佐竹義理

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
佐竹義理

佐竹 義理(さたけ よしただ(よしさとの説もある)、安政5年9月4日1858年10月10日) - 大正3年(1914年4月26日)は、出羽秋田新田藩(岩崎藩)の第9代(最後)の藩主。陸奥相馬中村藩主・相馬充胤の三男。正室は佐竹義堯の娘。幼名は常丸。子に佐竹義立佐竹義種

慶応2年(1866年)2月1日、秋田新田藩主佐竹義諶との養子縁組の話が持ち込まれる。同年2月5日、中村を出発、同年2月13日、江戸の中村藩邸に到着。同年3月2日、秋田新田藩主佐竹義諶の養子となる。佐竹義理は佐竹義諶の甥に当たる。同年3月28日、江戸の秋田新田藩邸に移る。戊辰戦争では養父義諶と行動を共にした。そのため、戦後に恩賞として2000両を与えられた。明治2年(1869年)5月25日、養父義諶の隠居により家督を継ぐ。同年6月に版籍奉還知藩事となり、居館を岩崎村(湯沢市)に移して藩を岩崎藩と改めた。明治4年(1871年)、廃藩置県で免官された。

明治9年(1876年)9月、司法省から法学生徒を命じられた。明治10年1月、病気を理由に法学生徒を辞退する。明治17年(1884年)7月、子爵を授けられた。同年7月、学習院別則研修科を卒業。明治23年(1890年)7月、貴族院議員に選ばれた。また。国光生命保険会社社長となり、実業家として活躍した。大正3年(1914年)4月26日、57歳で死去。墓所は東京都板橋区小豆沢3丁目の総泉寺にある。

栄典[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『官報』第522号「叙任及辞令」1914年4月28日。
日本の爵位
先代:
叙爵
子爵
佐竹家(岩崎家)初代
1884年 - 1914年
次代:
佐竹義種