藤木久志

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
藤木 久志
ふじき ひさし
人物情報
生誕 1933年10月27日
新潟県東蒲原郡上川村
死没 2019年9月28日
神奈川県鎌倉市
出身校 新潟大学東北大学
学問
研究分野 日本史
研究機関 新潟大学、東北大学、群馬工業高等専門学校聖心女子大学立教大学帝京大学
主な指導学生 清水克行
学位 文学博士
特筆すべき概念 惣無事令
主要な作品 『豊臣平和令と戦国社会』(1985年)
テンプレートを表示

藤木 久志(ふじき ひさし、1933年10月27日 - 2019年9月28日)は、日本歴史学者立教大学名誉教授[1]。専門は日本中世史[2]東北大学文学博士[3]

人物・経歴[編集]

1933年10月27日[4]新潟県東蒲原郡上川村出身[2]。敗戦後に加茂市へ転居した[5]1956年新潟大学人文学部卒業[6][7]。当初は英語を学ぶことを考えていたが、井上鋭夫による日本史の講義に面白みを感じたため、歴史学の専門課程に進んで師事した[5]1963年東北大学大学院文学研究科博士課程修了[6][7]。その後、アカデミックポストを得るまでは読売新聞社中央公論社が刊行していた歴史全集の編集に携わった[8]。また、集英社角川書店ではゴーストライターも担当していた[8]

1966年から1968年まで群馬工業高等専門学校専任講師[7]。1968年から1969年まで聖心女子大学文学部歴史社会学科専任講師[7]。1969年から1972年まで同学部助教授[7]。1972年から1975年まで立教大学文学部助教授[7]。1975年から1999年まで同学部教授[7]1978年から1980年まで立教大学史学科長[7]1985年から1987年まで立教大学大学院文学研究科史学専攻主任[7]1986年、「豊臣平和令と戦国社会」で東北大学文学博士[9]1988年から1989年まで立教大学史学会会長[7]。1999年から2004年まで帝京大学文学部教授[10]

2019年9月28日、敗血症のため神奈川県鎌倉市の病院で死去した[11]。85歳没。

戦国時代の民衆史を専門としており、立教大学時代の教え子には、山梨県立中央高等学校教諭の平山優や、明治大学教授の清水克行などがいる[12]。また、護憲派としても運動していた。

門下生 [編集]

研究業績[編集]

惣無事令をはじめとする「豊臣平和令」という概念を提唱し、織豊期の新しい歴史像を打ち出したことで有名である[15]。また、刀狩によって徹底的に民衆の武装が解除されたという従来の説に対して異を唱え[16]、武具を所持すること自体は認めつつも戦闘における使用を禁じようとしたものであると主張した[17]

藤木の研究内容について、同じ団地で暮らしていたこともあり親交が深かった東京都立大学 (1949-2011)名誉教授峰岸純夫は、「中近世の過渡期にあたる戦国時代を対象に一般の人々に焦点をあてた点が特筆される」と評価した[18]朝日新聞編集委員の宮代栄一は、「それまで大名研究が中心だった戦国時代史に、村落やそこに暮らす百姓の視点を持ち込んだ斬新さと、緻密な分析力は他に類を見ないものだった」と述べている[18]

著作についての評価[編集]

山室恭子は藤木の著書『豊臣平和令と戦国社会』について、藤木の惣無事令論について秀吉側の正義に信を置きすぎており、大義名分を秀吉の真意と受け取るのは政治史の解釈として無邪気に過ぎると批判し[19]、「喧嘩停止令」の解釈についても裏付けが不足していて迫力に欠けるとする[20]。さらに「刀狩令」の理解については「本書の中においてひと際傑出した部分」で「おそらく従来の教科書説明のすべてに書き換えを迫ることになろう」と評価しつつも、刀狩令にはそもそも法の真意など初めから盛り込まれていなかったと切り捨てている[21]。また、朝鮮戦役を惣無事令の論理でとらえるのは過激で大きな疑念をはらむものと批判し、秀吉の目指していた平和の中身をそもそも惣無事令の体制として見てよいのかと疑念を呈している[22]

以上のように山室は『豊臣平和令と戦国社会』の内容に疑問を抱きつつも、本書は「紛れもない名著」であり[23]「ふかい感動に襲われる」と絶賛している[22]。そして中近世「移行期の研究に巨歩を印したこの名著に、もう一度熱い拍手を贈りたい」と称賛と共に書評を締めくくっている[24]

一方、2005年刊行の『刀狩り : 武器を封印した民衆』では、その時空をも超越した、あまりにも飛躍した発想・論理は同業の研究者を驚かせ[25]、無自覚な歴史の改竄を批判されている[26]

著作[編集]

学位論文[編集]

  • 「豊臣平和令と戦国社会」、東北大学〈博士学位論文(乙第4289号)〉、1986年7月10日、 NAID 500000005583

単著[編集]

編著[編集]

共編著[編集]

脚注[編集]

  1. ^ “藤木久志さん死去”. 朝日新聞. (2019年9月29日). https://www.asahi.com/articles/DA3S14197857.html 2019年9月29日閲覧。 
  2. ^ a b “(人生の贈りもの)歴史研究者・藤木久志:1 戦国の合戦は壮大な救済事業だった”. 朝日新聞: 夕刊4面. (2010年3月1日) 
  3. ^ 豊臣平和令と戦国社会”. 東北大学機関リポジトリTOUR. 東北大学. 2019年10月1日閲覧。
  4. ^ 読売年鑑 2018年版』読売新聞東京本社、2018年3月、373頁。ISBN 978-4643180015NCID BN02257976
  5. ^ a b “(人生の贈りもの)歴史研究者・藤木久志:2 村暮らしの無名な人々を甦らせたい”. 朝日新聞: 夕刊4面. (2010年3月2日) 
  6. ^ a b 藤木 久志”. 吉川弘文館 (2018年7月). 2019年10月1日閲覧。
  7. ^ a b c d e f g h i j 立教大学史学会委員会「藤木久志先生の略歴と著作目録」『史苑』第59巻第2号、立教大学史学会、1999年3月、 137-154頁、 NAID 110009209518
  8. ^ a b “(人生の贈りもの)歴史研究者・藤木久志:5 現代は新たな戦国時代、自力が必要”. 朝日新聞: 夕刊5面. (2010年3月5日) 
  9. ^ 豊臣平和令と戦国社会”. CiNii Dissertations. 2019年9月29日閲覧。
  10. ^ 藤木久志 (ふじきひさし)”. ヨミダス歴史館. 読売新聞社. 2019年10月22日閲覧。
  11. ^ “藤木久志氏死去”. 大分合同新聞. (2019年9月29日). https://www.oita-press.co.jp/1002000000/2019/09/29/NP2019092901001416 2019年10月3日閲覧。 
  12. ^ 清水克行の仕事場”. web中公新書. 中央公論新社 (2018年6月15日). 2019年12月21日閲覧。
  13. ^ 『戦国時代の荘園制と村落』1998年、365頁
  14. ^ 『室町社会の騒擾と秩序』2004年、331頁
  15. ^ 竹井英文「秀吉が命じた「惣無事」とは何だったのか」『秀吉研究の最前線 : ここまでわかった「天下人」の実像』日本史史料研究会編、洋泉社〈歴史新書y 55〉、2015年8月。ISBN 978-4800307101NCID BB19435258
  16. ^ 新書で歴史を読む 第1回 清水克行さん(明治大学教授)”. B面の岩波新書. 岩波書店 (2018年3月22日). 2019年12月21日閲覧。
  17. ^ 河合敦もうすぐ変わる日本史の教科書河出書房新社〈KAWADE夢文庫 K1076〉、2017年10月。ISBN 978-4309499765NCID BB25072137
  18. ^ a b 歴史学者・藤木久志さんを悼む 百姓の視点で新たな戦国史”. 好書好日. 朝日新聞社 (2019年10月12日). 2019年10月22日閲覧。
  19. ^ 山村恭子 「藤木久志著『豊臣平和令と戦国社会』」 『史学雑誌』95巻1号 史学会 1986年、90‐91頁。
  20. ^ 山室、1986年、91‐92頁。
  21. ^ 山室、1986年、93‐94頁。
  22. ^ a b 山室、1986年、95頁。
  23. ^ 山室、1986年、89頁。
  24. ^ 山室、1986年、96頁。
  25. ^ 畑中敏之 「書評 藤木久志 著 『刀狩り -武器を封印した民衆』岩波新書,2005年8月」 『立命館経済学』55巻1号 立命館大学経済学会、2006年5月、79頁。
  26. ^ 畑中、2006年、83頁。