松浦詮

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
 
松浦詮
Matsuura Akira.jpg
松浦詮
時代 江戸時代後期 - 明治時代
生誕 天保11年10月18日1840年11月11日
死没 明治41年(1908年4月13日
墓所 染井霊園
官位 従五位下肥前守
幕府 江戸幕府
主君 徳川家茂慶喜明治天皇
肥前平戸藩
氏族 松浦氏
父母 父:松浦秋、母:大賀氏
養父:松浦曜
正室:松浦晧の娘
継室:青山幸哉の娘・澄子
稲葉正縄佐竹義準大隈信常本多正復井上勝純、宣子、逸子、都子、正子、冏子
テンプレートを表示
松浦詮
まつら あきら
生年月日 1840年11月11日
没年月日 (1908-04-13) 1908年4月13日(67歳没)
前職 宮内省御用掛
称号 旭日中綬章
大日本帝国憲法発布記念章
従三位
勲四等旭日小綬章
配偶者 松浦澄子
子女 長男・松浦厚
三男・稲葉正縄
四男・佐竹義準
五男・大隈信常
六男・本多正復
八男・井上勝純
親族 娘婿・前田利嗣(貴族院議員)

テンプレートを表示

松浦 詮(まつら あきら)は、江戸時代後期の大名。肥前国平戸藩の第12代(最後)の藩主。官位従五位下肥前守松浦家37代当主、茶人。書家麝香間祗候伯爵

略歴[編集]

松浦秋(第10代藩主・松浦熈の三男。母は政野氏)の長男。幼名は朝吉、朝吉郎、源三郎。嘉永2年(1849年)11月24日、伯父で先代藩主の松浦曜の養子となる。安政2年(1855年)8月15日、将軍徳川家定御目見する。同年12月16日、従五位下・肥前守に叙任する。安政5年(1858年)9月10日、家督を相続する。慶応4年(1868年)1月8日、上洛し、新政府側に属する。

明治2年(1869年)4月、版籍奉還にともなって知藩事に就任する。同年4月、従四位下に昇進する。明治3年(1870年)4月26日、上局副議長に就任する。同年9月、正四位に昇進する。明治4年(1871年)7月、廃藩置県により、知藩事を免職となる。その後、宮内省御用掛となる。明治17年(1884年)7月、伯爵となる。明治23年(1890年)7月10日、貴族院議員に当選[1]、3期務めた。後に正二位勲二等に叙される。

明治13年(1880年)、現在の長崎県立猶興館高等学校の基礎となる猶興書院を設立する。明治31年(1898年)、在京の華族、知名士等と輪番茶事グループ「和敬会」を設立する。会員は詮(心月庵)のほか、青地幾次郎(湛海)・石黒忠悳(况翁)伊藤雋吉(宗幽)伊東祐麿(玄遠)・岩見鑑造(葎叟)・岡崎惟素(淵冲)・金澤三右衛門(蒼夫)・戸塚文海(市隠)東胤城(素雲)東久世通禧(古帆)久松勝成(忍叟)・松浦恒(無塵、詮の親戚)・三田葆光(櫨園)・三井高弘(松籟)安田善次郎(松翁)の以上16人(後に益田孝(鈍翁)高橋義雄(箒庵)が入会)で、世に「十六羅漢」と呼ばれた。

第4代平戸藩主・松浦鎮信(天祥)が興した武家茶道の流派である鎮信流石州流鎮信派)の家元でもあった。婦女子教育の一環としての茶道を女子学習院日本女子大学その他の学校で指導した。

死後、染井霊園に埋葬された。

長崎県平戸市にある松浦史料博物館は、詮の旧邸を改装したものである。

栄典[編集]

位階
勲章等

系譜[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 『議会制度百年史 - 貴族院・参議院議員名鑑』29頁。
  2. ^ 『官報』第1351号「叙任及辞令」1887年12月28日。
  3. ^ 『官報』第610号「賞勲叙任」1885年7月14日。
  4. ^ 『官報』第1929号「叙任及辞令」1889年12月2日。
  5. ^ 『官報』第7272号「叙任及辞令」1907年9月23日。

参考文献[編集]

  • 衆議院・参議院編『議会制度百年史 - 貴族院・参議院議員名鑑』大蔵省印刷局、1990年。


日本の爵位
先代:
叙爵
伯爵
平戸松浦家初代
1884年 - 1908年
次代:
松浦厚