二階堂頼綱

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
 
二階堂頼綱
時代 鎌倉時代中期
生誕 延応元年(1239年
死没 弘安6年10月24日1283年11月14日
官位 従五位下、左衛門尉下総守
幕府 鎌倉幕府 引付衆 評定衆 政所執事
氏族 藤原南家乙麻呂二階堂氏
父母 父:二階堂行綱
兄弟 行経、頼綱、盛綱、行景、行貞、政雄、宗綱、光綱、女
貞綱、景綱
テンプレートを表示

二階堂 頼綱(にかいどう よりつな)は、鎌倉時代中期の御家人鎌倉幕府政所執事

生涯[編集]

延応元年(1239年)政所執事二階堂行綱の次男として生まれる。長子が夭折したため嫡男として育った。文永6年(1269年)検非違使の任と左衛門尉に叙される。文永11年(1274年)下総守となり建治元年(1275年)引付衆に加わる。建治3年(1278年)伊豆で伊豆権現の宗徒が争乱を起こすと、評定衆三善倫経とともに伊豆に赴き鎮撫に当たった[1]。その後弘安4年(1281年)父行綱の死去に伴って政所執事となり、翌年には評定衆となった。

弘安6年(1283年)10月24日死去。享年45。政所執事は叔父の二階堂行忠が後継した[2]

経歴[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 「建治三年記」、『史料総覧』5編905冊222頁
  2. ^ 「関東評定伝」、『史料総覧』5編905冊285頁
  3. ^ 「系図纂要」、『史料総覧』5編905冊264頁
  4. ^ a b c d 「関東評定伝」、『史料総覧』5編905冊259頁
  5. ^ 『日本人名大辞典』
  6. ^ 「関東評定伝」、『史料総覧』5編905冊264頁

関連資料[編集]

  • 東京大学史料編纂所 大日本史料総合データベース『史料総覧』