佐竹義祇

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
この項目に含まれる文字は、オペレーティングシステムブラウザなどの環境により表示が異なります。

佐竹 義祇(さたけ よしもと、宝暦9年(1759年)- 寛政5年9月19日1793年10月23日))は、出羽秋田新田藩(岩崎藩)の第4代藩主。第2代藩主・佐竹義道の次男・佐竹義敏の長男として生まれる。母は木暮氏。通称は栄之助。官位は従五位下壱岐守。正室は相馬恕胤の娘(離婚)、継室は能見松平親盈の娘。子は義知(長男)など二男二女がある。

宝暦9年(1759年)、もしくは宝暦11年(1761年)9月6日生まれと言われている。父・義敏は祖父・義道の嫡子であったものの、秋田新田藩佐竹家の家督を相続することなく死去し、叔父・義忠が家督を相続した。明和元年(1764年)5月18日、義忠の養嗣子となった。安永2年(1773年)4月1日、将軍徳川家治御目見した。安永9年(1780年)11月7日、養父・義忠の隠居により跡を継いだ。同年12月18日、従五位下壱岐守に叙任した。寛政5年(1793年)9月19日(または9月22日)に死去し、跡を長男の義知が継いだ。享年35。法号は泰量院殿月相瑞円。墓所は東京都板橋区小豆沢の総泉寺。