源義業

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
 
源義業
時代 平安時代後期
生誕 治暦3年(1067年
死没 長承2年2月27日1133年4月4日
別名 義成、進士判官、刑部太郎
官位 左衛門尉相模従五位下
氏族 河内源氏常陸源氏
父母 父:源義光
兄弟 義業義清盛義親義
平清幹の娘(平成幹の妹)
佐竹昌義山本義定義経の父)、
進士行義證玄(僧)、
石川有光

源 義業(みなもと の よしなり)は、平安時代後期の河内源氏の流れを汲む常陸源氏武将源義光の嫡男。佐竹氏の祖。佐竹義業とも呼ばれる。はじめは義成と称した。

佐竹氏を称したのは子の昌義であるが、実質的な佐竹氏初代。父・義光を助け、源義光流の発展に寄与した。

承暦元年(1077年) 源義光の嫡男として誕生。寛治元年(1087年)、 義光が後三年の役に参戦し、官職を解任される。嘉承元年(1106年)、 父とともに、従兄の源義国と関東において合戦をする。天仁2年(1109年) 、 義兄(妻の兄)鹿島三郎成幹源氏の棟梁で従兄の源義忠を暗殺する。元永元年(1118年)、 孫で佐竹氏二代となる佐竹隆義が生まれる。長承2年(1133年) 病没。

常陸源氏の創生[編集]

義業がこの地に勢力を据えることができた理由は、母および彼の妻がこの地の有力豪族、常陸平氏吉田清幹成幹の父)の娘であったことによる。義業と清幹の娘との間に生まれた昌義佐竹氏の初代となる。

佐竹氏の由来は常陸国久慈郡佐竹郷(現在の茨城県常陸太田市)に本拠を構えたことによる。

参考文献[編集]

関連項目[編集]