蜂須賀正韶

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
蜂須賀 正韶
はちすか まさあき
Mr. Masaaki Hachisuka, heir of Marquis Hachisuka.jpg
生年月日 1871年4月27日
明治4年3月8日
出生地 阿波国徳島
没年月日 1932年昭和7年)12月31日
出身校 ケンブリッジ大学トリニティ・カレッジ
称号 侯爵
配偶者 蜂須賀筆子
親族 蜂須賀茂韶(父)
徳川慶喜(岳父)
蜂須賀正氏(長男)

テンプレートを表示

蜂須賀 正韶(はちすか まさあき、明治4年3月8日1871年4月27日) - 昭和7年(1932年12月31日)は、日本の政治家、侯爵阿波蜂須賀家第17代当主。

生涯[編集]

万年山墓所の正韶夫妻の墓

阿波徳島藩最後の藩主(第14代)・蜂須賀茂韶の長男として徳島南浜邸に生まれる。幼名は鶴松。

1886年渡英。1890年にケンブリッジ大学トリニティ・カレッジへ入学、1895年学士号(普通学位)を取得し卒業した[1]。 帰国後、宮内省の式部官兼主猟官、皇后主事などを歴任。

1895年徳川慶喜四女の筆子と結婚。1896年年子が誕生。年子のほかには笛子、小枝子がいる。1903年、長男・正氏誕生。

1918年、父茂韶の死去により、家督を相続した。それにともない、貴族院議員になった。1924年1月16日、前任の侯爵黒田長成の勇退を受け、貴族院副議長に就任する。1931年1月15日、麝香間祗候を仰せ付けられた[2]

息子の正氏を大政治家に育てようと夢見ていたが、実現することなく、脳溢血で死去。享年62。死後には約100万円の負債が残された。

墓所は徳島県徳島市万年山墓所

栄典・授章・授賞[編集]

位階
勲章等
外国勲章佩用允許

系譜[編集]

脚注[編集]

  1. ^ "Hachisuka, Masa Aki. (HCSK890MA)". A Cambridge Alumni Database (in English). University of Cambridge.
  2. ^ 『官報』第1212号、昭和6年1月16日。
  3. ^ 『官報』第1351号「叙任及辞令」1887年12月28日。
  4. ^ a b c d e f g h i j k 元貴族院副議長侯爵蜂須賀正韶叙勲ノ件』 アジア歴史資料センター Ref.A10113085400 
  5. ^ 『官報』第6135号「叙任及辞令」1903年12月12日。
  6. ^ 『官報』第4134号「叙任及辞令」1926年6月5日。
  7. ^ 『官報』第1804号「叙任及辞令」1933年1月7日。
  8. ^ 『官報』第3449号「叙任及辞令」1924年2月25日。
  9. ^ 『官報』第1499号・付録「辞令二」1931年12月28日。
  10. ^ 『官報』第3068号「敍任及辞令・二」1937年3月27日。
  11. ^ 『官報』第7600号「叙任及辞令」1908年10月24日。
  12. ^ 『官報』第7732号「叙任及辞令」1909年4月8日。


日本の爵位
先代:
蜂須賀茂韶
侯爵
蜂須賀家第2代
1918年 - 1932年
次代:
蜂須賀正氏