小笠原貞顕

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

小笠原 貞顕(おがさわら さだあき、享保19年10月17日1734年11月12日)- 享和2年2月20日1802年3月23日))は、豊前小倉新田藩(千束藩)の第3代藩主。第2代藩主・小笠原貞通の六男。母は側室藤井氏。正室は小笠原長庸の娘。子に小笠原貞温(三男)、宮本貞則(四男)、小笠原貞幹(五男)、娘(小笠原長為正室)、娘(高木忠任室)、娘(松下之矩正室)。官位は従五位下、備後守、弾正少弼、備中守。幼名は亀之助。

江戸にて生まれる。延享4年(1747年)、父の死去により跡を継いだ。大坂加番などを勤めた後の天明2年(1782年)8月19日、三男・貞温に家督を譲って隠居し、享和2年(1802年)2月20日に69歳で死去した。墓所は北九州市小倉北区開善寺