岡田藩

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

岡田藩(おかだはん)は、備中国下道郡岡田(岡山県倉敷市真備町岡田)の岡田陣屋に藩庁を置いた

江戸時代初期から廃藩置県まで伊東氏が一貫して10代にわたり藩主を務めた。石高は1万石余。陣屋は幾度かの移転を経ており、元禄年間には西国街道川辺宿(倉敷市真備町川辺)に陣屋を置いたことから川辺藩(かわべはん)とも呼ばれる。

沿革[編集]

藩主家の備中伊東氏日向国飫肥藩主家の日向伊東氏と同族である。藩祖・長実豊臣秀吉秀頼に仕えて大坂の陣までも豊臣氏の家臣であった。関ヶ原の戦いに際し、上方での石田三成挙兵の報をいち早く徳川家康に伝えたとされる。大坂の陣では子の長昌共々豊臣方として家康に敵対し、大坂城に籠城するも、戦後許された。元和元年(1615年)、備中国下道郡・美濃国池田郡摂津国豊島郡河内国高安郡の各郡内に1万343石を与えられ立藩した。

以後、明治4年(1871年)の廃藩置県まで一貫して伊東氏の所領となった。廃藩置県後岡田県となり、深津県小田県を経て岡山県に編入された。伊東氏は、後に華族に列し子爵となった。

新本義民騒動[編集]

享保3年(1718年)、第5代藩主・長救の時代に領民による一揆が起こった。後に新本義民騒動(しんぽんぎみんそうどう)と呼ばれるようになった。

藩領内の新庄村と本庄村(現・総社市新本)に跨る大平山と春山は領民の入会地であった。藩はこれを「お留山」と称する藩の公地とし、領民の立ち入りを禁じ、更に樹木伐採とそれを薪として陣屋まで運ばせる賦役を課した。これに反対した領民は代表4人を江戸に送り藩主に直訴し、お留山と賦役は、無事解消された。しかし、直訴した4人は処刑され、その家族・騒動の加担者は領内から追放された。現在、新本には義民碑が建っている。

歴代藩主[編集]

  • 伊東家

外様 10,343石 (1615年 - 1871年)

  1. 長実
  2. 長昌
  3. 長治
  4. 長貞
  5. 長救
  6. 長丘
  7. 長詮
  8. 長寛
  9. 長裕
  10. 長とし ※「とし」は U58fd-itaiji-001.svg(「卆」の左下隅に「百」右下隅に「千」)

幕末の領地[編集]

  • 備中国
    • 下道郡のうち - 16村(陶村、服部村、上二万村、下二万村、有井村、川辺村、岡田村、辻田村、市場村、八田村、尾崎村、妹村、本庄村、新庄村、原村、中尾村)。
  • 美濃国
    • 池田郡のうち - 1村(脛永村)。
  • 河内国
    • 高安郡のうち - 2村(黒谷村、教興寺村)。
  • 摂津国
    • 豊島郡のうち - 1村(下止々呂美村)。

関連項目[編集]

参考文献[編集]

先代:
備中国
行政区の変遷
1615年 - 1871年 (岡田藩→岡田県)
次代:
深津県