千田稔 (歴史地理学者)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

千田 稔(せんだ みのる、1942年10月3日 - )は、日本の地理学者。専攻は歴史地理学

奈良県立図書情報館館長、帝塚山大学特別客員教授、国際日本文化研究センター名誉教授。1992年に文学博士京都大学)。奈良県出身。

略歴[編集]

  • 1966年 - 京都大学文学部卒業
  • 1970年 - 京都大学大学院文学研究科地理学専攻博士課程中退
  • 1970年 - 追手門学院大学文学部講師
  • 1975年 - 追手門学院大学文学部助教授
  • 1976年 - 奈良女子大学文学部助教授
  • 1989年 - 奈良女子大学文学部教授
  • 1992年 - 京都大学 文学博士 「古代日本の歴史地理学的研究 」
  • 1995年 - 国際日本文化研究センター教授
  • 2008年 - 同定年退職
  • 2011年 - 帝塚山大学特別客員教授

学外における役職[編集]

奈良県立図書情報館館長、平城遷都1300年記念事業協会理事、人文地理学会会長(2002年11月 - 2006年10月)

受賞歴[編集]

  • 1994年、古代日本の歴史地理学的研究についての業績により、浜田青陵賞を受賞。
  • 2007年、奈良新聞文化賞を受賞。

著書[編集]

単著[編集]

  • 『埋れた港』(学生社、1974年/『埋もれた港』 小学館ライブラリー、2001年)
  • 『飛鳥のの古道―古景巡礼―(風土と歴史をあるく)』(そしえて、1984年)
  • 『鬼神への鎮魂歌―謎の藤ノ木古墳と聖徳太子―(古代を検証する)』(学習研究社、1990年)
  • 『宮都の風光―唐文明の導入―』(角川書店、1990年)
  • 『うずまきは語る―迷宮のへの求心性―』(福武書店、1991年)
  • 『古代日本の歴史地理学的研究』(岩波書店、1991年)
  • 『風景の構図―地理的素描―』(地人書房、1992年)
  • 『天平の僧 行基―異能僧をめぐる土地と人々―』(中公新書、1994年)
  • 『風景の考古学』(地人書房、1996年)
  • 平城京の風景―人物と史跡でたどる青丹よし奈良の都―(古代三都を歩く)』(文英堂、1997年)
  • 『王権の海』(角川選書、1998年)
  • 『高千穂幻想―「国家」を背負った背景―』(PHP新書、1999年)
  • 邪馬台国と古代日本』(NHKブックス、2000年)
  • 飛鳥―水の王朝―』(中公新書、2001年)
  • 『地名の巨人吉田東伍―大日本地名辞書の誕生―』(角川叢書、2003年)
  • 『古代日本の王権空間』(吉川弘文館、2004年)
  • 伊勢神宮―東アジアのアマテラス―』(中公新書、2005年)
  • 地球儀の社会史―愛しくも、物憂げな球体』(ナカニシヤ出版、2005年)
  • 『古代の風景へ』(東方出版、2007年)
  • 『平城京遷都 女帝・皇后と「ヤマト」の時代』(中公新書、2008年)
  • 『飛鳥の覇者-推古朝と斉明朝の時代』(文英堂、2011年)
  • 『こまやかな文明・日本』(NTT出版、2011年)
  • 『まほろばの国から1』(飛鳥書房、2012年)
  • 古事記の奈良大和路』(東方出版、2012年)
  • 『古事記の宇宙(コスモス)-神と自然-』(中公新書、2013年)
  • 『古代天皇誌』(東方出版、2016年)
  • 『カラー版 古代飛鳥を歩く』(中公新書、2016年)
  • 聖徳太子と斑鳩三寺 人をあるく』(吉川弘文館、2016年)
  • 『奈良・大和を愛したあなたへ』(東方出版、2017年)

共著[編集]

編著[編集]

  • 『環シナ海文化と古代日本』(人文書院、1990年)
  • 『海の古代史―東アジア地中海考』(角川選書、2002年)
  • 『アジアの時代の地理学―伝統と変革』(古今書院、2008年)
  • 『関西を創造する』(和泉書院、2008年)

共編著[編集]

  • (金子裕之)『飛鳥・藤原京の謎を掘る』(文英堂、2000年)
  • 宇野隆夫)『の考古学』(東方出版、2001年)
  • (前田良一、内田忠賢)『風景の辞典』(古今書院、2001年)
  • (宇野隆夫)『東アジアと『半島空間』―山東半島と遼東半島』(思文閣出版、2003年)
  • (本多健一、飯塚隆藤、鈴木耕太郎)『京都 まちかど遺産めぐり なにげない風景から歴史を読み取る』(ナカニシヤ出版、2014年)

監修[編集]

  • 『別冊太陽日本のこころ 平城京』 (平凡社、2009年12月)
  • 『図説 地図とあらすじでわかる!邪馬台国』(青春新書INTELLIGENCE、2010年)
  • 『古代日本のルーツに迫る!聖徳太子』(青春新書INTELLIGENCE、2010年)
  • フジテレビ系列にて放送されたテレビドラマ鹿男あをによし』の歴史監修を担当した。

関連項目[編集]