織田信恒

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
織田 信恒
おだ のぶつね
Nobutsune oda.jpg
生年月日 (1889-08-03) 1889年8月3日
出生地 大日本帝国の旗 東京府
没年月日 (1967-05-20) 1967年5月20日(77歳没)
死没地 日本の旗 日本東京都世田谷区
出身校 京都帝国大学法科大学卒業
前職 鉄道大臣秘書官
現職 財団法人安達峰一郎記念館理事長
所属政党 研究会
称号 従三位勲二等子爵
配偶者 織田栄子
親族 織田信敏(養父)

選挙区 伯子男爵議員
当選回数 3回
在任期間 1928年7月26日 - 1947年5月2日
テンプレートを表示

織田 信恒(おだ のぶつね、1889年明治22年〉8月3日[1] - 1967年昭和42年〉5月20日[1])は、日本政治家実業家漫画原作者貴族院議員爵位子爵。筆名は織田 小星(おだ しょうせい)。漫画正チャンの冒険』の原案・文を作った[1]織田信正織田信昭の父。

生涯[編集]

1889年明治22年)8月3日、もと相馬中村藩藩主の子爵相馬誠胤の長男として東京府に生まれる。生母は東明氏。初名は相馬秀胤(そうま ひでたね)。1895年(明治28年)6月、もと天童藩藩主の子爵織田信敏の養嗣子となる[1]1901年(明治34年)7月1日、養父信敏の死去により襲爵。学習院高等科 (旧制)を経て、1915年大正4年)に京都帝国大学法科大学政治学科を卒業し、日本銀行に入行した。1920年(大正9年)に商工業視察のため欧米や中国を旅行するが、特にヨーロッパ漫遊中に目にした子供新聞や子供雑誌に影響を受ける。

帰国後は日銀を退職し、1922年(大正11年)に朝日新聞社に入社。巌谷小波とかねて温めていた子供新聞の発行について相談し、巌谷の紹介で1923年(大正12年)にアサヒグラフ局員となり、『日刊アサヒグラフ』の子供ページ欄を担当することになる。そこで企画したのが『正チャンの冒険』で、自ら原作と文章を担当した。挿絵には樺島勝一を起用して連載が開始された。『正チャンの冒険』は、ふきだしを最初に採用した漫画であり[1]、主人公がかぶっていた「正チャン帽」は大流行した[1]

大正期には有馬頼寧岡部長景の主催する信愛会に参加し、労働者のための夜学校・信愛中等夜学校の設立に関わる。また、有馬や近衛文麿らの運営する新進華族の会合「十一会」に参加した。1926年(大正15年)、鉄道大臣秘書官に任官。1928年昭和3年)7月26日貴族院議員補欠選挙で当選。貴族院では研究会に所属し、1947年(昭和22年)5月2日の貴族院廃止まで議員を務めた。濱口内閣外務参与官齋藤内閣農林政務次官に就任。1937年(昭和12年)には硫安販売取締役会長となる。ほかにも静岡電気鉄道社長やNHK理事などを歴任した。

戦後、内閣の(旧)観光事業審議会委員、京浜急行電鉄取締役・監査役、京浜自動車工業社長などを歴任。また、川崎さいか屋取締役、財団法人安達峰一郎記念館理事長なども務めた。1967年(昭和42年)5月20日午後4時、心筋梗塞のため東京都世田谷区代田四丁目3番24号の自宅で死去[2]。77歳没。勲二等瑞宝章

栄典[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f 日外アソシエーツ[2003: 89-90]
  2. ^ 『朝日新聞』1967年5月21日付朝刊、12版、15面。
  3. ^ 『官報』第1499号・付録「辞令二」1931年12月28日。

参考文献[編集]

  • 華族会館 『華族家庭録(昭和11年12月調)』 華族会館、1937年、187頁。
  • 『華族名簿(昭和18年7月1日現在)』 華族会館、1943年、52頁。
  • 華族大鑑刊行会 『華族大鑑』 日本図書センター、1990年、253頁。
  • まんがseek・日外アソシエーツ編集部共編 『漫画家人名事典』 日外アソシエーツ、2003年、89-90頁。ISBN 978-4816917608


日本の爵位
先代:
織田信敏
子爵
天童織田家第2代
1901年 - 1947年
次代:
華族制度廃止