猿田氏

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

猿田氏(さるたし)は日本氏族ひとつ。下総国常陸国上野国羽後国などにあったという[1]

概要[編集]

猿田という氏族は複数あり、“さた”と読ませるものもある。

常陸国の猿田氏[編集]

常陸守護 佐竹氏に仕える佐竹家中の衆に猿田彦九郎の名ありという[2]

秋田藩士 猿田氏[編集]

また、佐竹氏の秋田転封に随行した家系として、猿田忠季の系統がある。忠季、佐竹氏の秋田転封に随行してはじめて出羽国平鹿郡横手に住まい、足軽奉公をし、大阪の陣にも従軍するという[3]

系譜 忠季―忠光―甚左衛門忠広―十蔵忠央

また、佐竹氏の家臣として秋田藩士となった武士に猿田光政がいる。慶長の頃、光政は浪人をしていたが、弟・仁左衛門ともども召しだされるという[3]

系譜 光政―光成―光年―光武

尊王志士・義民として活動した猿田氏[編集]

その他[編集]

水谷の家号を用いる一族に猿田御所なる名跡を持つ系統があり、陸奥国磐城郡猿田[注釈 1]に居住していた。下総結城氏に嗣子なかったことがあり、この猿田御所から養子を出したが、後に子が生まれたため、廃嫡の代償として長沼12郷、伊佐33郷を与えられた[1]。ちなみに、古河公方足利成氏の次男の氏盛は磐城郡水谷に居住していたが後に結城氏の養子となったといい、伝承が符合しているが、太田亮によると信憑性は低いという[8]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 現在もいわき市内に猿田という地名はいくつもある。
  1. ^ a b c d e 太田 1934b, p. 2713.
  2. ^ 大内 1991, p. 106.
  3. ^ a b 秋田県公文書館編 2001, p. 175.
  4. ^ 明田鉄男編 1986, p. 227.
  5. ^ 明田鉄男編 1986, p. 237.
  6. ^ 明田鉄男編 1986, p. 359.
  7. ^ 明田鉄男編 1986, p. 217.
  8. ^ 太田 1934c, p. 5817.

参照文献[編集]

関連項目[編集]