木下俊長

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
 
木下俊長
時代 江戸時代前期 - 中期
生誕 慶安元年12月1日1649年1月13日
死没 享保元年9月8日1716年10月22日
諡号 桂峰院
墓所 大分県速見郡日出町の松屋寺
官位 従五位下右衛門大夫内蔵頭、贈従四位
幕府 江戸幕府
主君 徳川家綱綱吉
豊後日出藩
氏族 木下氏
父母 父:木下俊治、母:安藤氏
兄弟 俊長長治
正室:朽木稙綱、側室:長沢氏
俊量公福俊保木下公定正室、
伊東長救正室、稲垣重富正室ら
テンプレートを表示

木下 俊長(きのした としなが)は、豊後国日出藩3代藩主。官位は従五位下、右衛門大夫、内蔵頭。

経歴[編集]

寛文元年(1661年)、父の死去により跡を継ぐ。延宝3年(1675年)、城下の整備に努めた。天和3年(1683年)、大久保忠宣改易後の身柄を預かる。藩政はそれほど悪政とは記されていないが、農民が治世中に逃散したことで、自ら反省するために謹慎したと言われている。宝永4年(1707年)9月12日、家督を長男の俊量に譲って隠居し、享保元年(1716年)9月8日に69歳で死去した。

法号は桂峰院。墓所は大分県速見郡日出町の松屋寺。

大正5年(1916年)、従四位を追贈された[1]

系譜[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 田尻佐 編『贈位諸賢伝 増補版 上』(近藤出版社、1975年)特旨贈位年表 p.41