伊東長とし

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
本来の表記は「伊東長U58fd-itaiji-001.svg」です。この記事に付けられた題名は技術的な制限または記事名の制約により不正確なものとなっています。
 
伊東 長U58fd-itaiji-001.svg
Itō Nagatoshi.jpg
時代 江戸時代後期(幕末) - 明治時代
生誕 天保15年4月13日1844年5月29日
死没 明治33年(1900年12月21日
墓所 東京都文京区向丘の高林寺
官位 従五位下、播磨守、子爵
幕府 江戸幕府
備中岡田藩
氏族 伊東氏
父母 父:伊東長生、母:乾氏、養父:伊東長裕
正室:葉室長順の娘、継室:大橋某の娘
久実、晴村
特記
事項
「とし」は「卆(卒の異体字)+(十の下に)百+千」という漢字
(「壽(=寿)」の異体字の一つ)
類似の文字がCJK統合漢字拡張Eに収録。コード番号はU+2B870

伊東 長U58fd-itaiji-001.svg(いとう ながとし、「とし」の表記は下記の特記事項参照)は、備中岡田藩の第10代(最後)の藩主。第8代藩主・伊東長寛の十五男・伊東長生の次男。

万延元年(1860年)12月18日、従兄で第9代藩主の長裕が死去したため、その養子となって家督を継いだ。文久元年(1861年)10月1日、将軍徳川家茂に拝謁した。同年12月16日、従五位下播磨守に叙任した。

慶応4年(1868年)1月23日、上洛し、新政府支持の姿勢を示す。戊辰戦争では岡山藩と共に新政府軍に与して、幕府軍に与した備中松山藩の討伐を担当する。明治2年(1869年)6月23日、版籍奉還により岡田藩知事となる。明治4年(1871年)7月、廃藩置県により藩知事を免官となり、東京に移った。1884年(明治17年)7月8日、子爵を叙爵した[1]

明治33年(1900年)12月21日に死去した。享年57。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『官報』第308号、明治17年7月9日。


日本の爵位
先代:
叙爵
子爵
岡田伊東家初代
1884年 - 1900年
次代:
伊東久実