遠藤氏

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
遠藤氏
家紋
亀甲に花菱
本姓 藤原式家百川流?
藤原南家?
嵯峨源氏渡辺氏流?
桓武平氏千葉氏流?
/越智姓河野氏流
家祖 遠藤為方?
種別 武家
華族子爵
主な根拠地 美濃国
近江国
凡例 / Category:日本の氏族

遠藤氏(えんどうし)は、日本氏族武士の家系。江戸時代には譜代大名家や旗本となった。

概要[編集]

遠藤氏は、千葉氏の庶流東氏下総国東荘より移ったときにこれに従い、美濃国に入った。

室町時代東常慶の娘婿であった遠藤盛数は、兄の胤好が常慶の子で当主の常堯に殺されたことから、常堯を攻めて東氏から家督を奪い、以後は遠藤氏が東氏の家督も継承した。一方で家督を奪われた常慶の子の東常堯飛騨内ヶ島氏理の庇護を受けたものの、天正大地震内ヶ島氏と運命を共にした。その後、遠藤氏は郡上八幡城を本拠とし郡上一円を支配した。

盛数の子で常慶の外孫である遠藤慶隆戦国時代安土桃山時代を乗り切り、江戸時代には美濃八幡藩主となり、その後子孫は近江三上藩(滋賀県野洲市)へ移封されて存続した。最後の藩主である遠藤胤城明治維新後に縁のある東姓に改姓し、子爵を授けられている。

系譜[編集]

  • 実線は実子、破線は養子。
遠藤盛胤
[注釈 1]
 
 
 
 
胤好東常慶
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
胤縁盛数
 
 
 
常尭
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
胤俊胤基胤重慶隆慶胤慶直見性院?三木自綱
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
胤基和田
五郎左衛門
胤直慶勝清洲
 
 
 
 
 
 
森直綱
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
胤直慶利
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
常友常昭常紀
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
亀之助常春常就虎之助常英
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
常久胤貞常之常実
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
胤親胤明織部富三郎縁福川窪信友常住
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
胤将胤充胤忠常益縁福金之丞常寿
 
 
 
常郷
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
胤忠
 
 
 
常寿常章常徳大蔵
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
吉次郎胤寿胤相胤富
 
 
 
 
胤統
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
胤昌亀若東胤城
 
 
 
 
東胤城
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
胤禄常任

注釈[編集]

  1. ^ 系譜では東常縁の末子とされているが、近年では東常縁の家臣であったという見方が有力である。

関連項目[編集]