源親義

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
 
源親義
時代 平安時代後期
生誕 不詳
死没 寿永2年(1183年
別名 岡田親義、通称:刑部五郎、岡田冠者
官位 左衛門尉
氏族 河内源氏
父母 父:源義光
兄弟 義業実光義清盛義親義祐義覚義
岡田重義岡田久義
テンプレートを表示

源 親義(みなもと の ちかよし)は、平安時代後期の武将源義光の五男。岡田親義とも呼ばれる。通称は刑部五郎あるいは岡田冠者

生涯[編集]

仕官を求めて上洛後、左衛門尉となった。保元元年(1156年)に平野神社領(のちに岩清水八幡宮領)であった信濃国筑摩郡岡田郷の浅間神社領の荘官として下向し、岡田冠者と称した。

治承4年(1180年)に以仁王の令旨での指名を受け、同族の源義仲の重臣として、子の太郎重義小次郎久義を率いて挙兵した。会田・麻績の戦いや横田河原の戦いで信濃の平氏軍を破るが、寿永2年(1183年)に越中国倶利伽羅峠の戦いで、平知度と相打ちとなり戦死した。

その一方、『寛政重脩諸家譜』774頁に記されているおなじ義光流で甥の佐竹昌義(義業の子)の三男で同姓同名の岡田親義も木曾義仲に従い、倶利伽羅峠の戦いで戦死したと述べており、義光の子の岡田冠者親義と混同されている見方もある。

参考文献[編集]