小笠原貞温

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

小笠原 貞温(おがさわら さだあつ、明和3年10月11日1766年11月13日)- 文政5年2月15日1822年4月6日))は、豊前小倉新田藩(千束藩)の第4代藩主。第3代藩主・小笠原貞顕の三男。母は小笠原長庸の娘・鍋姫。正室は仙石政辰の娘、継室は水戸支流松平頼亮の娘。側室に本田氏。子は小笠原貞哲(長男)、小笠原啓吉(次男)。

江戸にて生まれる。天明2年(1782年)6月1日、将軍徳川家治に拝謁する。同年8月19日、父貞顕の隠居により家督を継いだ。同年12月16日、従五位下近江守に叙任する。天明5年9月、日光祭礼奉行を命じられる。寛政2年(1790年)6月17日、大番頭に就任する。寛政12年8月17日、奏者番に就任する。文化2年(1805年)12月22日、西の丸若年寄に就任する。文化9年(1812年)4月4日、本丸若年寄となる。

文政5年(1822年)2月15日、57歳で死去し、跡を長男・貞哲が継いだ。墓所は東京都台東区松が谷の海禅寺。