい、扇子を的に向かって投げ、的を落とす遊びに用いる。技の名前に源氏物語の帖名や百人一首などが用いられる。
  • 弓矢の的
かつては、日の丸の扇子(白地に赤い丸が描かれている)を開いて、弓の的にした事例がある。治承・寿永の乱(源平合戦)での達人といわれた那須与一が、平氏の船の上に掲げられた的である扇の要を射抜いて落とした故事がある。
  • 棋士の思考の際の手すさび 
将棋囲碁の対局時、将棋の棋士囲碁の棋士が考える際に手で開け閉めしていることがある。これは数十手先の着手を読む際に、開閉の単調なリズムが思考へ好影響をもたらすためである。なお扇子の開け閉めは相手にとって雑音として受け取られる場合もあることから、極力自分の考慮時間中に行うことが相手に対する礼節とされている。
  • 張り扇
講談師が講談の最中に、調子取りと音を出すために、釈台を叩く。
  • 人を叩く
落語で自分の頭を叩いたり、踊りの師匠が弟子をたしなめるのに、手ではなく扇子を使って頭を叩く。空中で叩く所作をもって叩いたことにすることもある。(ただし、武士階級では扇子で頭を叩かれる(叩く)行為は非常に屈辱を与える(あるいは受ける)ものとされた。扇子で頭や手足を叩く行為は明治以降に行われるようになったと思われる。)
  • 応援
応援団が和装で声援を送る時、手に「必勝」などの文字が描かれた扇子を振って調子を取る。鉢巻に挿す場合もある。
  • の代用として(贈答時)
扇子に金封をのせてさしだすこともある。このとき要を手前にして、金封をのせ、相手の膝前に要がむくように、転回してさしだす。これは本来盆にのせてさしだすところを扇子で代用するという意味をもつ。
  • 扇子腹
切腹の際、本来は実際に短刀で腹を切るのであるが、次第に形式化して短刀に手をかけた時点で介錯を行うようになり、さらに実際には用いられなくなった短刀は扇子で代用されるようになった。
大きな紙を折り畳んで一方をテープで止めたものは、「ハリセン」と呼ばれ、ドツキ漫才などでツッコミ用に使われる。

家紋[編集]

五本骨扇

日本の家紋の意匠としても用いられ、摺り畳扇を図案化した扇紋(おうぎもん)と板扇を図案化した檜扇紋(ひおうぎもん)がある[4]。扇紋には「五本骨扇」などの骨の数によって表されるものや、より写実的な図案の「雁木扇」や反り返りの付けられた「反り扇」、また、扇の部位を用いた「扇骨(おうぎぼね)」や「地紙(じがみ)」といったものもある。佐竹氏の「佐竹扇」、島原藩の「島原扇」や浅野氏の「浅野扇」などがあり、高崎藩三遊亭の紋である「高崎扇(三つ雁木扇)」は小説などにも出てくる。檜扇紋では、「山崎扇」や「秋田扇」などがある。

文様[編集]

  • 文箱硯箱、染織の意匠としても用いられた。「扇面源氏蒔絵文庫」には文庫の蓋表から側面にかけて、『源氏物語』の一場面が描かれた扇を2面描いている。

扇を名称に含む動植物[編集]

ギャラリー[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 図説、初期王朝時代
  2. ^ 吉野ヶ里遺跡(弥生時代)-出土遺物1
  3. ^ 開閉のできる「扇」が中国発生のものであるという説があるが、根拠はない。日本では檜扇や紙を折りたたんで製作した「扇」については平安時代以降に記録や遺物が存在するが、中国大陸においてはそれ以前にこの開閉式の「扇」があったという確かな記録もなければ遺物も存在しない。それ以前の中国の古文献において見られる「扇」とは、「うちわ」のことである。「扇子」についても同様である。『宋史』日本伝には北宋の端拱元年(988年)、日本の僧奝然が中国に渡った際、そのみやげ物として檜扇と蝙蝠扇すなわち紙を張った扇をもたらしたという記録がある。『大漢和辞典』が引くところの『名物六帖』には「扇」について、「今所謂団扇也、摺扇称扇、則亦甚晩、始于明之中葉」(今いうところの団扇のことである。「摺扇」〈折りたたみのできる扇〉をさして「扇」と称することはずいぶん後になってからのことであり、これはの時代の半ばに始まったことである)としている。諸橋轍次編『大漢和辞典』第五巻「扇」の項ならびに『扇と扇絵』(中村清兄 河原書店、1983年)参照。
  4. ^ 本田總一郎監修『日本の家紋大全』梧桐書院 2008年

関連項目[編集]

外部リンク[編集]