木下俊保

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
 
木下俊保
時代 江戸時代中期
生誕 宝永3年7月23日1706年8月30日
死没 元文3年8月29日1738年10月12日
改名 千五郎、長保、俊保
別名 右京、主税(通称)
戒名 竜渓院円応浄覚
墓所 大分県速見郡日出町の松屋寺
官位 従五位下和泉守
幕府 江戸幕府
主君 徳川吉宗
豊後日出藩
氏族 木下氏
父母 木下俊長、長沢氏
木下長胤木下俊在
兄弟 俊量公福俊保木下公定正室、
伊東長救正室、稲垣重富正室ら
俊監
テンプレートを表示

木下 俊保(きのした としやす)は、豊後国日出藩6代藩主。官位は従五位下、和泉守。初名は長保(ながやす)。幼名は千五郎。通称は右京、主税。

経歴[編集]

享保2年(1717年)12月21日、一族の木下長胤の養子となり、家督を相続した。同家は初代藩主・延俊の六男の俊重を初代とする分家であり、幕府から300俵を支給される旗本であった。享保9年(1724年)10月9日、書院番に加えられた。享保15年(1730年)9月3日、進物役になった。

享保16年(1731年)11月28日、兄の子で本家を継いでいた俊在が早世したため、その養嗣子(ただし俊保が8歳上)となって跡を継いだ。なお、旗本の木下家は絶家となった。享保17年(1732年)1月28日、将軍徳川吉宗御目見する。享保18年12月18日、従五位下・和泉守に叙任する。

享保の大飢饉などで藩内が大被害を受け、幕府より3000を借用したり、悪化した藩財政を再建するために藩札を発行したりしたが、家督から7年後の元文3年(1738年)8月29日、日出で死去した。享年33。跡を甥(俊在の弟)で養嗣子の俊監が継いだ。法号は竜渓院円応浄覚。墓所は速見郡日出町の松屋寺。