遠藤常友

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
 
遠藤常友
Enndō Tsunetomo.jpg
遠藤常友像(乗性寺蔵)
時代 江戸時代前期
生誕 寛永5年7月16日1628年8月15日
死没 延宝4年5月4日1676年6月15日
改名 慶澄・常季
官位 従五位下備前
幕府 江戸幕府
主君 徳川家光家綱
美濃八幡藩
氏族 遠藤氏
父母 父:遠藤慶利、母:板倉重宗の娘
兄弟 常友常昭常紀、娘(小笠原貞信継室)
正室:戸田氏信の娘
常春(次男)、娘(石川総乗正室)、娘(蒔田定次正室)、慶紀(遠藤内記)

遠藤 常友(えんどう つねとも)は、美濃八幡藩の第3代藩主。三上藩遠藤家3代。第2代藩主・遠藤慶利の長男。母は板倉重宗の娘。正室は戸田氏信の娘。側室もいた。慶澄・常季とも名乗った。

生涯[編集]

正保3年(1646年)に父の死去で家督を継ぐと、常友と名乗った。このとき、弟の常昭常紀に2000石と1000石を分与している。この2人の系統は旗本として明治維新まで存続した。藩政においては新田奉行を設置して新田開発に努め、居城の規模拡大や城下町の建設に尽力した。文化的にも優れた人物で、歌道の嗜みがあり、先祖東常縁の歌を編集して『常縁集』を編纂した。能楽や絵画などにも造詣が深かった。

慶安4年(1651年)、大坂加番に任じられた。 寛文7年(1667年)に城を大改修し、郡上八幡藩遠藤氏は「城主格」から正式な「城主」として遇されることとなった。

しかし晩年には二日町騒動、名主騒動などが起こって、藩政は多難を極めた。延宝4年(1676年)5月4日、49歳で死去し、跡を次男の常春が継いだ。