遠藤胤親

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
 
遠藤胤親
時代 江戸時代前期 - 中期
生誕 天和3年5月14日1683年6月8日
死没 享保20年3月2日1735年3月25日
改名 数馬(幼名)→遠藤胤親
戒名 宝地院殿釈素吟浄賢大居士
墓所 東京都台東区上野の東叡山勧善院
官位 従五位下、下野守→但馬
幕府 江戸幕府
近江国三上藩
氏族 白須氏戸田氏遠藤氏
父母 父:白須政休、母:小谷忠栄の娘
養父:戸田氏成
正室:酒井忠予の娘、継室:増山正弥の娘
側室:久松氏、田所氏、保科氏、落合氏
胤将胤充胤忠、娘(小堀政展正室)
テンプレートを表示

遠藤 胤親(えんどう たねちか)は、近江三上藩の初代藩主。徳川綱吉の側室・お伝の方(瑞春院)の甥にあたる。

生涯[編集]

天和3年(1683年)5月14日、将軍徳川綱吉の側室・お伝の方(瑞春院)の妹と旗本白須政休の長男として生まれる。幼名は数馬。

元禄5年(1692年)3月に八幡藩遠藤常久が7歳で死去したことにより、遠藤家は無嗣改易となった。

幕府では遠藤家の祖先の功績などを考慮して、白須数馬を5月に一旦遠藤家親族の美濃大垣新田藩主・戸田氏成の養子にした上でさらに遠藤家の養子(転養子)とし、常陸下野国内で1万石を与えて、大名遠藤家の再興を認めた。遠藤家とは全く無関係の白須数馬が選ばれたことなどに、血縁者を大名としたい瑞春院、もしくは瑞春院を利用して改易撤回という無理筋を通そうとした何者かの工作があったことが推測される。

元禄11年(1698年)3月7日、胤親は所領を近江4郡に移され、三上藩が立藩し初代藩主となる。宝永6年(1709年)3月7日に従五位下・下野守に叙位・任官する。宝永7年(1710年)に朝鮮通信使の饗応役を務め、その後も江戸城馬場先門番・和田倉門番・一橋御門番などを務めた。享保8年(1723年)12月18日に但馬守に遷任する。

享保18年(1733年)9月25日、家督を長男の胤将に譲って隠居する。

享保20年(1735年)3月2日に死去した。享年53。

関連系図[編集]

 
遠藤慶隆
 
清洲
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
遠藤慶利
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
森直綱
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
遠藤常友
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
遠藤常春
 
遠藤常久
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
戸田氏信
 
 
戸田氏西
 
戸田氏定
 
戸田氏長
 
戸田氏英
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
戸田氏成
 
 
 
 
 
 
松平武元
 
戸田氏教
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
白須政休
 
 
 
 
 
 
 
遠藤胤将
 
 
 
 
 
 
遠藤胤統
 
遠藤(東)胤城
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
遠藤胤親
 
 
遠藤胤忠
 
遠藤胤富
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
お伝の方の妹
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
お伝の方
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

脚注[編集]

[ヘルプ]