小笠原真方

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

小笠原 真方(おがさわら さねかた、慶安5年4月20日1652年5月27日)- 宝永6年7月5日1709年8月10日))は、豊前小倉新田藩(千束藩)の初代藩主。

豊前小倉藩主・小笠原忠真の四男。母は永貞院。正室は黒田長興の娘。官位は従五位下、備後守、備中守。幼名は千助。

寛文11年(1671年)9月23日、兄の小倉藩主・小笠原忠雄より1万石を分与されて、支藩である小倉新田藩を立藩した。しかし藩政においては家老、並びに本家の小倉藩によって執り行なわれた上、自身は領地に赴かずに篠崎館に住んだので篠崎殿と称された。

宝永6年(1709年)7月5日、参勤交代で船により帰国途中の讃岐国小豆島の坂手浦において、暴風雨のために船が遭難し、溺死した。享年58。跡を甥で養嗣子の貞通が継いだ。墓所は北九州市小倉南区開善寺