小笠原貞正

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
 
小笠原 貞正
Ogasawara Sadamasa.jpg
時代 江戸時代後期(幕末) - 明治時代
生誕 天保11年10月27日1840年11月20日
死没 明治39年(1906年3月21日
改名 錦次郎(幼名)、貞正
官位 従五位下、近江
幕府 江戸幕府
豊前小倉新田藩(千束藩)主
氏族 小笠原氏
父母 父:小笠原信学、母:織田信陽の娘
養父:小笠原貞寧
正室:小笠原啓吉の娘
継室:小笠原啓吉の娘
養子:貞規

小笠原 貞正(おがさわら さだまさ)は、豊前小倉新田藩(千束藩)の第9代(最後)の藩主。

生涯[編集]

天保11年(1840年)10月27日、7000石を領した大身旗本小笠原信学の次男として江戸で生まれる。安政3年(1856年)6月6日、第8代小倉新田藩主・小笠原貞寧隠居したため、その養子となって家督を継いだ。同年6月25日、将軍徳川家定に拝謁する。同年12月16日、従五位下近江守に叙任する。安政5年2月2日、大坂加番を命じられる。

文久元年(1861年)7月9日、大番頭に就任する。文久3年(1863年)4月19日には大坂の警備を任じられたが、9月4日に辞任する。慶応元年(1865年)に本家小倉藩の藩主・小笠原忠幹が早世し、跡を継いだ忠忱が幼少であったため、貞正がその後見人として補佐を務めた。同年11月9日、長州征討に際し、幕府から500俵を賜る。本藩とともに長州藩と戦うものの、敗北を重ね、熊本藩領に避難する。慶応2年10月5日、熊本藩の長岡護美に書状を送り、長州藩との休戦の仲立ちもしくは兵の援助を願う。

明治2年(1869年)6月、藩庁を上毛郡千束に移したため、千束藩となる。同年6月24日、版籍奉還により千束藩知事となった。明治4年(1871年)7月14日の廃藩置県で免職となる。

明治5年(1872年)5月28日、隠居し、養子貞規(実父加藤明軌)に家督を譲った。その後、官位も返上している。明治39年(1906年)3月21日に死去した。享年67。