小笠原貞通

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

小笠原 貞通(おがさわら さだみち、貞享3年5月2日1686年6月22日)- 延享4年1月5日1747年2月14日))は、豊前小倉新田藩(千束藩)の第2代藩主。豊前小倉藩主・小笠原忠雄の三男。母は浅野光晟の娘・久姫(長寿院)。正室は伊東長救の娘。側室に藤井氏。子は小笠原定政(次男)、小笠原貞顕(六男)、縫姫(裏松祐光室、のち宮本貞弼養女)、娘(五島盛峰正室、のち小笠原長之室)。官位は従五位下。近江守。幼名は任次郎。

江戸にて生まれる。元禄13年(1700年)、叔父で先代藩主の真方の養嗣子となる。宝永6年(1709年)に養父が讃岐にて溺死したため、その跡を継いだ。正室の伊東氏とは仲が悪く、わずか2年で離別したが、側室の藤井氏との間は仲が良く、8男7女という子女に恵まれている。最初は次男・定政を世子に選んでいたが、元文4年(1739年6月12日に早世したため、六男・貞顕を新たに世子とした。

延享4年(1747年)正月5日、小倉にて死去し、跡を貞顕が継いだ。法号は曹渓院殿安窓徹心。墓所は北九州市小倉北区開善寺