佐竹氏

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
この項目には、JIS X 0213:2004 で規定されている文字(人名『義寘』『義諶』の2文字目)が含まれています(詳細)。
佐竹氏
家紋
さたけおうぎ(ごほんほねおうぎにつきまる)
佐竹扇(五本骨扇に月丸)
本姓 清和源氏義光流
家祖 佐竹昌義
種別 武家
華族侯爵
出身地 常陸国久慈郡佐竹郷[1][注釈 1]
主な根拠地 常陸国太田水戸
出羽国久保田
著名な人物 佐竹秀義
佐竹義重
佐竹義宣
佐竹義敦
佐竹義和
佐竹義堯
佐竹敬久
支流、分家 山入家武家[2]
岡田氏(武家)[3]
岡部氏(武家)[2]
額田氏(武家)[2]
小場氏(武家)[2]
小田野氏(武家)
袋田氏(武家)
古内氏(武家) ほか
凡例 / Category:日本の氏族

佐竹氏(さたけし)は、日本の氏族のひとつ。日本の武家本姓源氏。家系は清和源氏の一家系 河内源氏の流れをくみ、新羅三郎義光を祖とする常陸源氏嫡流武田氏に代表される甲斐源氏と同族である。通字は「」。佐竹氏は家紋として定紋の「扇に月」(一般的には日の丸扇と呼ばれている)の他に、源氏香(花散里)・笹竜胆・佐竹桐・丸に釘貫・丁子巴・鉄線を加えた七つの家紋を「御当家七ッ御紋」としている。源氏から中近世大名、華族として明確な系譜として現代まで残った中ではもっとも大きな流れの一つである。



出自[編集]

佐竹氏は甲斐源氏の一族と同じく源頼義の子で源義家の弟の源義光の子孫である義光流源氏の一族[1]。佐竹氏の初代当主については、新羅三郎義光の子の源義業(常陸源氏祖・進士判官)とする説と、義業の子の源昌義とする説があるが、昌義が常陸国久慈郡佐竹郷(現在の茨城県常陸太田市稲木町周辺、旧佐竹村)に住み地名にちなんで「佐竹」を名乗ったことから昌義を初代当主とする説が一般的である。家名については、常陸太田市にある佐竹寺で昌義が節が1つしかないを見つけ、これを瑞兆とし、佐竹氏を称したという話が伝わっている。

平安時代から鎌倉時代[編集]

平安時代の後期には、佐竹氏は既に奥七郡と呼ばれる多珂郡・久慈東郡・久慈西郡・佐都東郡・佐都西郡・那珂東郡・那珂西郡など常陸北部七郡を支配し[1]、常陸に強い勢力を持つ常陸平氏の一族大掾氏との姻戚関係をもとに強い勢力基盤を築いていた。また、中央では伊勢平氏と、東国では奥州藤原氏と結び、常陸南部にも積極的に介入するなど常陸の有力な豪族としての地位を確立していた。

治承・寿永の乱においては、佐竹氏は平家に与したために源頼朝によって所領を没収された[4]。後に頼朝に従って奥州合戦に加わった[5]。その際に無地の白旗を持参したところ、頼朝の旗と等しかったことから紛らわしいとの理由で、を白旗の上に付けるよう命じられた[6]。この扇はを描いており、以後、佐竹氏は家紋として「扇に月」(一般的には日の丸扇と呼ばれている)を用いることになる[6]

鎌倉時代においては、奥七郡への支配権は宇佐見氏伊賀氏二階堂氏などに奪われ、後に北条氏などがそれらの郡の地頭職を獲得し、佐竹氏は不遇の時代を過ごすことになる。

常陸佐竹氏[編集]

南北朝・室町時代[編集]

元弘の乱を経て南北朝時代になると、佐竹氏第8代当主貞義および第9代当主義篤は早々に足利氏に呼応して北朝方に属し[7]小田氏白河結城氏といった関東における南朝方勢力と争う。室町幕府が樹立すると、これらの功績から守護職に任ぜられ、やがて幕府の関東出先機関である鎌倉府の重鎮として活躍した。また、貞義の息子の一人である師義は足利将軍家の直属の家来である京都扶持衆に選ばれ佐竹山入家(山入流佐竹氏)を興した。

義篤の孫で第11代当主義盛の時代、第3代鎌倉公方の足利満兼より関東の8つの有力武家に屋形号が与えられ関東八屋形の格式が制定されると、佐竹氏もこのひとつに列せられた。以後、佐竹氏の当主は「お屋形さま」の尊称をもって称された。

しかし、佐竹氏は先述のように鎌倉公方を主君としたことから足利将軍家と鎌倉公方の争いに巻き込まれることも少なくなかった。室町時代中期、佐竹氏宗家当主の佐竹義盛に男子がなかったことから、藤原北家勧修寺流の流れをくむ関東管領上杉氏より佐竹義人婿養子に迎えられて第12代当主となる[7]。佐竹氏の庶家で佐竹の男系の血筋を引く佐竹山入家はこれに反発し、宗家に反旗を翻すことになった。佐竹山入家が室町幕府と結んで佐竹宗家の常陸守護職を奪い山入の乱(山入一揆)を起こしたこと、さらには、名目上傘下にあったものの実際には独立勢力であった大掾氏那珂氏(後の江戸氏)の存在などもあったことから、佐竹氏の勢力基盤は脆弱であったと言える。こうした内紛もあり、戦国時代に突入した後も佐竹氏の常陸統一は困難を極め、戦国大名化も遅れた。

戦国時代[編集]

戦国時代になると、佐竹氏第15代当主で「中興の祖」と呼ばれた義舜が現れ[7]、佐竹山入家を討ち、佐竹氏の統一を成し遂げ常陸北部の制圧に成功した。しかし、相変わらず江戸氏は不穏な動きを続け、また関東の制覇を目指す北条氏の侵攻などもあって、常陸統一は非常に困難な状況にあった。

義舜の曾孫で佐竹氏第18代当主の義重は、「鬼義重」の異名をとる名将であった。義重の時代に佐竹氏は江戸氏や小田氏などを次々と破り、常陸の大半を支配下に置くことに成功し、佐竹氏を戦国大名として飛躍させた[7]

甲斐武田氏と同盟し(甲佐同盟)、北条氏とは天正12年(1584年)に沼尻(現在の栃木県栃木市)で対決した(沼尻の合戦)。また、奥州南部にも進出し、白河結城氏を下し、石川氏岩城氏などを影響下に置き、三春城田村氏と対抗する中で奥州国人の盟主たる地位を確立しつつあった。このため、義重の正室の甥にあたる伊達政宗と対立し、義重は蘆名氏や二階堂氏、岩城氏らと同盟を結んで、奥州覇権を狙う政宗と天正13年(1585年)人取橋(現在の福島県本宮市)で対決した(人取橋の戦い)。佐竹方は3万の大軍を率い、伊達方の10倍近い兵力をもってこれを攻め、伊達方に多大な被害を与えたが、一夜にして撤退を余儀なくされ、結果として伊達方の奥州覇権を強める契機となる。

しかし義重は戦国時代を通じて領国を拡大し、子の義宣の時代には豊臣秀吉小田原征伐に参陣して、秀吉の太閤検地の結果、常陸54万5800石の大名として認められた(ただし、常陸国内でも土浦城下館城一帯は結城氏の所領とされた)。

義宣は秀吉の権威を背景に常陸南部に割拠する大掾氏配下の国人たち(いわゆる南方三十三館、主として鹿行二郡の塚原氏・行方氏・卜部氏・麻生氏・鹿島氏など万石未満の土豪)を討伐するなど領主権力の強化を進めることとなる[8][7][9]。 そして、水戸城江戸重通は小田原征伐に参陣しなかったために所領を没収され、佐竹氏は居城を太田城から水戸城に移した。

慶長5年(1600年)、義宣は関ヶ原の戦いにおいて家中での意見がまとまらずに中立的な態度を取った。戦後処理は翌年にはほぼ終了し、慶長7年(1602年)の3月に義宣は上洛し伏見城徳川家康に拝謁している。ところが5月8日、家康から突然出羽国への国替えを命じられ、7月27日付で石高の明示・内示もなく秋田仙北へと転封された[10]。関ヶ原の戦いにおいて、家康を追撃する密約を上杉景勝と結んでいたことが発覚したためと言われている。また徳川氏の本拠地である江戸に近い佐竹氏は、同族の多賀谷領・岩城領・相馬領も勢力圏であり実質80万石以上と目された上、合戦に直接参加していないため軍団が無傷で残っており、脅威であった。こうして佐竹氏は平安時代後期以来の先祖伝来の地である常陸を去った[2]

処遇の際、細川忠興が「大大名の佐竹氏には出羽一国でなければ家臣を賄いきれず変事が起きるかもしれない」と進言したが、徳川家康の側近だった本多正信正純親子に「出羽一国を与えるのでは常陸と変わらないから半国でよし」と決められてしまった[10]。後に政争に負けた正純が失脚したとき(宇都宮城釣天井事件)、幕府は正純の身柄を佐竹氏に預け、出羽横手への流罪とした。佐竹氏に取って仇がある相手であるため恩情をかけることはないと考えたのだろう[要出典]。正純は横手城の一角でさびしく生涯を終えたという。

江戸時代以降[編集]

江戸時代を通じて久保田藩を支配する外様大名として存続した。転封時点で明示されていなかった石高は、寛文4年(1664年)4月2日付で20万5,800石と決定された(実高40万石)。うち5,800石は、慶長10年(1605年)10月17日に追加で与えられた下野国河内郡都賀郡の飛び地11ヶ村分である[11]

元禄14年(1701年)に佐竹氏第21代当主で久保田藩第3代藩主の義処は弟の義長に2万石を、甥の義都に1万石を分与し、久保田新田藩として立藩させた(新田分知のため久保田藩の石高に変化はなし)。そのうち、佐竹義都を初代藩主とする久保田新田藩は、享保17年(1732年)に義都の子の義堅が久保田藩第5代藩主の義峯の嗣子となったために廃藩となり、封地は久保田藩に還付された。一方、義長を初代藩主とする久保田新田藩は、歴代藩主が壱岐守に叙せられたので佐竹壱岐守家とも呼ばれ、明治2年(1869年)に岩崎藩と改称した。

明治17年(1884年)、佐竹氏第30代、第32代当主で旧・久保田藩主の義堯侯爵[12]、佐竹壱岐守家(旧・久保田新田藩)の当主の義理子爵に叙せられ[12]、明治22年(1889年)には佐竹壱岐守家の出身で義堯の養子となり一時的に宗家を相続した義脩男爵に叙せられた。なお、家臣であった佐竹四家(東西南北家)に関しては、明治33年(1900年)に佐竹西家の佐竹義遵、佐竹南家の佐竹義雄、および佐竹北家の佐竹義尚が、明治39年(1906年)に佐竹東家の佐竹義準がいずれも男爵に叙せられた。東洋製作所の元社長の佐竹義利は佐竹東家の出身であり、現在の秋田県知事佐竹敬久は佐竹北家の出身である。

なお、佐竹氏宗家(旧久保田藩主)が伯爵ではなく侯爵とされたのは戊辰戦争において新政府軍に加わったためとする説があるが[要出典]実際のところは久保田藩の石高が表高に対して実高が多かったためである[要出典]

京都佐竹氏(山入家)[編集]

佐竹貞義の息子の一人である師義は足利将軍家の直属の家来となり佐竹宗家とは別の佐竹家を興した。常陸山入に主な拠点があったため俗に山入家とよばれているが当家自身は佐竹氏を称し続けた。

息子の与義の勢力は佐竹宗家を追い抜き将軍家の京都扶持衆に選ばれ、この与義の子孫が代々この身分を継承した。

以降、義郷ー祐義ー義知ー義真ー義藤ー氏義ー義盛と続いたが義盛のとき佐竹宗家の計略にはまり滅亡した。

与義および祐義は足利幕府より常陸守護に任命されているため、山入家のほうが正統な佐竹氏であるという見解も存在する[要出典]

しかし実際には室町時代の佐竹氏は二流に分かれていたと理解するほうが良いようである[要出典]

歴代当主[編集]

  1. 佐竹昌義
  2. 佐竹隆義
  3. 佐竹秀義
  4. 佐竹義重
  5. 佐竹長義
  6. 佐竹義胤
  7. 佐竹行義
  8. 佐竹貞義
  9. 佐竹義篤
  10. 佐竹義宣
  11. 佐竹義盛
  12. 佐竹義人 - (関東管領上杉憲定の次男で婿養子正室は義盛の娘の源姫)
  13. 佐竹義俊 - (生母は源姫)
  14. 佐竹義治
  15. 佐竹義舜
  16. 佐竹義篤
  17. 佐竹義昭
  18. 佐竹義重
  19. 佐竹義宣
  20. 佐竹義隆 - (義宣弟岩城貞隆長男
  21. 佐竹義処
  22. 佐竹義格
  23. 佐竹義峯 - (義処弟佐竹義長次男)
  24. 佐竹義真 - (義処兄佐竹義寘曾孫)
  25. 佐竹義明 - (佐竹義道長男、生母は義峯の妹の明鏡院正室は義峯の娘)
  26. 佐竹義敦 - (生母は義峯の娘)
  27. 佐竹義和
  28. 佐竹義厚
  29. 佐竹義睦
  30. 佐竹義堯 - (相馬益胤三男で義処の直系子孫)
  31. 佐竹義脩 - (義堯弟佐竹義諶長男
  32. 佐竹義堯 - (再継承)
  33. 佐竹義生
  34. 佐竹義春
  35. 佐竹義栄
  36. 佐竹孝 - (大給松平家田野口藩)の一族、大給恒の系統)

◎佐竹義重ー女子(高倉永慶室)ー永敦ー永重ー永房ー女子(園基衡室)ー基理ー基茂ー基祥ー祥子(明治天皇側室)ー允子内親王(朝香宮鳩彦王妃)ー湛子女王(大給義龍室)ー佐竹孝ー基博

◎佐竹義重ー女子(高倉永慶室)ー永敦ー永重ー女子(園基香室)ー基衡ー基理ー基茂ー基祥ー祥子(明治天皇側室)ー允子内親王(朝香宮鳩彦王妃)─湛子女王(大給義龍室)ー佐竹孝ー基博

佐竹義重 ― 女子(高倉永慶室)― 高倉永敦滋野井公澄正親町三条実彦 ― 公積 ― 実同 ― 綱子(中山忠頼室)― 中山忠能 ― 慶子(孝明天皇妃)― 明治天皇 ─ 允子内親王朝香宮鳩彦王妃) ─ 湛子女王大給義龍室) ─ 佐竹孝

系譜[編集]

凡例 太字は当主、太線は実子、細線は養子

  源頼義河内源氏流)
  ┣━━━━┳━━━━┓
  源義家  源義綱  源義光
  ┏━━━━━━━━━╋━━━━━━━━━┳━━━━━━━━┳━━━━━━━━━┓
  源義業(常陸源氏祖)源実光   源義清甲斐源氏祖)   源盛義信濃源氏祖)    岡田親義
  ┣━━━━━━━━━━━━━┳━━━━━━━━━┓
 佐竹昌義1               山本義定            行義          
  ┣━━━━━┳━━━┓     ┣━━━━┓
 大掾忠義   隆義2  義宗 山本義経  柏木義兼
        ┣━━━━━┳━━━━┓
        秀義3   佐竹義政 佐竹秀繁
        ┃
        義重4
        ┣━━━━━┳━━━━━┓
        長義5    額田義直  岡部義綱
        ┃
        義胤6
        ┃
        行義7 
        ┃
        貞義8
        ┣━━━━━━┳━━━━━━┓
        義篤9     小瀬義春  師義
   ┏━━━━┫      ┏━━━━━┫
 小場義躬   義宣10     言義  与義
   ┃     ┣━━━━━┓       ┣━━━━━┳━━━━━┓
 小場惟義   義盛11    義有     義郷  祐義  小田野自義
   ┃     |                ┃      ┣━━━━┓
 小場義信   義人12上杉氏より)    義信  義知 義真
   ┃    ┣━━━━━┓        ┃      ┃
 小場義実   義俊13    実定     高柿久高  義藤
   ┃    ┃      ┃        ┃      ┃
 小場義忠   義治14    義実     高柿康信  氏義
        ┣━━━━━━━━━━━━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
        義舜15              義信(北家)                    政義(東家)    
   ┏━━━━╋━━━━┳━━━━┓    ┣━━━━━━━━━━━━━━┓      ┃
 今宮永義   義篤16 部垂義元    義里  義住             義廉     義堅
        ┃                             ┃   ┏━━┫
        義昭17                          義斯  義喬 義久
        ┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓  ┃     ┃
        義重18                           義尚 義憲    義賢
  ┏━━━━━╋━━━┳━━━━┳━━━━┳━━━┓       ┃
  義宣19 蘆名義広 岩城貞隆 岩城宣隆  義直 女子高倉永慶室  義種
        ┃   ┃      ┏━━━━━━╋━━━━┓  ┃
      蘆名盛俊   義隆20   高倉永敦    義隣    義寛 義章
  ┏━━━━━━━━━╋━━━━━┓       ┣━━━━┓  ┣━━━━━━━┓
  義寘式部少輔家義処21   義長壱岐守家義明     義秀 光聚院義隆室)義著
  ┃   ┏━━━┳━┻━┓   ┣━━━┓        ┃
  義都  義苗  相馬叙胤 義格22 義峯23 明鏡院義道室)  義本
  ┃       ┃       ┃            ┃
  義堅     相馬徳胤     女子(義明室)      義道義長養子)
  ┃       ┃                    ┣━━━━━━━━┳━━┳━━━┓
  義真24     相馬恕胤                    義明25      義敏 義忠 蜂須賀重喜
          ┃                     ┣━━━━┓   ┃  ┃
         相馬祥胤                  義敦26  義方  義祇 義恭
  ┏━━━━━━━┫                    ┃    ┃   ┃  ┃
 相馬樹胤    相馬益胤                  義和27 那須資礼 義知 義純
  ┏━━━━━━━┻━━━━━━━━━┳━━━━━━┓   ┃
 相馬充胤               義堯30/32   義諶  義厚28
  ┣━━━━┳━━━━┓       ┃      ┃   ┃
 相馬誠胤  義理  相馬順胤     義生33     義脩31 義睦29
  ┃  (義諶養子)  ┃       ┣━━┳━━┓
 織田信恒      相馬孟胤     義春34義通 義勝
                    ┃
                    義栄35
                    ┠──┐
                    義忠  36大給松平氏より)
                       ┣━━━┓
                       基博  章博

配下武将[編集]

常陸守護職 佐竹家臣団(直臣団)[編集]

以下、佐竹氏の直臣・陪臣として活躍した武家の一覧[注釈 2]

陪臣[編集]

佐竹氏一門 佐竹東家家臣
  • 安島氏
  • 飯嶋氏
  • 大縄氏
  • 小貫氏
  • 国安氏
  • 関氏
  • 高村氏
  • 人見氏
常陸守護代 小野崎氏家臣
  • 赤須氏
常陸守護代 江戸氏家臣
  • 安島氏
  • 飯嶋氏
  • 打越氏
  • 大高氏
  • 小田野氏
  • 佐川氏
  • 立原氏
  • 茅根氏
佐竹氏庶流 小野岡氏家臣
  • 梶山氏
  • 立原氏
佐竹氏庶流・頃藤城主 小川家家臣
  • 神長氏
  • 清水氏
羽黒城主 向氏家臣
大橋城主 茅根氏家臣
真壁城主 真壁氏家臣
旧小田城主 小田氏

その他[編集]

氏姓
神社
寺社

脚注[編集]

注釈[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 佐竹村、現・茨城県常陸太田市佐竹地区。佐竹寺、佐竹南台(天神林町、もとの天神林村)、佐竹小学校谷河原町、旧・谷河原村)、佐竹高等学校稲木町、旧・稲木村)、佐竹郵便局磯部町、旧・佐都荘磯部村)の地域。
  2. ^ 主に(常陸太田市史編さん委員会編 1982, p. [要ページ番号])などに基づく。

出典[編集]

  1. ^ a b c 太田 1934, p. 2603.
  2. ^ a b c d e 太田 1934, p. 2610.
  3. ^ 太田 1934, p. 2609.
  4. ^ 太田 1934, pp. 2603-2604.
  5. ^ 太田 1934, p. 2604.
  6. ^ a b 太田 1934, pp. 2604,2609.
  7. ^ a b c d e 太田 1934, p. 2605.
  8. ^ 藤木久志 1964, p. [要ページ番号].
  9. ^ 太田 1934, p. 2606.
  10. ^ a b 渡部 1992, p. 35.
  11. ^ 渡部 1992, pp. 37-38.
  12. ^ a b 太田 1934, p. 2611.

参考文献[編集]

この節には、JIS X 0213:2004 で規定されている文字(人名『七宮涬三』の3文字目)が含まれています(詳細)。

関連項目[編集]

関連施設・文物
関連氏族・人物

外部リンク[編集]