佐竹義忠

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

佐竹 義忠(さたけ よしただ、享保15年9月15日1730年10月26日) - 天明7年9月24日1787年11月3日))は、出羽秋田新田藩岩崎藩)の第3代藩主。第2代藩主・佐竹義道の三男。母は初代藩主・佐竹義長の娘・明鏡院。幼名は富之助。通称は多宮。官位は従五位下壱岐守、播磨守。正室はいない。子に長男・佐竹義恭(よしゆき、6代藩主義純の父)と娘(青木一貞正室)がある。

長兄の義明が本家の藩主となり、次兄の義敏は早世したため、宝暦13年(1763年)3月29日に父・義道の嫡子になった。同年4月15日、将軍徳川家治御目見した。同年5月14日、父の隠居により跡を継いだ。同年12月9日、従五位下壱岐守に叙任された。隠居後、播磨守に遷任された。安永9年(1780年)11月7日、養嗣子の義祇(義敏の子で甥にあたる)に家督を譲って隠居し、天明7年(1787年)9月24日に死去した。法号は観量院法性賢融。墓所は東京都板橋区小豆沢の総泉寺。