松平頼亮

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

松平 頼亮(まつだいら よりあきら、延享元年4月7日1744年5月18日) - 享和元年9月8日1801年10月15日))は、陸奥守山藩の第3代藩主。水戸支流頼元系松平家4代。守山藩2代藩主・松平頼寛の三男。母は側室益田氏。

正室は松平頼順水戸藩主・徳川宗堯の長男)の娘。子は松平頼孝(長男)、松平頼慎(次男)、武田信典(三男)、由良貞靖(四男)、知久頼衍(五男)、伴(秋月種徳婚約者のち小笠原貞温継室)、都(佐竹義知正室)。官位は従四位下、大学頭、侍従。

嫡子だった兄・頼篤が夭折し、嫡子となる。宝暦13年(1763年)、父の死により家督を相続した。藩財政の立て直しのため、安永3年(1774年)に矢野庄兵衛を郡奉行に任命して農村人口の減少防止、他の領への奉公人規制、風俗取締、博奕禁止などに当たらせた他、倹約令を定めた[1]

享和元年(1801年)死去し、次男・頼慎が後を継いだ。

脚注[編集]

  1. ^ 工藤寛正 編『徳川・松平一族の事典』東京堂出版、2009年