伊東長救

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
 
伊東 長救
時代 江戸時代前期 - 中期
生誕 寛文2年4月11日1662年5月28日
死没 延享2年9月20日1745年10月15日
改名 長救、浄山(法名)
戒名 節翁院義功浄山
墓所 東京都豊島区駒込の高林寺
官位 従五位下、播磨
幕府 江戸幕府
備中岡田藩
氏族 伊東氏
父母 父:伊東長貞、母:大久保教勝の娘
正室:木下俊長の娘、側室:堀田氏
娘(小笠原貞通正室のち武田信胤正室)
長丘長煕(四男)、娘(岡部長威正室)、
娘(池田長興正室)、娘(松平正方正室
テンプレートを表示

伊東 長救(いとう ながひら)は、備中岡田藩の第5代藩主。第4代藩主・伊東長貞の長男。

元禄6年(1693年)、父の死去により家督を継いだ。享保2年(1717年)、税や賦役の負担軽減を求めての新本義民騒動が起こった。長救はこの訴えを聞き入れる代わりに、騒動の指導者4人を処刑している。そして、自身もこの騒動で失意のうちに、享保8年(1723年)3月5日に家督を長男・長丘に譲って隠居し、浄山と号した。

延享2年(1745年)9月20日に死去した。享年84。